Red Hat Enterprise Linux で IPv6 プロトコルを無効または有効にする

Solution Verified - Updated -

Issue

  • Red Hat Enterprise Linux で IPv6 プロトコルを無効または有効にするにはどうすれば良いですか?
  • RHEL5 で IPv6 を無効にしようとすると、IPv4 で接続できなくなります。ネットワークに接続するには、コマンドで IPv6 を再度有効にする必要がありました。
  • IPv6 カーネルパラメーターを変更するとエラーが表示されるのはなぜですか?

    # sysctl -p
    error: "net.ipv6.conf.default.accept_redirects" is an unknown key
    error: "net.ipv6.conf.default.accept_ra" is an unknown key
    error: "net.ipv6.conf.all.disable_ipv6" is an unknown key
    error: "net.ipv6.conf.default.disable_ipv6" is an unknown key
    

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Red Hat Enterprise Linux 8

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In