Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

RHSA-2020:3216 または RHSA-2020:3217 の適用後、POST の後にシステムがハングし、grub メニューがロードされない。

Solution Unverified - Updated -

Environment

以下のリリースで確認されています。

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.8
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.2

以下のリリースでは確認されていませんが、影響を受ける可能性があります。

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 8.1 EUS
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 7.9

Issue

UEFI: RHSA-2020:3216 および RHSA-2020:3217 の適用後、POST の後にシステムがハングし、grub メニューがロードされない。

Resolution

Red Hat は shim パッケージのバグを修正しました。更新された shim パッケージを利用できます。このパッケージは、すでにリリース済みの grub2、fwupd、および fwupdate パッケージとともに使用できます。

バージョン リリース
RHEL 7.8 RHBA-2020:3265
RHEL 8.0.0 RHBA-2020:3264
RHEL 8.1.0 RHBA-2020:3263
RHEL 8.2.0 RHBA-2020:3262

エラータは適用済みで、システムはまだ再起動していない場合。

  1. 即座にパッケージをダウングレードします。

    # yum downgrade shim\* grub2\* mokutil
    
  2. 以下のエントリーを /etc/yum.conf に追加して、 yum がパッケージをアップグレードしないようにします。

    exclude=grub2* shim* mokutil
    

エラータは適用済みで、システムをすでに再起動した場合。

  1. RHEL DVD を使用して、システムをトラブルシューティングモードで起動します。

  2. ネットワークを設定します。

    詳細は「Enabling networking in rescue environment without chrooting」を参照してください。

  3. chroot を実行します。

    # chroot /mnt/sysimage
    
  4. パッケージをダウングレードします。

    # yum downgrade shim\* grub2\* mokutil
    
  5. 以下のエントリーを /etc/yum.conf に追加して、 yum がパッケージをアップグレードしないようにします。

    exclude=grub2* shim* mokutil
    
  6. chroot を終了し、再起動します。

    # exit
    # exit
    

Diagnostic Steps

  1. RHEL DVD を使用して、システムをトラブルシューティングモードで起動します。

  2. chroot を実行します。

    # chroot /mnt/sysimage
    
  3. grub2 および shim ソースパッケージのバージョンを確認します。

    # rpm -qa grub2-\* shim-\* --qf "%{SOURCERPM}\n" | sort | uniq
    

    RHEL 7 システムでは、以下のソース RPM からのパッケージが影響を受けます。

    grub2-2.02-0.86.el7_8.src.rpm
    shim-15-7.el7_9.src.rpm
    shim-signed-15-7.el7_8.src.rpm
    

    RHEL 8 システムでは、以下のソース RPM からのパッケージが影響を受けます。

    grub2-2.02-87.el8_2.src.rpm
    shim-15-14.el8_2.src.rpm
    

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.