Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

破損した .history ファイルが原因で、システムが遅くなります

Solution Verified - Updated -

Issue

  • ".history" ファイルのデータの形式が不正になり、ファイルサイズが大きくなります。
  • 各コマンドの履歴がファイルに記録されます。その際、タイムスタンプ行と、EOL (End Of Line) で終了するコマンドエントリ行が一緒に記録されます。
  • 通常、.history ファイルは以下のようになります。
$ cat -n .history  
\#+1289787344  
set
  • タイムスタンプと run コマンドエントリは順番通りに記録されません。run コマンドエントリではなく、タイムスタンプが予想通りに記録されません (下記 4 行目を参照)。また、いくつかのエントリが予想外に結合されます (下記 6 および 7 行目を参照)。
  • 不正の形式の .history ファイルは以下のようになります。
$ cat -n .history  
 \#+1289787344  
 test  
 \#+1289787367  
 1289787366  
 \#+1289787367  
 128978\#+12897\#+1289\#+12897test  
 \#+1289\#+12897testls\#\#+1289787401l12\#+1289787402  
 st
  • csh が大きな .history ファイルなどを読み込んでメモリを大量に使用するため、システムが遅くなります。

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 2.1
  • Red Hat Enterprise Linux 3
  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • RHEL5: tcsh-6.14-14.el5-x86_64
  • RHEL6: tcsh-6.17-8.el6.x86_64

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In