Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

5.2. ローカルストレージデバイスを使用したスタンドアロン Multicloud Object Gateway のデプロイ

このセクションでは、以下のステップで、スタンドアロンの Multicloud Object Gateway コンポーネントのみをデプロイします。

  • ローカルストレージ Operator のインストール
  • Red Hat OpenShift Data Foundation Operator のインストール
  • スタンドアロンの Multicloud Object Gateway の作成

5.2.1. ローカルストレージ Operator のインストール

ローカルストレージデバイスに Red Hat OpenShift Data Foundation クラスターを作成する前に、Operator Hub からローカルストレージ Operator をインストールします。

手順

  1. OpenShift Web コンソールにログインします。
  2. Operators → OperatorHub をクリックします。
  3. Filter by keyword ボックスに local storage を入力し、Operator の一覧から Local Storage Operator を見つけ、これをクリックします。
  4. Install Operator ページで、以下のオプションを設定します。

    1. channel を ana または stable として更新します。
    2. インストールモードに A specific namespace on the cluster を選択します。
    3. Installed Namespace に Operator recommended namespace openshift-local-storage を選択します
    4. 承認を Automatic として更新します。
  5. Install をクリックします。

検証手順

  • Local Storage Operator に、インストールが正常に実行されたことを示す緑色のチェックマークが表示されていることを確認します。