RHSA-2015-2199 (Red Hat BugZilla 1150282) に glibc をアップグレードした後も 32 ビットの Oracle クライアントでセグメンテーションフォールトが発生する

Solution Verified - Updated -

Issue

  • RHEL 7 で 32 ビットの Oracle クライアント 12.1.0.2 が失敗し、“Memory fault“ エラーが出力されます。
  • glibc-2.17-106.el7_2.1.x86_64 以降にアップデートしても、Oracle sqlplusSIGSEGV によって強制終了されます。
  • sqlplus への strace で、システムに /etc/sysconfig/64bit_strstr_via_64bit_strstr_sse2_unaligned がないことが示されます。

    • トレースログ:

      read(6, "#orabasetab file is used to trac"..., 1048576) = 140
      stat("/etc/sysconfig/64bit_strstr_via_64bit_strstr_sse2_unaligned", 0xff920494) = -1 ENOENT (No such file or directory)
      --- SIGSEGV {si_signo=SIGSEGV, si_code=SI_KERNEL, si_addr=0} ---
      +++ killed by SIGSEGV +++
      

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7.1
  • glibc-2.17-106.el7_2.1.x86_64
  • glibc-common-2.17-106.el7_2.1.x86_64

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In