Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

HBA キューの深さは何を示していますか? 現在のキューの深さの値を確認したり、その値を変更したりするにはどうしたら良いですか?

Solution Unverified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6

Issue

  • Qlogic HostBusAdapter (HBA) の現在のキューの深さを確認して変更する方法は?
  • Fiber Channel HBA キューの深さは何を示していますか? 現在のキューの深さの値を変更する方法は?

Resolution

Qlogic HBA のキューの深さを変更する

  • 現在のキューの深さ (qdepth 値) を確認するには、以下のコマンドを実行します。
# cat /sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xmaxqdepth 
32
  • sysfs に使用される qdepth 値を設定または変更するのに、モジュールをロードまたはアンロードする必要はありません。以下のコマンドを使用すると、ql2xmaxqdepth を変更することができます。
# echo 16 >/sys/module/qla2xxx/parameters/ql2xmaxqdepth 
  • システムが再起動しても設定されるように qdepth を設定するには、qla2xxx ドライバーの ql2xmaxqdepth オプションの値を変更します。
# modinfo qla2xxx | grep ql2xmaxqdepth  
parm:    ql2xmaxqdepth:Maximum queue depth to report for target devices.(int)
  • 変更を持続させるには、/etc/modprobe.conf または /etc/modprobe.d ディレクトリのファイルに以下のエントリーを追加して、initrd イメージを再構築する必要があります。
alias scsi_hostadapter1 qla2xxx  
options qla2xxx ql2xmaxqdepth=16

Emulex HBA のキューの深さを変更する

現在、Emulex HBA では maximum queue depth を動的に修正することはできませんが、新しいパラメータでモジュールをアンロードまたはロードするか、システム全体を再起動する必要があります。Emulex HBA は、queue depth に影響する以下のオプションをサポートしています。

# modinfo  lpfc|grep queue_depth
parm:           lpfc_lun_queue_depth:Max number of FCP commands we can queue to a specific LUN (uint)
parm:           lpfc_hba_queue_depth:Max number of FCP commands we can queue to a lpfc HBA (uint)

Root Cause

キューの深さは、SAN ストレージと通信するときに、要求され完了したと認識されていない「in flight」である I/O リストの数を示しています。これらのリクエストは、アクセスした LUN (Logical Unit Number) 、または HBA に基づいた LUN ごとに設定することができます。最大のキューの深さは、「in flight」になることができるリクエストの最大値を設定します。キューの最大深さの設定は、ストレージのパフォーマンスに著しく影響する場合があります。

最大のキューの深さは注意して選択する必要があります。値を低くすると、I/O パフォーマンスが悪くなります。値を高く設定しても、SAN ターゲットがキャッシュ/スケジュールを最適な方法で使用しないため、パフォーマンスが悪くなります。シングル HBA のキューの深さだけでなく、他の各パフォーマンスに影響する SAN ターゲットのストレージポートに接続しているすべての HBA のキューの深さになります。SAN ターゲットのベンダーは、使用される最大キューの深さについて推奨している方法があります。以下は、関連する要因になります。

  • ターゲットに接続するHBA ポートの数
  • システムで実行しているアプリケーションが生成する I/O パターン

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.