デフォルトのシェルプロンプトを変更する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux

Issue

  • デフォルトのシェルプロンプトを変更するには
  • プロダクションシステムを特定できるようにシェルプロンプトを変更するには

Resolution

  • シェルプロンプトは、PS 環境変数から制御できます。
**PS1:**  このパラメーターの値が拡張し、プライマリーのプロンプト文字列として使用されます。デフォルト値は \u@\h \W\\$ です。
**PS2:**  このパラメーターの値は、PS1 を使用して拡張し、セカンダリーのプロンプト文字列として使用されます。デフォルト値は ] です。
**PS3:**  このパラメーターの値が、select コマンドのプロンプトとして使用されます。
**PS4:**  このパラメーターの値は、PS1 を使用する拡張し、実行トレース時に各コマンドのバッシュがこの値を表示する前に出力されます。必要に応じて PS4 の最初の文字が複数回反復し、複数の間接レベルを示します。デフォルト値は + です。
  • PS1 は、バッシュの特殊文字 \u@\h \W\\$ を保持するプライマリーのプロンプト変数です。これは、バッシュプロンプトのデフォルト構造で、端末を使用してログインするたびに表示されます。このデフォルト値は /etc/bashrc ファイルに設定されています。

  • 以下は、デフォルトプロンプトの特殊文字です。

\u = ユーザー名
\h = ホスト名
\W = カレントワーキングディレクトリ
  • 下記コマンドは現在の値を示します。
# echo $PS1
  • この値は、PS1 変数を変更すると変更されます。
# PS1='[[prod]\u@\h \W]\$'   
  • 変更したシェルプロンプトは以下のようになります。
[[prod]root@hostname ~]#
  • 設定を持続させるには、/etc/bashrc ファイルを編集します。

以下の行を検索してください。

[ "$PS1" = "\\s-\\v\\\$ " ] && PS1="[\u@\h \W]\\$ "

必要に応じて変更します。

[ "$PS1" = "\\s-\\v\\\$ " ] && PS1="[[prod]\u@\h \W]\\$ "

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.