Red Hat Fuse でサポートされる構成

更新 -

Red Hat Fuse の各リリースは、主要なオペレーティングシステム、Java™ 仮想マシン (JVM)、およびデータベースのさまざまな組み合わせでテストされ、サポートされています。 Red Hat は、お客様のサブスクリプション契約に従って、サポートされる構成とテストされた環境のプロダクションサポートと開発サポートを提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

Red Hat Fuse 7.3

Red Hat Fuse 7.3 on OpenShift

OpenShift デプロイメント

Fuse on OpenShift をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で Red Hat Fuse 7.4 on OpenShift に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 4.1

3.11

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の Spring Boot BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

Spring Boot のサポート

Red Hat Fuse 7.4 on OpenShift は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

詳細は、「Spring Boot Support」を参照してください。

Red Hat Fuse 7.4 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: Red Hat Fuse 7.4 には Red Hat AMQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの AMQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

Red Hat Fuse 7.4 をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.8
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
HP JVM 1.8

注記: Spring Boot 2 スタンドアロンデプロイメントでは、IBM JDK 8 は現在テストおよびサポートされていません。

サポートされる JBoss EAP バージョン

Fuse 7.4 on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7.2.1

重要: Fuse on EAP は管理対象ドメイン操作モードではサポートされません。スタンドアロンサーバーモードのみがサポートされます。

Red Hat Fuse 7.4 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.2 Power ISA IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i (非推奨) (JBoss EAP 7.2 ではサポートされません) IA64 HP JVM 1.8.x

注記: Fuse on JBoss EAP デプロイメントでは、オペレーティングシステムのサポートは「Red Hat JBoss EAP 7 でサポートされる構成」に準拠します。

注記: Spring Boot 2 スタンドアロンデプロイメントでは、HP-UX、AIX、および Solaris オペレーティングシステムは現在テストおよびサポートされていません。

Red Hat Fuse 7.4 のテスト済みの環境

Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、Red Hat Fuse 7 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c r2 Oracle JDBC Driver v12
Oracle 12c r2 RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.7 MySQL Connector/J 5
MySQL 8.0 MySQL Connector/J 8
Microsoft SQL Server 2014* MS SQL Server JDBC Driver 6.0
Microsoft SQL Server 2016 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
PostgreSQL 9.6* JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
PostgreSQL 10.1 JDBC Postgresql Driver、バージョン 42.2.5
IBM DB2 10.5* IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.19
IBM DB2 11.1 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.25

* JBoss EAP ではサポートされません。

サポートされるメッセージングプロバイダー

Fuse 7.0 以降、リモートブローカーのみがサポートされます。

ブローカー バージョン ターゲットコンテナー
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf

Spring Boot 1.5

JBoss EAP
AMQ Broker 7.3.0 Apache Karaf

Spring Boot 1.5

Spring Boot 2.1

JBoss EAP
AMQ Streams 1.1.0 Apache Karaf

Spring Boot 1.5

Spring Boot 2.1

JBoss EAP
Websphere MQ1 8.0 Apache Karaf

Spring Boot 1.5

JBoss EAP
9.0 Apache Karaf

Spring Boot 1.5

JBoss EAP

1 JBoss Fuse パッチが関連するコンテナーに対してリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

サポートされるメッセージングクライアント

以下のメッセージングクライアントと JCA アダプターは Red Hat Fuse 7.4 でテスト済みです。

以下のメッセージングコンポーネントは Apache Karaf 上でサポートされます。

Apache Karaf
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ Broker 7.3.0 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 Java コードからの JMS API

JBoss EAP コンテナー上のメッセージングは JCA アダプターを使用してサポートされます。「JBoss EAP 7.2 でサポートされる構成」を参照してください。以下のメッセージングコンポーネントは JBoss EAP 7.2 でサポートされます。

JBoss EAP
ブローカー バージョン アダプター Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 AMQ JCA Adapter v5.11.0 camel-activemq
AMQ 7.2.x JBoss EAP 7.2 と統合された AMQ JCA Adapter camel-jms

camel-sjms
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms
9.0 Client v9 camel-jms

