Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

RHSM から RHN Classic に移動

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5.6 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 以降

Issue

次の情報は Red Hat 社が提供していますが、サービスレベルアグリーメント (https://www.redhat.com/support/service/sla/) およびサポート手順の適用外となります。提供している情報は保証されていないため、この記事の情報を基に構成した設定やインストールしたアプリケーションは、Red Hat Support Services のサポート適用外となります。この記事の目的は、システムのニーズを達成するための情報を提供します。この記事の情報は、お客様の責任のもと使用してください。

  • RHSM から RHN Classic にシステムを移動する方法は?

Resolution

1) システムが RHSM に登録されている場合は、以下のプラグインだけが一覧に記載されます。

[root@localhost ~]# yum check update
Loaded plugins: refresh-packagekit, subscription-manager, product-id

2) rhn プラグインがインストールされているかどうかを確認し、RHN Classic に必要なプラグインをインストールします。
変更するには、以下を実行します。

[root@localhost ~]#  rpm -qa rhn-setup

インストールするには、以下を実行します。

[root@localhost ~]# yum install rhn-setup

3) 必要に応じて、RHSM からローカルトレースの登録を解除し、削除します。

[root@localhost ~]# subscription-manager unregister
[root@localhost ~]# subscription-manager clean

4) ディレクトリを変更してプラグインを編集します。

[root@localhost ~]# cd /etc/yum/pluginconf.d

5) 現在のプラグインの一覧を表示します。

[root@localhost pluginconf.d]# ls
product-id.conf          rhnplugin.conf
refresh-packagekit.conf  subscription-manager.conf

6) システムでプラグインを編集し、RHN Classic に必要なプラグインを有効にします。

[root@localhost pluginconf.d]# vim rhnplugin.conf 

[main] 
enabled = 1 
gpgcheck = 1 

[root@localhost pluginconf.d]# vim product-id.conf 

[main] 
enabled = 0 
gpgcheck = 1 

[root@localhost pluginconf.d]# vim subscription-manager.conf 

[main] 
enabled = 0 
gpgcheck = 1
  • RHN Classic プラグイン:
    • rhnplugin.conf
    • refresh-package.conf
  • RHSM プラグイン:

    • product-id.conf
    • refresh-package.conf
    • subscription-manager.conf
  • Enabled = 1

  • Disabled = 0

7) yum キャッシュを削除します。

[root@localhost pluginconf.d]# yum clean all
Loaded plugins: refresh-packagekit, rhnplugin
Cleaning up Everything

8) コマンドラインから、RHN Classic にシステムを登録します。

[root@localhost pluginconf.d]# rhnreg_ks --username=<your RHN ID> --password=<your RHN password>

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.