Translated message

A translation of this page exists in English.

Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

IPv6 にネットワークインターフェイスを設定する

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • IPv6

Issue

  • IPv6 にネットワークインターフェイスを設定するには
  • IPv6 IP アドレスを設定するには
  • 基本的な IPv6 設定を行うには

Resolution

  • IPv4 アドレスと同様、IPv6 インターフェイスは /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-* ファイルで設定できます。

  • IPv6 を設定する場合は以下のパラメーターが必要になります。

IPV6INIT=yes

アドレス

以下のコマンドを実行して IPv6 アドレスを追加できます。

IPV6ADDR=<IPv6 address>[/<prefix length>]

たとえば、以下のようになります。

IPV6ADDR=fe80::2/64

接頭辞はオプションです。

ゲートウェイ

以下のコマンドを実行して IPv6 ゲートウェイを追加できます。

IPV6_DEFAULTGW=<IPv6 address[%interface]>

たとえば、以下のようになります。

IPV6_DEFAULTGW=fe80::1/64

ゲートウェイインターフェイスも併せて指定する場合は、以下のコマンドを実行してください。

IPV6_DEFAULTGW=fe80::1/64%eth0

DNS

通常通り、DNS サーバーを追加します。

DNS{1,2}=<ip address>

たとえば、以下のようになります。

DNS1=fe80::1/64

参考情報

上述のオプションの詳細は /usr/share/doc/initscripts-*/sysconfig.txt を参照してください。"IPV6" で検索すれば関連オプションを確認できます。

注意

IPv6 のリンクのローカルアドレスを手動で設定することはできません。

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.