Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Bridge Configuration

Updated -

このアプリケーションは、Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降を使用する KVM などのアプリケーションにブリッジ接続のネットワークインターフェイスを設定するために作成されました。以下の 2 つの方法を選択できます。

  1. 一体型スクリプトをダウンロードして実行します。

    #chmod +x bridge-config.sh 
    #./bridge-config.sh 
    
  2. 設定ファイルのセットをダウンロードしていくつか手順を踏めば変更が適用されます。たとえば以下のように行います。

    手順 1:

    #ifdown eth0
    

    /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリに ifcfg-eth0 をコピーします。

    手順 2:

    /etc/sysconfig/network-scripts/ ディレクトリに ifcfg-br0 をコピーします。

    #ifup eth0
    #ifup br0
    

    手順 3:

    sysctl.conf-part に含まれる設定を /etc/sysctl.conf ファイルに追加します。

    #sysctl -p /etc/sysctl.conf
    

    手順 4:

    #service libvirtd reload
    #brctl show
    #ethtool br0
    

Was this helpful?

We appreciate your feedback. Leave a comment if you would like to provide more detail.
It looks like we have some work to do. Leave a comment to let us know how we could improve.

Get notified when this content is updated

Follow