JBoss Enterprise Web Server 2 でサポートされる構成

更新 -

JBoss® Enterprise Web Server (JBoss EWS) のすべてのリリースは、主要なオペレーティングシステムと Java™ 仮想マシン (JVM) のさまざまな組み合わせについてテストされサポートされています。Red Hat はお客様のサブスクリプション契約に従って、サポートされる構成に対してプロダクションサポートと開発サポートを提供します。サポートは物理環境と仮想環境の両方に対して提供されます。[1]

サポートされる構成

サポートされる構成で実行するには、EWS が次のオペレーティングシステムと、Technology Component Kit (TCK) で認定された JDK で実行している必要があります。Red Hat はプラットフォームの互換性検証において、この JDK の TCK に依存してしています。Red Hat は、次の構成で幅広いプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新アップデート) x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x
IBM JDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x
OpenJDK 1.7.x
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新アップデート) x86
x86_64
Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x
IBM JDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x
OpenJDK 1.7.x
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新アップデート) x86
x86_64
Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x
IBM JDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x
OpenJDK 1.7.x
Microsoft Windows Server 2012 R2 x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Microsoft Windows Server 2008 R2 x86_64 Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Microsoft Windows Server 2008 x86
x86_64
Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Oracle Solaris 10 x86
x86_64
SPARC 64 [2]
Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x
Oracle Solaris 11 x86
x86_64
SPARC 64 [2]
Oracle JDK 1.6.x
Oracle JDK 1.7.x

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。JVM、オペレーティングシステム、データベースなどを提供するベンダーがサポートを終了した場合(特定のバージョンのサポート終了した場合も含む)には、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様に依頼する場合があります。

[2] SPARC 64 サポートは 2.0.1 リリースで追加されました。