Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

SAM (Subscription Asset Manager) クイックスタートガイド

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.1 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 5.7 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 Server 64 ビットアーキテクチャ (x86_64) にインストールした Subscription Asset Manager (SAM) 1.4

Issue

  • SAM (Subscription Asset Manager) を開始する方法は?

Resolution

計画: ネットワークトポロジー
  • SAM と、管理された RHEL システムとの間の接続には、LAN または vLAN 接続が推奨されます。
  • 安全な http ポート 443 および 8088 へのアクセスが必要になります。
  • 詳細と、(ディスク領域などの) 要件については、製品ドキュメントの Installing Subscription Asset Manager を参照してください。

Alt text

計画: 強化されたレポート機能
  • 強化されたレポート機能は、SAM 1.3 で導入された新機能です。Red Hat Satellite 5.6 に統合されている SAM では完全にサポートされ、SAM スタンドアロンではテクニカルプレビューとなります。
SAM のインストール
  • Red Hat Enterprise Linux 6.5 64 ビットアーキテクチャ (x86_64) のインストール

    • RHEL 5、RHEL 6、および RHEL 7 クライアントのサブスクリプションは SAM を使用して管理できますが、アプリケーション自体を実行するには RHEL 6.5 が必要になります。
  • Red Hat サブスクリプション管理、または Red Hat Network (RHN) Classic のいずれかを使用してサブスクライブします。Red Hat サブスクリプション管理の使用が推奨されます。

  • ISO からインストールする場合は Installing Through an ISO を参照してください。

  • Red Hat Network (RHN) Classic を使用する場合は、"SAM for RHEL Server (v. 6 64-bit x86_64) " チャンネルの sam-rhel-x86_64-server-6 を追加します。

  • Red Hat サブスクリプション管理を使用する場合は、subscription-manager を起動します。詳細については、Installing Using yum を参照してください。

    • --autoattach オプションを使用して SAM ホストシステムを登録します。コンテンツリポジトリの追加には数分かかります。

      subscription-manager register --auto-attach
      
    • 以下のコマンドを実行して rhel-6-server-sam-rpms リポジトリを有効にし、Enhanced Updates (EUS) リポジトリを無効にします。

      subscription-manager repos --enable rhel-6-server-sam-rpms --disable rhel-server-rhscl-6-eus-rpms
      
    • 次に、以下のコマンドを実行して Subscription Asset Manager をインストールします。

      yum install -y katello-headpin-all
      
    • 次に、Subscription Asset Manager を設定します。以下のコマンドを使用してデフォルト値を上書きしたり、アンサーファイルから値を集めたりするオプションについては、Additional Examples of the Configuration Script を参照してください。なお、--org オプションは必須ではありませんが、デプロイメントの初期組織名を設定できるため便利です。このオプションを使用しないと、デフォルトの "ACME_Corporation" が使用されます。

      katello-configure --deployment=sam --org=Name_of_Your_Org --user-pass=Your_Admin_Password
      

alt text

サブスクリプションのマニフェスト
  • カスタマーポータルにログインします。
    • [Subscriptions] を選択し、[Overview] を選択します。
    • [Subscription Management] をクリックします。
    • [Subscription Management Applications] の下にある [Register] をクリックします。
      ドロップダウンで [Subscription Asset Manager Organizations] を選択し、上述の [SAM] インストールの組織名を入力します。
    • サブスクリプションを追加します。
    • マニフェストをダウンロードします。
    • Red Hat カスタマーポータルからマニフェストを生成またはダウンロードし、SAM にアップロードする方法については、Importing and Maintaining Manifests セクションの Managing Manifests for Organizations を参照してください。

alt text

管理された RHEL システム上の subscription-manager
  • subscription-manager がインストールされ、新しいバージョンにアップデートされていることを確認します。

    • RHEL 5.7、5.8、5.9、5.10、6.1、6.2、6.3、6.4、および 7.0 がサポートされています。
  • 必要なアップグレード

    • 新しいサブスクリプション体系と新価格が、Subscription Asset Manager 1.3 リリース で対応されました。また、SAM 1.4 には RHEL 7 リリースでの価格変更が含まれます。SAM 1.4 (およびアップデートした Red Hat Subscription Manager) では、アップデートしたサブスクリプションと、以前のサブスクリプション構造を適切に解析し適用できます。以前のバージョンの Subscription Asset Manager ではできません。

    • SAM リリースノート SAM 1.4 Release Notes を参照してください。

  • システムおよびサブスクリプション概念の確認

  • 設定 RPM をインストールし、SAM サーバーにシステムを登録するには、Registering a System を参照してください。

  • システムグループの使用、システムにインストールされた製品の表示、サブスクリプションの追加または削除、auto-attach の設定および実行については、Managing Systems and Subscriptions を参照してください。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.