Translated message

A translation of this page exists in English.

Red Hat build of Apache Camel - サポートされる設定

更新 -

Red Hat は、サポートされる設定とテスト済みインテグレーションに対して、実稼働環境サポートと開発環境サポートの両方をお客様のサブスクリプション契約に従って提供します。[1]

Red Hat build of Apache Camel 4.0 GA

Red Hat build of Apache Camel 4.0 GA は、Quarkus および Spring Boot ランタイムフレームワークでテストおよび検証されています。

Red Hat build of Apache Camel 4.0.x がサポートされるプラットフォーム

サポートされる設定で実行するには、Red Hat build of Apache Camel が以下の JVM およびオペレーティングシステムのいずれかで実行されている必要があります。

JVM オペレーティングシステム / プラットフォーム チップセットアーキテクチャー バージョン コンテナーイメージ
OpenJDK 17 [2]、TemurinJDK 17 Red Hat Enterprise Linux x86_64 8、9
OpenJDK 17 [2] Red Hat OpenShift Container Platform x86_64 4.12、4.13、4.14 以降 [5] ubi8/openjdk-17、ubi9/openjdk-17[4]
OpenJDK 17 [2]、TemurinJDK 17 Microsoft Windows Server x86_64 2019
OpenJDK 17 [2]、TemurinJDK 17 その他 [3] x86_64

Red Hat build of Apache Camel は、Red Hat OpenShift の以下のバリアントでサポートされています。

  • Red Hat OpenShift Container Platform (OCP)
  • Red Hat OpenShift Service on AWS (ROSA)
  • Microsoft Azure Red Hat OpenShift (ARO)
  • Red Hat OpenShift Dedicated (OSD)

Red Hat build of Apache Camel 4 は、FIPS 対応 OpenJDK 17 での実行をサポートしています。詳細は、Is Red Hat build of Apache Camel 4 compliant with FIPS? を参照してください。

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。

[2] Red Hat は、OpenJDK のサポートを Red Hat Enterprise Linux (RHEL) および Windows 向けの Red Hat build of OpenJDK に限定しています。

[3] サポートガイドライン

[4] この設定は、Red Hat build of Apache Camel for Spring Boot のみをテストしています。

[5] OpenShift の新しいバージョンは、Camel 固有の相互運用性テストで自動的にテストされます。

Comments