RHEL 7.6: NFS 操作の実行中に予期せぬ RST が関係するネットワークパーティションが発生すると NFS 共有がハングする

Solution Verified - Updated -

Issue

  • RHEL7.5 カーネル (3.10.0-862el7) から RHEL7.6 カーネル (3.10.0-957el7) へのアップグレード後に、ネットワークパーティションとリカバリーが発生し、NFS クライアントによる NFS 共有への読み書きが永久にハングします。
  • NFS 共有は、kworker などのタスクでハングし、CPU の使用率が 100% になります。/proc/<pid>/stack やその他のバックトレースには sunrpc 送信パスの実行が記録されます。プロセスは強制終了できず、NFS クライアントの再起動が必要になります。
  • これは、RHEL 7.6 より前の RHEL 7 バージョンでは発生しない新しい動作です。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7.6
  • NFS クライアントとしての Red Hat Enterprise Linux
    • 3.10.0-957.el7 以降で 3.10.0-957.5.1.el7 より前のカーネル

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In