物理 CPU、CPU コア、および論理 CPU の数を確認する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7

Issue

  • x86 または x86_64 システムで物理 CPU、CPU コア、および論理 CPU の違いは何ですか?
  • RHEL オペレーティングシステムで利用可能なプロセッサーの一覧を取得するにはどうしたら良いですか?

Resolution

  • 物理 CPU の数

    • 以下のコマンドを実行すると、システム上のアクティブな物理プロセッサーの数が表示されます。たとえば、アクティブな物理プロセッサーが 2 つある場合は、その 1 つがシステムシャーシを開き、2 つの物理プロセッサーを手動で削除できます。

      $ grep physical.id /proc/cpuinfo | sort -u | wc -l
      2
      
  • CPU ごとのコアの数

    • マルチコアプロセッサーを持つシステムで以下のコマンドを実行すると、1 つの物理プロセッサーに CPU コアがいくつあるかが報告されます (ごく稀に報告されない場合もあります)。たとえば、物理プロセッサーの CPU コアが 4 つで物理 CPU が 2 つの場合は、2 つの物理プロセッサーのそれぞれが 4 つの CPU コアを持つため全部で 8 コアになります。

      $ grep cpu.cores /proc/cpuinfo | sort -u
      cpu cores :4
      
  • 論理プロセッサーの数

    • このコマンドを実行すると、Linux カーネルが表示する「論理」プロセッサーの総数が表示されます。通常、 この数字は 3 つの中で一番大事なものとなります。これは有効なプロセッサーの数です。オペレーティングシステムにとって、これは指定したマイクロ秒で動作できる CPU の数になります。たとえば、上述のシナリオでは、以下に示される数は 8 ではなく 16 になります。たとえば、このコマンドが示す結果が CPU コアの総数と異なる場合は、CPU でハイパースレッド処理が有効になっていて、各コア (この例では 2 つの使用可能な「スレッド」) に分配されるのが原因となります

      $ grep processor /proc/cpuinfo | wc -l
      16
      

       

ライセンス

  • ライセンスの問題により RHEL の CPU の数を指定するには最初のコマンドで十分ですが、より詳細な情報については How to determine number of CPU sockets on a system を参照してください。

  • (満たされるまたは満たされない) ソケット、プロセッサー、またはコアの数によってライセンスが変更するサードパーティソフトウェアを購入する場合は、CPU の数を計算する方法についてソフトウェアベンダーにお問い合わせください。

ツール

  • Red Hat Enterprise Linux 6 および 7 には、システムのプロセッサーについて読みやすいサマリーを出力できる lscpu コマンドが同梱されます。また、RHEL6 では hwloc パッケージ (RHEL7 に同梱) が利用できます。hwloc には lstopo コマンドと、さまざまな hwloc-* コマンドが含まれます。

  • RHEL6 以前の場合: (上述のように) /proc/cpuinfo を直接調べたり、x86info または dmidecode コマンド (同じ名前の RPM) を使用すると、同じ情報を確認することができます。

  • その他のサードパーティオプション (保証なし): (このアーティクルの作成者が作成した) xsos と (EPEL で利用可能な) lshw

  • Red Hat Enterprise Linux のすべてのバージョン: このナレッジに添付されている BASH スクリプトが /proc/cpuinfo を解析し、以下のように読みやすいサマリーを表示します。ただし、これは公式サポートの対象外となります。

    $ cpu
    128 logical processors (64 CPU cores)
    8 Intel Xeon CPU X7560 @ 2.27GHz (flags: constant_tsc,ht,lm,pae,vmx) 
    └─16 threads / 8 cores each
    

Attachments

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.

Close

Welcome! Check out the Getting Started with Red Hat page for quick tours and guides for common tasks.