Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

cron と依存関係パッケージを削除せずに rsyslog7 にアップグレードする

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • rsyslog7
  • rsyslog5

Issue

  • cron と依存関係パッケージを削除せずに rsyslog7 にアップグレードします。

Resolution

  • 注意: cron ファイルのバックアップを取得し、rsyslog7 インストール後に再インストールすることが推奨されます。

  • 回避策:

方法 1) "nodeps" オプションを使用して、rsyslog パッケージを削除して rsyslog7 をインストールします。

# rpm  -e --nodeps rsyslog-5.8.10-9.el6_6.x86_64 ; yum install rsyslog7

方法 2) yum shell を使用します。

Create a file with entry as:

# cat filename
install rsyslog7
remove rsyslog
run

次に、以下を実行します。

# yum shell filename
  • yum shell を使用してアップデートした場合は、以下のコマンドを実行してください。
# chkconfig --add rsyslog

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.