ntpd の使用時に、うるう秒の削除イベントを受け取りますが、システムでは削除されていない

Solution Verified - Updated -

Issue

NTP サーバーから LI bit(=10) 送信をシミュレーションしました。(tcpdump で確認すると) NTP クライアントの ntpd は LI bit(=10) を受け取っています。ただし、このビットはカーネルには設定されず、"ntpq -c rv" を実行すると、うるう秒フィールドが "00" となっています。実際にうるう秒が削除されても NTP クライアントからは削除されず、"23:59:59" となります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6 および 7
  • NTP
  • ntpd
  • うるう秒の削除

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In