今のメッセージングコンポーネントは Spring Boot 1.5 でサポートされます (メッセージングクライアントは Spring Boot 2.1 でテストされていません)。

Spring Boot 1.5
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.3.0 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 camel-jms

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、クライアントバージョンは Red Hat Fuse 7.4 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot 1.x) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

サポートされるセキュリティープロバイダー

Red Hat Fuse 7 は Red Hat Single Sign-On (RH SSO) に対してテストされています。以下の RH SSO バージョンが Fuse 7.4 でサポートされます。

セキュリティープロバイダー バージョン ターゲットコンテナー
RH SSO 7.3.1.GA Apache Karaf

JBoss EAP

サポートされる Web サーバーの環境

Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、カスタマーポータルから別のダウンロードで提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン コンテナー バージョン
Camel 2.21.0.fuse-740xxx-redhat-xxxxx JWS 3.1.6

Hawt.io コンソールと使用する Red Hat Fuse 7.4 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、Red Hat Fuse 7.4 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Edge

Red Hat Fuse 7.3

Red Hat Fuse 7.3 on OpenShift

OpenShift デプロイメント

Fuse on OpenShift をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で Red Hat Fuse 7.3 on OpenShift に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 3.11

3.10

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の Spring Boot BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

Spring Boot のサポート

Red Hat Fuse 7.3 on OpenShift は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

詳細は、「Spring Boot Support」を参照してください。

Red Hat Fuse 7.3 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: Red Hat Fuse 7.3 には Red Hat AMQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの AMQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

Red Hat Fuse 7.3 をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.8
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
HP JVM 1.8

サポートされる JBoss EAP バージョン

Fuse on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7.2.0

重要: Fuse on EAP は管理対象ドメイン操作モードではサポートされません。スタンドアロンサーバーモードのみがサポートされます。

Red Hat Fuse 7.3 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 8 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.2 Power ISA IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i (非推奨) (JBoss EAP 7.2 ではサポートされません) IA64 HP JVM 1.8.x

注記: Fuse on JBoss EAP デプロイメントでは、オペレーティングシステムのサポートは「Red Hat JBoss EAP 7 でサポートされる構成」に準拠します。

Red Hat Fuse 7.3 のテスト済みの環境

Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、Red Hat Fuse 7 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle 12c RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.7 MySQL Connector/J 5
MySQL 8.0 MySQL Connector/J 8
Microsoft SQL Server 2014* MS SQL Server JDBC Driver 6.0
Microsoft SQL Server 2016 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
PostgreSQL 9.6* JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
PostgreSQL 10.1 JDBC Postgresql Driver、バージョン 42.2.5
IBM DB2 10.5* IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.19
IBM DB2 11.1 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.25

* JBoss EAP ではサポートされません。

サポートされるメッセージングプロバイダー

Fuse 7.0 以降、リモートブローカーのみがサポートされます。

ブローカー バージョン ターゲットコンテナー
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf

Spring Boot

JBoss EAP
AMQ Broker 7.2.3 Apache Karaf

Spring Boot

JBoss EAP
AMQ Streams 1.1.0 Apache Karaf

Spring Boot

JBoss EAP
Websphere MQ1 8.0 Apache Karaf

Spring Boot

JBoss EAP
9.0 Apache Karaf

Spring Boot

JBoss EAP

1 JBoss Fuse パッチが関連するコンテナーに対してリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

サポートされるメッセージングクライアント

以下のメッセージングクライアントと JCA アダプターは Red Hat Fuse 7.3 でテスト済みです。

以下のメッセージングコンポーネントは Apache Karaf 上でサポートされます。

Apache Karaf
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ Broker 7.2.3 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 Java コードからの JMS API

JBoss EAP コンテナー上のメッセージングは JCA アダプターを使用してサポートされます。「JBoss EAP 7.2 でサポートされる構成」を参照してください。以下のメッセージングコンポーネントは JBoss EAP 7.2 でサポートされます。

