Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Oracle/Sun/IBM Java パッケージの保存場所

Solution Verified - Updated -

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7

影響を受けるパッケージ:

  • java-1.5.0-sun
  • java-1.5.0-sun-demo
  • java-1.5.0-sun-devel
  • java-1.5.0-sun-jdbc
  • java-1.5.0-sun-plugin
  • java-1.5.0-sun-src
  • java-1.5.0-sun-uninstall
  • java-1.6.0-sun
  • java-1.6.0-sun-demo
  • java-1.6.0-sun-devel
  • java-1.6.0-sun-jdbc
  • java-1.6.0-sun-plugin
  • java-1.6.0-sun-src
  • java-1.7.0-oracle
  • java-1.7.0-oracle-devel
  • java-1.7.0-oracle-javafx
  • java-1.7.0-oracle-jdbc
  • java-1.7.0-oracle-plugin
  • java-1.7.0-oracle-src
  • java-1.8.0-oracle (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)
  • java-1.8.0-oracle-devel (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)
  • java-1.8.0-oracle-javafx (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)
  • java-1.8.0-oracle-jdbc (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)
  • java-1.8.0-oracle-plugin (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)
  • java-1.8.0-oracle-src (RHEL 6.6 以降、7.1 以降)

Issue

  • Oracle Java SE パッケージをインストールする方法は?
  • Oracle Java SE パッケージの保存場所は?
  • Oracle Java チャンネルに Satellite 証明書が必要です。
  • Oracle 社から、Oracle 社で一般公開されている Java 7 パッチアップデートの提供を終了すると発表がありました。
    Satellite を使用して Java 6 および 7 のパッチをダウンロードすれば、4 月以降も Red Hat から Java アップデートを受け取ることができますか?

Resolution

Oracle Java ソフトウェアにアクセスするには、システムで新しいリポジトリを有効にする必要があります。新しいリポジトリを設定する手順は以下のようになります (root 権限が必要です)。

注意: 以下のチャンネル名は、rhel-x-server の名前になります。システムが workstation エンタイトルメントを使用している場合は、serverworkstation に置き換える必要があります。

以下の内容は便宜上提供されています。Red Hat は、リポジトリへのアクセスを設定するのを支援いたします。ただし、Red Hat はこのプロプライエタリコンテンツのソースコードを変更することができないため、バグを修復するためのアップデートパッケージはベンダーにより提供されます。

Red Hat Enterprise Linux 5

RHN Classic:

rhn-channel --add --channel rhel-x86_64-server-5-thirdparty-oracle-java

Red Hat サブスクリプション管理:

subscription-manager repos --enable rhel-5-server-thirdparty-oracle-java-rpms

Red Hat Enterprise Linux 6

RHN Classic:

rhn-channel --add --channel rhel-x86_64-server-6-thirdparty-oracle-java

Red Hat サブスクリプション管理:

subscription-manager repos --enable rhel-6-server-thirdparty-oracle-java-rpms

Red Hat Enterprise Linux 7

RHN Classic (Red Hat Satellite のみ):

rhn-channel --add --channel rhel-x86_64-server-7-thirdparty-oracle-java

Red Hat サブスクリプション管理 (その他):

subscription-manager repos --enable rhel-7-server-thirdparty-oracle-java-rpms (Oracle JDK)
subscription-manager repos --enable rhel-7-server-supplementary-rpms (IBM JDK)

Red Hat Satellite の注意点

Satellite を使用していて新しいチャンネルを取得するには、新しい証明書が必要になります。更新した証明書を取得して新しいチャンネルにアクセスする方法は、https://access.redhat.com/site/tools/satcert/ を参照してください。

証明書が有効になったら以下のコマンドを使用して Oracle チャンネルを探し、Satellite サーバーで同期します。

チャンネルを探すには以下のコマンドを実行します。

# satellite-sync --list-channels | grep -i oracle

チャンネルを同期するには以下のコマンドを実行します。

# satellite-sync -c rhel-x86_64-server-6-thirdparty-oracle-java

これで、このシステムは Red Hat Network で登録されており、Oracle JDK および JRE にアクセスするために Oracle Java チャンネルがサブスクライブされるようになりました。

OpenJDK

Red Hat Enterprise Linux は、デフォルトの Java 開発およびランタイム環境として OpenJDK を同梱しています。Java 開発およびランタイムは、Supplementary メディアまたは RHN チャンネルを通じて IBM が提供しています。OpenJDK および IBM JDK へのアクセスは、この変更の影響を受けません。

補足情報

This solution is part of Red Hat’s fast-track publication program, providing a huge library of solutions that Red Hat engineers have created while supporting our customers. To give you the knowledge you need the instant it becomes available, these articles may be presented in a raw and unedited form.

Close

Welcome! Check out the Getting Started with Red Hat page for quick tours and guides for common tasks.