Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

nfs_inode_cache の使用量が RHEL 5 および RHEL 6 の以前のカーネルと比べて高く、CPU を消費する pdflush / flush を使用すると、おそらくシステムがハングアップします

Solution Verified - Updated -

Issue

  • 以前のカーネルと比較して nfs_inode_cache の使用量が高いです。
  • pdflush または flush プロセスが CPU を 100% 消費します。または nfs_flush_inode で実行する pdflush または flush プロセスを使用するとソフトロックアップします。
  • nfs_inode_cache は制御が効かなくなり、メモリープレッシャがメモリーを解放しません。
  • 特定の負荷条件下で、RHEL 6.1 クライアントからの NFS パフォーマンスが非常に遅くなります。たとえば、サイズが小さいファイルを連続して大量に書き込むと、サイズの大きなファイルの書き込みスピードが非常に遅くなります (約 5 MB/秒、またはそれ以下)。サイズの小さいファイルをたくさん書き込んでもサイズの大きなファイルを書き込まない場合は、通常のスピード (200 MB/秒) になります。
  • nfs_inode_cacheが非常に大きくなっていて、RAM をすべて使い切ります。

Environment

  • Red Hat Enteprise Linux 5.7 (2.6.18-274)
  • Red Hat Enteprise Linux 6.1 (2.6.32-131.0.15)
  • NFS クライアント

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In