JBoss EAP
ブローカー バージョン アダプター Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 AMQ JCA Adapter v5.11.0 camel-activemq
AMQ 7.2.x JBoss EAP 7.2 と統合された AMQ JCA Adapter camel-jms

camel-sjms
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms
9.0 Client v9 camel-jms

以下のメッセージングコンポーネントは Spring Boot でサポートされます。

Spring Boot
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.2.3 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 camel-jms

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、クライアントバージョンは Red Hat Fuse 7.3 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

サポートされるセキュリティープロバイダー

Red Hat Fuse 7 は Red Hat Single Sign-On (RH SSO) に対してテストされています。以下の RH SSO バージョンが Fuse 7.3 でサポートされます。

セキュリティープロバイダー バージョン ターゲットコンテナー
RH SSO 7.3.1.GA Apache Karaf

JBoss EAP

サポートされる Web サーバーの環境

Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、カスタマーポータルから別のダウンロードで提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン コンテナー バージョン
Camel 2.21.0.fuse-730xxx-redhat-xxxxx JWS 3.1.6

Hawt.io コンソールと使用する Red Hat Fuse 7.3 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、Red Hat Fuse 7.3 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Edge

Red Hat Fuse 7.2

Red Hat Fuse 7.2 on OpenShift

OpenShift デプロイメント

Fuse on OpenShift をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で Red Hat Fuse 7.2 on OpenShift に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 3.11

3.10

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の Spring Boot BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

Spring Boot のサポート

Red Hat Fuse 7.2 on OpenShift は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

詳細は、「Spring Boot Support」を参照してください。

Red Hat Fuse 7.2 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: Red Hat Fuse 7.2 には Red Hat AMQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの AMQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

Red Hat Fuse 7.2 をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.8
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
HP JVM 1.8

サポートされる JBoss EAP バージョン

Fuse on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7.1.4

重要: Fuse on EAP は管理対象ドメイン操作モードではサポートされません。スタンドアロンサーバーモードのみがサポートされます。

Red Hat Fuse 7.2 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.2 Power ISA IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i (非推奨) IA64 HP JVM 1.8.x

注記: Fuse on JBoss EAP デプロイメントでは、オペレーティングシステムのサポートは「Red Hat JBoss EAP 7 でサポートされる構成」に準拠します。

Red Hat Fuse 7.2 のテスト済みの環境

Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、Red Hat Fuse 7 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle 12c RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.7 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2014 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
Microsoft SQL Server 2016 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
PostgreSQL 9.6 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
PostgreSQL 10.1 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14
IBM DB2 10.5 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.19

サポートされるメッセージングプロバイダー

Fuse 7.0 以降、リモートブローカーのみがサポートされます。

ブローカー バージョン ターゲットコンテナー
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
AMQ Broker 7.1 および 7.2 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
AMQ Streams 1.0 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
Websphere MQ1 8.0 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
9.0 Apache Karaf

Spring Boot

1 JBoss Fuse パッチが関連するコンテナーに対してリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

サポートされるメッセージングクライアント

以下のメッセージングクライアントと JCA アダプターは Red Hat Fuse 7.2 でテスト済みです。

以下のメッセージングコンポーネントは Apache Karaf 上でサポートされます。

Apache Karaf
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ Broker 7.1 および 7.2 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 Java コードからの JMS API

JBoss EAP コンテナー上のメッセージングは JCA アダプターを使用してサポートされます。「JBoss EAP 7.1 でサポートされる構成」を参照してください。以下のメッセージングコンポーネントは JBoss EAP 7.1 でサポートされます。

JBoss EAP
ブローカー バージョン アダプター Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 AMQ JCA Adapter v5.11.0 camel-activemq
AMQ 7.1 および 7.2 JBoss EAP 7.1 と統合された AMQ JCA Adapter camel-jms

camel-sjms
WebSphere MQ 8.0 WebSphereMQ MCA アダプター camel-jms

以下のメッセージングコンポーネントは Spring Boot でサポートされます。

Spring Boot
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.1 および 7.2 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 camel-jms

