Translated message

A translation of this page exists in English.

Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

[RHEV] Spice のログレベルを変更する方法

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) v2.2
  • Red Hat Enterprise Virtualization (RHEV) v3.0

Issue

Resolution

VM を実行しているホストの qemu ログの場合:

  1. Vm UUID を取得します。

    # vdsClient -s 0 list table | grep VM-Name
    
  2. ログレベルを 1000 (デバッグレベル) に設定します。

    # vdsClient -s 0 monitorCommand <VmUUID> "set_qxl_log_level 1000"
    
  3. 以下のログを確認します。

    /var/vdsm/vm_uuid.stdio.dump
    

Windows クライアントの RHEV 2.2 spice-client ログ (spicec バージョン 4.5.x) の場合:

  1. ファイルを開きます。

    C:\Program Files\RedHat\RHEV\SpiceClient\logger.ini
    
  2. rootCategory フィールドの値を DEBUG に変更します。

    rootCategory=DEBUG
    
  3. 以下のログを確認します。

    %temp%\spice.log
    

Windows クライアントの RHEV 3.0 spice-client ログ (spicec バージョン 5.0+) の場合:

  1. コンピュータを右クリックして、プロパティをクリックします。
  2. システムの詳細設定ボタン (Windows 2008/ Windows 7) をクリックするか、詳細設定タブ (WindowsXP) に移動します。
  3. 環境変数をクリックします。
  4. システムの変数セクションを確認します。
  5. 新規作成ボタンをクリックします。変数名が SPICEC_LOG_LEVEL になり、デバッグの変数の値が 0 になります。
    OK をクリックします。OK をクリックします。OK をクリックします。
  6. Internet Explorer を終了して、再度起動します。
  7. ログファイル (%appdata%\spicec\spicec.log) の行に "DEBUG" が含まれていることを確認してください。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.