Translated message

A translation of this page exists in English.

RHEL High Availability クラスターのサポートポリシー - クラスターメンバーとしての VMware 仮想マシン

更新 -

目次

概要

該当する環境

  • Red Hat Enterprise Linux (RHEL) と High Availability アドオン
  • VMware 仮想化ソリューションを使用して、High Availability クラスターメンバーとして機能する可能性のある VM を提供する

役に立つリファレンスおよびガイド

はじめに

このガイドでは、VMware 仮想マシンを RHEL High Availability クラスターのメンバーとして使用する場合に適用される Red Hat のポリシー、要件、および制限について説明します。 RHEL High Availability ソフトウェアコンポーネントのユーザーは、適切なサポートサブスクリプションで Red Hat サポートから支援を受ける資格を得るために、承認されたプラットフォームにのみインストールすることにより、これらのポリシーを遵守する必要があります。

ポリシー

仮想化環境で RHEL High Availability をサポートするための一般的な条件を検討してください


RHEL High Availability でサポートされる VMware 製品/リリース: Red Hat は、以下の VMware 製品およびリリースで実行されている RHEL High Availability クラスターメンバーをサポートします。

  • VMware vSphere: 5.x、6.x、および 7.x のすべてのリリース
  • VMware vSphere Hypervisor (ESXi): 5.x、6.x、および 7.x のすべてのリリース

ここに記載されていない製品/リリースの組み合わせは、RHEL High Availability クラスターメンバーのプラットフォームとして Red Hat はサポートしていません。


クラスター共有ストレージ設定: High Availability クラスター内の管理されたユースケースに共有ストレージを利用する場合、Red Hat は、以下のストレージ設定がクラスタリングのユースケースと互換性があることを想定しています。

  • Raw デバイスマッピングデバイス: 仮想または物理互換モードの使用
  • VMware レイヤーのパススルーなしで VM によって直接開始/アクセスされる iSCSI LUN
  • マルチライターフラグが有効になっている仮想ディスクファイル (VMDK) ストレージデバイス

最適なストレージ設定は、デプロイメントごとに異なる場合があります。 VMware プラットフォームに RHEL High Availability クラスターをデプロイし、共有ストレージを利用している組織は、VMware やそのストレージソリューションベンダーに相談して、クラスター環境で使用するための安全で効果的なストレージレイアウトを設計するガイダンスと推奨されるプラクティスを確認する必要があります。

関連項目: 「Support Policies for RHEL High Availability Clusters - Storage Compatibility」


利用可能なフェンスメソッド: VMware 環境で検討される可能性のある個々のフェンスメソッドについては、該当するサポートポリシーを参照してください。

Red Hat の VMware VM クラスターメンバー向けのガイダンスを参照してください。これには、STONITH メソッドの選択に関する詳細な説明が記載されています: 「Design Guidance for RHEL High Availability Clusters - VMware Virtual Machines as Cluster Members」


ベアメタルと VMware VM クラスターの混合: Red Hat は、これらの他の該当するポリシーに従って、ベアメタルシステムと VMware 仮想マシンの両方で構成されるクラスターのサポートを提供します。


VMware Cloud でホストされるクラスターノード: 現在、これはサポートされていません。詳細は、「Does Red Hat support VMware cloud hosts as members of a High Availability cluster?」 を参照してください。


VMware Cloud on AWS (Amazon Web Services) でホストされているクラスターノード: 現在、これはサポートされていません。詳細は、「Does Red Hat support VMware cloud hosts as members of a High Availability cluster?」 を参照してください。


fence_vmware のサポートなし: Red Hat はかつて、fence_vmware (fence_vmware_soap とは別のエンティティー) として知られるエージェントを出荷していましたが、これは fence-agents パッケージに含まれなくなりました。 このエージェントはサポートされなくなり、fence_vmware_soap に置き換えられました。