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、クライアントバージョンは Red Hat Fuse 7.2 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

サポートされる Web サーバーの環境

Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、カスタマーポータルから別のダウンロードで提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン コンテナー バージョン
Camel 2.21.0.fuse-720050-redhat-00001 JWS 3.1

Hawt.io コンソールと使用する Red Hat Fuse 7.2 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、Red Hat Fuse 7.2 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Edge

Red Hat Fuse 7.1

Red Hat Fuse 7.1 on OpenShift

OpenShift デプロイメント

Fuse on OpenShift をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で Red Hat Fuse 7.1 on OpenShift に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 3.9

3.10

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の Spring Boot BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

Spring Boot のサポート

Red Hat Fuse 7.1 on OpenShift は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

詳細は、「Spring Boot Support」を参照してください。

Red Hat Fuse 7.1 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: Red Hat Fuse 7.1 には Red Hat AMQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの AMQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

Red Hat Fuse 7.1 をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.8
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
HP JVM 1.8

サポートされる JBoss EAP バージョン

Fuse on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7.1

重要: Fuse on EAP は管理対象ドメイン操作モードではサポートされません。スタンドアロンサーバーモードのみがサポートされます。

Red Hat Fuse 7.1 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.2 Power ISA IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i IA64 HP JVM 1.8.x

Red Hat Fuse 7.1 のテスト済みの環境

Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、Red Hat Fuse 7 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle 12c RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.7 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2014 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
Microsoft SQL Server 2016 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
PostgreSQL 9.3.5 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
PostgreSQL 9.6 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
PostgreSQL 10.1 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14
IBM DB2 10.5 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.19

サポートされるメッセージングプロバイダー

Fuse 7.0 以降、リモートブローカーのみがサポートされます。

ブローカー バージョン ターゲットコンテナー
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
AMQ 7.1 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
Websphere MQ1 8.0 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
9.0 Apache Karaf

Spring Boot

1 JBoss Fuse パッチが関連するコンテナーに対してリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

サポートされるメッセージングクライアント

以下のメッセージングクライアントと JCA アダプターは Red Hat Fuse 7.1 でテスト済みです。

以下のメッセージングコンポーネントは Apache Karaf 上でサポートされます。

Apache Karaf
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.1 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 Java コードからの JMS API

JBoss EAP コンテナー上のメッセージングは JCA アダプターを使用してサポートされます。「JBoss EAP 7.1 でサポートされる構成」を参照してください。以下のメッセージングコンポーネントは JBoss EAP 7.1 でサポートされます。

JBoss EAP
ブローカー バージョン アダプター Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 AMQ JCA Adapter v5.11.0 camel-activemq
AMQ 7.1 JBoss EAP 7.1 と統合された AMQ JCA Adapter camel-jms

camel-sjms
WebSphere MQ 8.0 WebSphereMQ MCA アダプター camel-jms

以下のメッセージングコンポーネントは Spring Boot でサポートされます。

Spring Boot
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.1 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 camel-jms

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、クライアントバージョンは Red Hat Fuse 7.1 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

サポートされる Web サーバーの環境

Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、カスタマーポータルから別のダウンロードで提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン コンテナー バージョン
Camel 2.21.0.fuse-710018-redhat-00001 JWS 3.1

Hawt.io コンソールと使用する Red Hat Fuse 7.1 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、Red Hat Fuse 7.1 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Edge

Red Hat Fuse 7.0

Red Hat Fuse 7.0 on OpenShift

OpenShift デプロイメント

Fuse on OpenShift をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で Red Hat Fuse 7.0 on OpenShift に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 3.9

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の Spring Boot BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

Spring Boot のサポート

Red Hat Fuse 7.0 on OpenShift は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

詳細は、「Spring Boot Support」を参照してください。

Red Hat Fuse 7.0 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: Red Hat Fuse 7.0 には Red Hat AMQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの AMQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

Red Hat Fuse をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.8
Oracle JDK 1.8
IBM JDK 1.8
HP JVM 1.8

