Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

RHEL 6 の kernel-2.6.32-573.el6 以降で、NFSv3 マウントに NFS オペレーション (ls -l) を行うと、一覧を取得するディレクトリが途中で変更するため時間がかかる

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • 最新の RHEL 6 カーネルを kernel-2.6.32-573.18.1.el6.x86_64 にアップデートすると、NFS マウントしたファイルシステムへの ls コマンドへの応答に時間がかかるようになります。
root@client:/root # time ls -l  /mnt/nfs
^C

real    7m27.137s
user    0m0.164s
sys     0m12.179s
  • kernel 2.6.32-504.23.4.el6.x86_64 を使用すると、同じオペレーションが 30 秒で完了します。
root@client:/root # uname -a
Linux client 2.6.32-504.23.4.el6.x86_64 #1 SMP Fri May 29 10:16:43 EDT 2015 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux
root@client:/root #  time ls -l /mnt/nfs

….
real    0m30.151s
user    0m0.922s
sys     0m1.574s
  • AIX6.1 サーバーのディレクトリにはファイルが約 100.000 個が含まれます。NFS 統計で確認すると、READDIRPLUS オペレーションが大量に発生していることが分かります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 6.7 (NFS クライアント)
    • 2.6.32-573.*el6 以降のカーネル
    • 2.6.32-696.el6 より前のカーネル
  • Red Hat Enterprise Linux 7 (NFS クライアント)
    • 最新カーネル 3.10.0-514.*el7 がインストールされている RHEL7
  • NFS サーバー
    • AIX6.1 で発生 (NFS サーバー)
  • NFSv3

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In