Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat Enterprise Linux 7 でスタックガード脆弱性に修正を適用すると、アプリケーションが起動せず、Argument list too long メッセージが表示される

Solution In Progress - Updated -

Issue

  • Red Hat Enterprise Linux 7 でスタックガード脆弱性に修正を適用すると、アプリケーションが起動できなくなるのはなぜですか?
  • スタックガード脆弱性に修正を適用してからアプリケーションが起動できなくなりました。カーネルを 1 つ前のバージョンに戻すと、アプリケーションを起動できるようになります。
  • カーネルを 3.10.0-514.21.2.el7 にアップデートしました。カーネルのアップデート後、アプリケーションが起動できなくなり、次のメッセージが表示されます。
# xxx: xxx: Argument list too long
  • 3.10.0-514.21.2.el7 にアップデートしたら、rlimit_stack に問題が発生しました。
  • Oracle Enterprise Manager Cloud Control を起動できず、次のメッセージがログに出力されます。
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 280: /usr/bin/uname: Argument list too long 
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 281: /usr/bin/uname: Argument list too long 
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 460: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/perl/bin/per...too long 
Jun 29 10:29:43 XXX systemd[1]: gcstartup.service: control process exited, code=exited status=126
  • icinga2 が起動できず、次のメッセージが出力されます。
[root@icinga2 ~]# icinga2 daemon -C 
execvp: Argument list too long

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Kernel 3.10.0-514.21.2.el7
  • Oracle アプリケーション
  • icinga2 アプリケーション
  • PeopleSoft アプリケーション

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In