サポートされる JBoss EAP バージョン

Fuse on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 7.1

重要: Fuse on EAP は管理対象ドメイン操作モードではサポートされません。スタンドアロンサーバーモードのみがサポートされます。

Red Hat Fuse 7.0 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2016 x86_64 Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.2 Power ISA IBM JDK 1.8.x
* HP-UX 11i IA64 HP JVM 1.8.x

*HP-UX には、Apache Karaf コンテナーの起動に影響する問題が存在します。詳細は、Red Hat Fuse 7.0『Release Notes』の「Known Issues」を参照してください。この問題は、Red Hat Fuse 7.0.1 リリースで修正されました。

Red Hat Fuse 7.0 のテスト済みの環境

JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、Red Hat Fuse 7 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle 12c RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.7 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2014 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
Microsoft SQL Server 2016 MS SQL Server JDBC Driver 6.0
PostgreSQL 9.3.5 JDBC 4.2 Postgresql Driver、バージョン 9
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.14
IBM DB2 10.5 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.19

サポートされるメッセージングプロバイダー

Fuse 7.0 以降、リモートブローカーのみがサポートされます。

ブローカー バージョン ターゲットコンテナー
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
AMQ 7.1 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
Websphere MQ1 8.0 Apache Karaf

JBoss EAP

Spring Boot
9.0 Apache Karaf

Spring Boot

1 JBoss Fuse パッチが関連するコンテナーに対してリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

サポートされるメッセージングクライアント

以下のメッセージングクライアントと JCA アダプターは Red Hat Fuse 7.0 でテスト済みです。

以下のメッセージングコンポーネントは Apache Karaf 上でサポートされます。

Apache Karaf
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.1 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 Java コードからの JMS API

JBoss EAP コンテナー上のメッセージングは JCA アダプターを使用してサポートされます。「JBoss EAP 7.1 でサポートされる構成」を参照してください。以下のメッセージングコンポーネントは JBoss EAP 7.1 でサポートされます。

JBoss EAP
ブローカー バージョン アダプター Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 AMQ JCA Adapter v5.11.0 camel-activemq
AMQ 7.1 JBoss EAP 7.1 と統合された AMQ JCA Adapter camel-jms

camel-sjms
WebSphere MQ 8.0 WebSphereMQ MCA アダプター camel-jms

以下のメッセージングコンポーネントは Spring Boot でサポートされます。

Spring Boot
ブローカー バージョン クライアント Camel コンポーネント
JBoss A-MQ 6.3 activemq-client

camel-activemq
AMQ 7.1 artemis-jms-client camel-jms

camel-sjms

camel-sjms2
qpid-jms-client camel-amqp
WebSphere MQ 8.0 Client v8 camel-jms (テスト未実施)
9.0 Client v9 camel-jms

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、クライアントバージョンは Red Hat Fuse 7.0 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

サポートされる Web サーバーの環境

Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、カスタマーポータルから別のダウンロードで提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン コンテナー バージョン
Camel 2.21.0.fuse-000077-redhat-1 JWS 3.1

Hawt.io コンソールと使用する Red Hat Fuse 7.0 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、Red Hat Fuse 7.0 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Mozilla Firefox
Google Chrome
Microsoft Edge

Red Hat JBoss Fuse 6.3

JBoss Fuse Integration Services for JBoss Fuse 6.3

OpenShift デプロイメント

Fuse Integration Services (FIS) 2.0 をサポートされる構成で実行するには、サポートされるバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 上で実行する必要があります。以下のバージョンの OCP は、関連する OCP GA のリリース時点で FIS 2.0 に対してテスト済みです。

OpenShift 製品 バージョン
OpenShift Container Platform (OCP) 3.3 (非推奨)
3.4 (非推奨)
3.5 (非推奨)
3.6 (非推奨)
3.7
3.9
3.11

OCP 3.11 は Fuse 6.3 パッチ R10 に対してテスト済みです。

新しいバージョンの OCP が入手可能になったら、重要な修正を適用し、新しい追加機能を活用するためにできるだけ早期にアップグレードを計画してください。詳細については、サポートにご連絡ください。

