アクティブ/パッシブのストレージアレイのデバイスを使用すると、RHEL システムで I/O エラーが発生する

Solution Verified - Updated -

Issue

  • ストレージアレイまたは SAN にある一部のデバイスについて、システムログで I/O エラーが確認できます。
  • LVM コマンドを実行すると、ストレージアレイの一部のデバイスで I/O エラーが発生します。
  • messages ファイルにエラーメッセージ end_request: I/O error, dev sdb, sector 0 が出力されます。
  • messages ファイルにエラーメッセージ Buffer I/O error on device sdc, logical block 0 が出力されます。
  • さらに、sense key: Not Ready メッセージが出力される場合があります。

        kernel: end_request: I/O error, dev sdc, sector 0
        kernel: sd 0:0:0:3: Device not ready: <6>: Current: sense key: Not Ready
        kernel:     Add.Sense: Logical unit not ready, manual intervention required
    
  • ブートプロセス時に、このような end_request: I/O error メッセージがシステムのコンソールに出力されます。

  • マルチパスが設定されているシステムで LVM コマンドを実行すると、ハングアップしたり時間がかかり、以下のエラーメッセージが出力されます。
/dev/sde: read failed after 0 of 4096 at 0: Input/output error

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 4
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6
  • アクティブ/パッシブモードで動作しているストレージアレイ (詳細は「原因」セクションを参照)

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In