Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

システム登録に失敗し "Name or service not known" エラーが表示される

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Network(RHN)
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL)
  • Red Hat Subscription Manager (RHSM)

Issue

  • システム登録に失敗し Name or service not known エラーが表示されます。

    Error communicating with server.The message was:
    Name or service not known
    
  • 致命的なエラー gaierror: [Errno -2] Name or service not known が発生してシステムを登録できません。

    2014-06-18 14:33:50,133 [ERROR]  @managercli.py:151 - Error during registration:[Errno -2] Name or service not known
    2014-06-18 14:33:50,134 [ERROR]  @managercli.py:152 - [Errno -2] Name or service not known
    Traceback (most recent call last):
      File "/usr/share/rhsm/subscription_manager/managercli.py", line 1045, in _do_command
        owner_key = self._determine_owner_key(admin_cp)
      File "/usr/share/rhsm/subscription_manager/managercli.py", line 1148, in _determine_owner_key
        owners = cp.getOwnerList(self.username)
      File "/usr/lib64/python2.6/site-packages/rhsm/connection.py", line 852, in getOwnerList
        return self.conn.request_get(method)
      File "/usr/lib64/python2.6/site-packages/rhsm/connection.py", line 541, in request_get
        return self._request("GET", method)
      File "/usr/lib64/python2.6/site-packages/rhsm/connection.py", line 448, in _request
        conn.request(request_type, handler, body=body, headers=headers)
      File "/usr/lib64/python2.6/httplib.py", line 914, in request
        self._send_request(method, url, body, headers)
      File "/usr/lib64/python2.6/httplib.py", line 951, in _send_request
        self.endheaders()
      File "/usr/lib64/python2.6/httplib.py", line 908, in endheaders
        self._send_output()
      File "/usr/lib64/python2.6/httplib.py", line 780, in _send_output
        self.send(msg)
      File "/usr/lib64/python2.6/httplib.py", line 739, in send
        self.connect()
      File "/usr/lib64/python2.6/site-packages/M2Crypto/httpslib.py", line 51, in connect
        socket.getaddrinfo(self.host, self.port, 0, socket.SOCK_STREAM):
    gaierror:[Errno -2] Name or service not known
    
  • yum update に失敗し、Error communicating with server. The message was Name or service unknown エラーが発生します。

Resolution

  • messagebus および haldaemon サービスが実行していない場合は起動します。

  • /etc/resolv.conf ファイルに DNS サーバーエントリーが含まれているかどうかを確認してください。存在しない場合は DNS サーバーを確認して、そのエントリーを追加します。

    # vi /etc/resolv.conf
    
    nameserver <dns_server_ip>
    
  • ネットワークサービスを再起動します。

  • sslCACert が /etc/sysconfig/rhn/up2date に適切に定義されているこを確認します。
    以下のようになります。

      sslCACert=/usr/share/rhn/RHNS-CA-CERT
    
    # service network restart
    

RHSM でシステムを登録した場合:

  • /etc/rhsm/rhsm.conf ファイルの Server hostname および Server prefix エントリーを以下のように修正します。

    [server]
    # Server hostname:
    hostname = subscription.rhn.redhat.com
    
    # Server prefix:
    prefix = /subscription
    
  • ここで、システムを登録します。

Root Cause

  • ファイアウォールがブロックしているポートがあります。
  • /etc/sysconfig/rhn/up2date の CA 証明書が間違っています。
    RHN Classic を使用してシステムを登録した場合、値は "sslCACert=/usr/share/rhn/RHNS-CA-CERT" となります。
  • /etc/rhsm/rhsm.conf ファイルの Server hostname および Server prefix エントリーが間違っています。

Diagnostic Steps

  • エラーメッセージによると、名前解決で問題が発生しているようです。

  • 入力 (443) および出力 (80) ポートが開いているかどうかを確認します。

  • クライアントとサーバーとの間の通信を確認するには、以下のコマンドを実行します。

    # telnet xmlrpc.rhn.redhat.com 80
    # telnet xmlrpc.rhn.redhat.com 443
    # nc -z rhn.redhat.com 80 -Xconnect
    # nc -z rhn.redhat.com 443 -Xconnect
    # echo -e "TRACE / HTTP/1.1\nHost: xmlrpc.rhn.redhat.com\n\n" | nc xmlrpc.rhn.redhat.com 80          
    
  • messagebus および haldaemon サービスが実行していることを確認します。

    # /etc/init.d/messagebus status
    # /etc/init.d/haldaemon status
    

Red Hat Subscription Manager でシステムを登録した場合

  • /etc/rhsm/rhsm.conf ファイルで以下のエントリーを確認します。

    [server]
    # Server hostname:
    hostname = subscription.rhn.redhat.com
    
    # Server prefix:
    prefix = /subscription
    

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.