Red Hat Subscription Manager をサポートしないオフラインの Red Hat Enterprise Linux にサブスクリプションをマッピングする

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 以前
  • Red Hat Enterprise Linux 6.0
  • Red Hat Subscription Management

Issue

  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 以前で実行しているオフラインシステムのサブスクリプションを監視するには
  • サブスクリプションマネージャー (RHSM) をサポートしないオフラインシステムにサブスクリプションをマッピングするには

Resolution

  • 一部のシステムにはインターネット接続がありませんが、管理者はシステムにサブスクリプションを追加して監視したいと思っています。この場合、サブスクリプションマネージャーを使用しての登録ではなく、システムを手動で登録することができます。これには、サブスクリプションサービスにエントリを作成して、システムを設定するという、2 つの手順があります。

    • カスタマーポータルの [Subscription] タブを開いて、[Subscription Management] 領域で [Overview] アイテムを選択します。
    • 右側の [Usage] 領域で [Subscription Management] リンクをクリックします。
    • 左側の [Units] 領域で [Register] リンクをクリックします。
    • 新しいシステムの情報を入力します。
The name for the entry, which is normally the hostname(for example - mybox2).
The system type, physical or virtual.
The architecture, which is used to determine compatible subscriptions.
The number of sockets, either the number of physical sockets or, for virtual machines, the number of CPUs.Some subscriptions cover to a certain number of sockets, and multiple subscriptions may be required to cover larger systems. 
  • システムが作成されたら、適切なサブスクリプションをシステムに追加します。

    • [Attached Subscriptions] タブを開きます。
    • [Attach a subscription] リンクをクリックします。
  • この場合、Red Hat Enterprise Linux のバージョンが Red Hat Enterprise Linux 5.7 以前または Red Hat Enterprise Linux 6.0 のシステムにサブスクリプションを追加すると、サブスクリプションを引き続き監視することができます。

  • 一部の特別なサブスクリプション ("Red Hat Enterprise Linux for Virtual Datacenters" など) の場合は、新規に登録した仮想システムでは使用することはできません。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.