OpenStack ゲストに対する Intel TSX の影響に関するガイダンス

Solution In Progress - Updated -

Issue

「Intel June 2021 Microcode Update」に関連し、Intel は最新のマイクロコード更新で「TSX (Transactional Synchronization Extensions)」機能を無効にし、削除しています。この変更は、サポートされるすべての Red Hat Enterprise Linux リリースにバックポートされています。Intel June 2021 Microcode Update は、以下の理由により導入されました。

  • 将来発生し得るセキュリティー不具合に対する予防的措置である。
  • Intel CascadeLake サーバーの TAA (TSX の非同期アボート) 問題の軽減策によるパフォーマンス低下を緩和する。

ただし、TSX を無効にすると、特定のシナリオでライブマイグレーションに失敗する可能性があります。 RHOSP 10、13、および 16.1 環境では、一部のノードで TSX を明示的に無効にした場合にのみ (具体的には、コマンドラインに tsx=off を追加)、ライブマイグレーションに失敗します。RHEL 7 から RHEL 8.2 までについては、デフォルトでは TSX が有効なためです。 したがって、これらの環境では TSX 設定の一貫性を確保してください。 (RHEL 8.4 を実行する) RHOSP 16.2 では、ユーザーがカーネルコマンドラインで TSX を明示的に 有効にした 場合にのみ (「tsx=on」)、ライブマイグレーションに失敗します。本アーティクルでは、この問題への Red Hat OpenStack の対応について概説します。

この影響は、TSX 機能をサポートする Intel ホストにのみ該当します。この問題の影響を受ける CPU についての情報は、「Affected Configurations」を参照してください。

Environment

以下の Red Hat OpenStack Platform 環境が影響を受けます。

  • Red Hat Openstack Platform 10
  • Red Hat Openstack Platform 13
  • Red Hat Openstack Platform 16.1
  • Red Hat Openstack Platform 16.2

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase, tools, and much more.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In

New to Red Hat?

Learn more about Red Hat subscriptions

Using a Red Hat product through a public cloud?

How to access this content