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント

スタンドアロン Spring Boot デプロイメント (サポートされる JVM 上で実行される Jar ファイル) は、アプリケーションが Spring Boot の FIS 2.0 BOM (Apache Maven BOM) ファイルから依存関係を使用する場合に Red Hat によってサポートされます。Spring Boot サポートの制限については、以下の「Spring Boot のサポート」を参照してください。

サポートされる Camel バージョン

本リリースでは、サポートされる Apache Camel のバージョンは、使用しているコンテナーイメージによって異なります。

コンテナーの種類 イメージ Camel バージョン
Spring Boot fis-java-openshift Camel 2.18.1
Apache Karaf fis-karaf-openshift Camel 2.17

注記: Camel 2.18.1 と Camel 2.17 の製品化されたディストリビューションのみがサポートされます。
バージョン番号 (ビルド番号が組み込まれている) を取得するには、FIS 2.10 クイックスタートとアーキタイプの pom.xml ファイルに宣言された依存関係を参照してください。

Spring Boot のサポート

Fuse Integration Services v2.0 は Spring Boot のコミュニティーバージョンに依存しているため、Spring Boot に対する Red Hat のサポートはクイックスタートとテンプレートに記載されている使用目的に制限されます。Red Hat は商業的に妥当な努力を払って Spring Boot をサポートしますが、パッチを適時に提供できない可能性があります。

JBoss Fuse 6.3 のサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。[1]

注記: JBoss Fuse 6.3 には JBoss A-MQ のエンタイトルメントと JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています (それぞれ 1 つ以上のバージョンが該当する可能性があります)。サポートされるバージョンの JBoss A-MQ と JBoss EAP を以下の表に示します。

サポートされる Java バージョン

JBoss Fuse をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.7
1.8
Oracle JDK 1.7
1.8
IBM JDK 1.7
1.8
HP JVM 1.7
1.8

サポートされる JBoss EAP バージョン

JBoss Fuse on EAP インストールでは、以下のバージョンの JBoss Enterprise Application Platform (EAP) がサポートされます。

Java EE Container バージョン
JBoss Enterprise Application Platform 6.4

JBoss Fuse 6.3 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Microsoft Windows Server 2012 R2 x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 10 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.1 Power ISA v.2.06 IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i IA64 HP JVM 1.7.x

HP JVM 1.8.x

JBoss Fuse 6.3 のテスト済みの環境

JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、JBoss Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

サポートされるデータベース環境

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、JBoss Fuse 6 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.6 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2008 MS SQL Server JDBC Driver 3
Microsoft SQL Server 2012 MS SQL Server JDBC Driver 4
Microsoft SQL Server 2014 MS SQL Server JDBC Driver 4
PostgreSQL 9.3.5 JDBC 4 Postgresql Driver、バージョン 9
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.9.78

サポートされるメッセージングプロバイダー

以下のメッセージングプロバイダーがサポートされます。

メッセージングプロバイダー バージョン ターゲットコンテナー 統合タイプ
JBoss A-MQ 6.3 Apache Karaf リモートブローカーおよび組み込みブローカー
6.3 JBoss EAP リモートブローカー
6.3 Spring Boot リモートブローカー
JBoss AMQ 7.x Apache Karaf リモートブローカー
7.x JBoss EAP リモートブローカー
7.x Spring Boot リモートブローカー
Websphere MQ クライアント1 7.5.x
8.0.x

Apache Karaf リモートブローカー

1 JBoss Fuse パッチがリリースされるたびに、Websphere MQ クライアントの利用可能な最新のマイクロバージョンに対してテストを実施しています。Websphere MQ の認定はクライアント専用で、特定ブローカーの認定ではありません。サポートされるクライアントとブローカーの組み合わせは、IBM のドキュメントを参照してください。

リモートブローカーはリモートでデプロイされたブローカーに接続できるメッセージングクライアント (Websphere MQ クライアントや camel-jms などの Camel メッセージングコンポーネントを含む) を意味し、組み込みブローカーは Apache Karaf コンテナー内に組み込みできるブローカーを意味します。

