Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Jboss EAP に割り当てるヒープの大きさについて

Solution Verified - Updated -

Environment

  • JBoss Enterprise Application Platform (EAP)

Issue

  • 64-bit システムで 10G を超えるメモリーを使用している場合の、JVM ヒープに割り当てるメモリーの大きさは? メモリーをすべてヒープに割り当てる必要がありますか?
  • 32bit システムに推奨される JVM ヒープサイズまたは設定は?
  • jvm の最大ヒープサイズを設定する際に何か制限はありますか? 使用できる最大値は?
  • Windows 2008 で JBoss に割り当てる必要がある RAM の大きさは?

Resolution

  • Garbage Collection (GC) による停止時間は、ヒープサイズの大きさに関係するため、利用できるメモリーをすべてヒープへ使用することは望ましくありません。
  • GC ログを有効化し、GC ログを分析する事で、アプリケーションに対するヒープ要件をお見積もりください。
  • ヒープサイズを大きくする場合 (> 2GB) は、ラージページのサポートを有効化すると、パフォーマンスを向上できます。
  • 64-bit システムで Oracle JDK 1.6 Update 14 以上を使用する場合は、圧縮したオブジェクトポインタを有効にする -XX:+UseCompressedOops JVM オプションがあります。Linux の JDK 1.6 Update 23 ではデフォルトで有効です ( -XX:+PrintFlagsFinal を使用すると、実行している JVM がデフォルトで有効かどうかを確認できます)。これにより、オブジェクトポインタを 32-bit としてエンコードすることで、ポインタサイズの増大を防ぎます。

ヒープサイズが 32GB 以下の場合、 -XX:+UseCompressedOops を使用します。注意: JDK 1.6 Update 21 以前の -XX:+UseCompressedOops option オプションの使用については、JVM のクラッシュ事例を参照してください。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.