Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Identity Management (IPA) 証明書の有効期限が切れたあとに手動で更新する (マスター IPA サーバー)

Solution Verified - Updated -

Issue

  • さまざまな IPA サブシステムの証明書の自動更新がバージョン 3.0 に追加されました。この機能は Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降で利用できます。

  • IPA v2 からアップグレードできない場合や、IPA v3 証明書の自動更新が成功しなかった場合は、証明書を手動で更新する必要があります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Identity Management (IPA) v2
  • Red Hat Identity Management (IPA) v3

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In