Linux カーネルの sched_clock() が 208.5 日の連続稼働でオーバーフローする現象について

Solution Unverified - Updated -

Issue

  • Linux Kernel において、連続稼働が 208.5 日以上となり、sched_clock() がオーバーフローしたタイミングでパニックが発生します。
  • Red Hat Enterprise Linux では、sched_clock() がオーバーフローしたタイミング (208.5 日以上の連続稼働) でリブートが起こる問題が発生しますか?
  • この症状は、Time Stamp Counter (TSC) がある CPU を使用したシステムで発生する場合があります。
  • プロセスにより次のような極度に数値の大きな soft lockup がレポートされます
BUG: soft lockup - CPU#N stuck for 4278190091s!

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 6
    • Red Hat Enterprise Linux 6.0 (一部のカーネル)
    • Red Hat Enterprise Linux 6.1 (一部のカーネル)
    • Red Hat Enterprise Linux 6.2 (一部のカーネル)
    • TSC clock source を使用したシステム
  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) 5
    • Red Hat Enterprise Linux 5.0
    • Red Hat Enterprise Linux 5.1
    • Red Hat Enterprise Linux 5.2
    • Red Hat Enterprise Linux 5.3 (一部のカーネル)
    • Red Hat Enterprise Linux 5.4
    • Red Hat Enterprise Linux 5.5
    • Red Hat Enterprise Linux 5.6 (一部のカーネル)
    • Red Hat Enterprise Linux 5.7
    • Red Hat Enterprise Linux 5.8 (一部のカーネル)
    • TSC clock source を使用したシステム
  • Red Hat Enterprise MRG 1.3 Realtime カーネル
  • uptime はおよそ 208.5 日です。

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In