Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat Enterprise Linux 7 でスタックガード脆弱性に修正を適用すると、アプリケーションが起動せず、Argument list too long メッセージが表示される

Solution In Progress - Updated -

Issue

  • Red Hat Enterprise Linux 7 でスタックガード脆弱性に修正を適用すると、アプリケーションが起動できなくなるのはなぜですか?
  • スタックガード脆弱性に修正を適用してからアプリケーションが起動できなくなりました。カーネルを 1 つ前のバージョンに戻すと、アプリケーションを起動できるようになります。
  • カーネルを 3.10.0-514.21.2.el7 にアップデートしました。カーネルのアップデート後、アプリケーションが起動できなくなり、次のメッセージが表示されます。
# xxx: xxx: Argument list too long
  • 3.10.0-514.21.2.el7 にアップデートしたら、rlimit_stack に問題が発生しました。
  • Oracle Enterprise Manager Cloud Control を起動できず、次のメッセージがログに出力されます。
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 280: /usr/bin/uname: Argument list too long 
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 281: /usr/bin/uname: Argument list too long 
Jun 29 10:29:43 XXX gcstartup[2636]: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/bin/emctl: line 460: /oradump/emagent/core/12.1.0.4.0/perl/bin/per...too long 
Jun 29 10:29:43 XXX systemd[1]: gcstartup.service: control process exited, code=exited status=126
  • icinga2 が起動できず、次のメッセージが出力されます。
[root@icinga2 ~]# icinga2 daemon -C 
execvp: Argument list too long

Environment

  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Kernel 3.10.0-514.21.2.el7
  • Oracle アプリケーション
  • icinga2 アプリケーション
  • PeopleSoft アプリケーション

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In
Close

Welcome! Check out the Getting Started with Red Hat page for quick tours and guides for common tasks.