JBoss AMQ 7.0 認定を持つ JBoss Fuse 6.3

JBoss Fuse 6.3 コンテナーにデプロイされた以下のメッセージングクライアントは AMQ 7.0 ブローカーに対してテスト済みです。

コンテナーの種類
Camel コンポーネント クライアント Apache Karaf JBoss EAP Spring Boot
camel-amqp Qpid JMS クライアント 0.9.0 接続ファクトリー (AMQP 1.0)
camel-amqp Interconnect Router に接続する Qpid JMS クライアント 0.9.0 接続ファクトリー (AMQP 1.0) ⚪ *
camel-jms Qpid JMS クライアント 0.9.0 接続ファクトリー (AMQP 1.0)
camel-jms Artemis クライアント接続ファクトリー (バージョン 2.0.0.amq-700011-redhat-1)
camel-jms ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire)
camel-jms with XA ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire)
camel-activemq ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire)
camel-mqtt  

X はテストされていないことを意味します。

ActiveMQ クライアント接続ファクトリー (OpenWire) の場合、テスト済みのクライアントバージョンは JBoss Fuse 6.3 の各コンテナー (Apache Karaf、JBoss EAP、および Spring Boot) でパッケージ化されるバージョンに対応します。

注記: Interconnect Router で JMS クライアントセレクターを使用するための詳細は、ENTMQIC-1941 を参照してください。

サポートされる Web サーバーの環境

JBoss Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると Web サーバーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、便宜上 JBoss Fuse ディストリビューションの /extras ディレクトリーに提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン JBoss コンテナー バージョン
Camel 2.17.0.redhat-630262 JWS 3.0

サポートされる BPM Suite と BRMS の環境

JBoss Fuse のサブスクリプションには、Switch Yard (SwitchYard BPM コンポーネントおよび SwitchYard Rules コンポーネント) に組み込まれた BPM Suite および BRMS を使用するための制限付きのエンタイトルメントが含まれています。その他のユーザーは個別の BPM Suite または BRMS サブスクリプションが必要になります。

注記: Fuse Service Works (FSW) サブスクリプションには、SwitchYard との使用時に組み込みルール (BRMS) と BPM を使用するためのエンタイトルメントが含まれていました。JBoss Fuse と FSW が統合されたときにエンタイトルメントは引き継がれましたが、SwitchYard と使用する場合のみ有効です。その他のユーザー (Camel からなど) はすべて個別の BPM Suite または BRMS サブスクリプションが必要になります。

Hawt.io コンソールと使用する JBoss Fuse 6.3 でサポートされるブラウザー

通常、各ブラウザーの利用可能な最新バージョンを使用することが推奨されます (最新のセキュリティーアップデートなどが含まれるようにします)。以下の各ブラウザーは、JBoss Fuse 6.3 のリリース時に入手できた最新バージョンを使用してテスト済みです。

ブラウザー
Windows Edge
Microsoft IE
Chrome
Firefox

JBoss Fuse 6.3 における SAP ツーリングのプラットフォーム制限

JBoss Fuse の SAP ツーリングおよび Camel SAP コンポーネントは、SAP (ライセンスは別途) からの JCo 3.0.11 ライブラリーに依存し、これは追加のプラットフォーム制限の対象となります。特に、以下の構成は JCo ライブラリーによってサポートされないため注意してください。

オペレーティングシステム Java バージョン サポート
Red Hat Enterprise Linux 5 (非推奨) Java 8 対象外
Red Hat Enterprise Linux 7 Java 7 対象外
Oracle Solaris 10 [4] Java 7 または 8 対象外
IBM AIX 7.1 Java 8 対象外

これは完全リストではありません。JCo 3.0 ライブラリーのサポートされる構成の詳細については、SAP のサポートにご連絡ください。

Red Hat JBoss Fuse 6.2

JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 でサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。 [1] JBoss Fuse をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.7
1.8
Oracle JDK 1.7
1.8
IBM JDK 1.7
1.8
HP JVM 1.7

