1.2. Liquid の使用方法

Liquid のマークアップには、ロジックタグとアウトプットタグの 2 種類があります。ロジックタグ (MISSING で識別) は、if 節やループ等の標準的なプログラミング言語の要素が含まれる条件付き Liquid ステートメントです。

{% if current_user %}           <!-- if the user is logged in -->
  <a href="/logout">Logout</a>  <!-- show the logout link -->
{% else %}                      <!-- if the user is not logged in -->
  <a href="/login">Login</a>    <!-- display the login link -->
{% endif %}

アウトプットタグ ({{ }} で識別) は、中かっこ間のタグの値を表示するのに使用されます。

{{ current_user.username }}     <!-- display the logged-in user's username value -->

ロジックタグに関するドキュメントは、Shopify のチュートリアル を参照してください。3scale の Liquid アウトプットタグに関する詳細なリファレンスは、「タグ」セクションおよび管理ポータルの Help > Liquid Reference セクションの両方に記載されています。

1.2.1. Liquid ドロップ、タグ、およびフィルター

3scale のデベロッパーポータルでは、以下の 3 種類の Liquid マークアップを使用することができます。

Liquid ドロップ、タグ、およびフィルターは 、「Liquid の使用方法」で説明されているロジックタグおよびアウトプットタグに類似しています

Liquid ドロップは最も基本的な構造で、ほとんどのケースで使用されます。これを使用して、ユーザー名やアプリケーション ID 等の、システムに保管されている特定の値にアクセスすることができます。インタープリターは、他のアウトプットタグと同様にこのマークアップを処理します。

一方、Liquid タグはロジックタグの一種で、より高度なカスタマイズのためにシステムの特定部分をレンダリングしたり、アクセスしたりするのに使用されます (例: レイアウト内のコンテンツのレンダリング、メールテンプレートのカスタマイズ)。

フィルターは、ドロップからの結果の見直し、値の変換、および特定のキーによるグルーピングのオプションを有効にします。標準 Liquid フィルターのグループ (Shopify の Web サイト を参照) および特殊な 3scale 内部フィルターのグループ (「Liquid リファレンス」セクションに記載) があります。