Red Hat Enterprise Linux7.0 の virt-viewer でキーボードの矢印キーを繰り返し押せない

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • (Windows 7 の仮想マシンで) virt-viewer を実行すると、英数字キーボードの右隣にあるキーボードの矢印キーが繰り返し押せません。キーボードにはテンキーボードがあり、NumLock をオフにしてテンキーボードの矢印キーを使用すると繰り返すことができます。なぜなら Linux デスクトップアプリケーションを使用しているときは矢印キーを繰り返し使用しても問題は発生しないため、これはハードウェアの問題ではないようです。問題の再現手順は以下のようになります。
  1. 仮想マシンを作成します (この場合 Windows 7)。
  2. virt-viewer を使用して仮想マシンにアクセスします。
  3. Windows 仮想マシンでメモ張を起動します。
  4. 試しに文字を入力します。通常の文字キーと数字キーを繰り返し使用しても問題はありません。
  5. 文字を入力したあと矢印キーを押したままにしたままドキュメント内でカーソルを移動します。
  6. カーソルは 1 箇所にしか動かないか、動きが非常に遅くなります。
  7. テンキーボードの矢印のカーソルがすばやく動きます。
  • これは、Virtual Machine Manager から仮想マシンにアクセスしたときと同じ結果となります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7.0

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In