Samba におけるリモートでのコード実行に関する脆弱性 (CVE-2017-7494)

Solution Verified - Updated -

Issue

バージョン 3.5 以上の Samba で、リモートのコード実行の不具合に関する脆弱性があります。悪意のあるリモートクライアントが samba 共有への書き込み権限を持ち、共有ライブラリをアップロードし、samba サーバーで実行させます。これにより、root ユーザーとしてコードを実行できます。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Red Hat Gluster Storage 3.2

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In