注記: JBoss Fuse 6.2 および JBoss Fuse 6.2.1 には JBoss A-MQ のエンタイトルメントが含まれ、JBoss Fuse 6.2.1 には JBoss Enterprise Application Platform のエンタイトルメントが含まれています。JBoss Fuse 6.2 および JBoss Fuse 6.2.1 は JBoss A-MQ 6.2 と動作することが認定され、JBoss Fuse 6.2.1 は JBoss EAP 6.4 と動作することが認定されています。

JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 7 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.8.x
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新のアップデート) [3] (非推奨) x86
x86_64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
OpenJDK 1.7.x
Microsoft Windows Server 2012 R2 x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 10 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
Oracle Solaris 11 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.8.x
IBM AIX 7.1 Power ISA v.2.06 IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.8.x
HP-UX 11i IA64 HP JVM 1.7.x

JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 のテスト済みの環境

JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、JBoss Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、JBoss Fuse 6 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 12c Oracle JDBC Driver v12
Oracle RAC Oracle JDBC Driver v12
MySQL 5.6 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2008 MS SQL Server JDBC Driver 3
Microsoft SQL Server 2012 MS SQL Server JDBC Driver 4
PostgreSQL 9.3.5 JDBC 4 Postgresql Driver、バージョン 9
IBM DB2 9.7 IBM DB2 JDBC Universal Driver Architecture 4.9.78

Hawt.io コンソールと使用する JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 でサポートされるブラウザー

ブラウザー バージョン
Microsoft IE 10、11
Chrome 36</>
Firefox 31

JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 における SAP ツーリングのプラットフォーム制限

JBoss Fuse の SAP ツーリングおよび Camel SAP コンポーネントは、SAP (ライセンスは別途) からの JCo 3.0.11 ライブラリーに依存し、これは追加のプラットフォーム制限の対象となります。特に、以下の構成は JCo ライブラリーによってサポートされないため注意してください。

オペレーティングシステム Java バージョン サポート
Red Hat Enterprise Linux 5 (非推奨) Java 8 対象外
Red Hat Enterprise Linux 7 Java 7 対象外
Oracle Solaris 10 [4] Java 7 または 8 対象外
IBM AIX 7.1 Java 8 対象外

これは完全リストではありません。JCo 3.0 ライブラリーのサポートされる構成の詳細については、SAP のサポートにご連絡ください。

JBoss Fuse 6.2 および 6.2.1 でのアプリケーションコンテナーの相互運用性

JBoss Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると他の JBoss コンテナーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、便宜上 JBoss Fuse ディストリビューションの /extras ディレクトリーに提供されます。

Fuse コンポーネント バージョン JBoss コンテナー バージョン
Camel 2.15.1.redhat-620117 EAP 6.4
Camel 2.15.1.redhat-620117 JWS 3.0

Red Hat JBoss Fuse 6.1

JBoss Fuse 6.1 でサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。 [1] JBoss Fuse をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.7
1.6 (非推奨)
Oracle JDK 1.7
1.6 (非推奨)
IBM JDK 1.7
1.6 (非推奨)

注記: JBoss Fuse 6.1 には JBoss A-MQ のエンタイトルメントが含まれています。JBoss Fuse 6.1 は JBoss A-MQ 6.1 と動作することが認定されています。

JBoss Fuse 6.1 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86
x86_64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x (非推奨)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新のアップデート) [3] (非推奨) x86
x86_64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x (非推奨)
Microsoft Windows 2008 Server R2 (非推奨) x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
Oracle Solaris 10 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
Oracle Solaris 11 [4] x86
x86_64
SPARC64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM AIX 7.1 Power ISA v.2.06 IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)

JBoss Fuse 6.1 のテスト済みの環境

JBoss Enterprise Middleware で最も一般的に使用される組み合わせに対応した、テスト済みの環境について説明しています。これらの環境について、Red Hat は直接または認定パートナーを通して、製品リリースプロセスの過程で幅広いプラットフォーム認定テストを実施しています。このテストプロセスの過程で確認された問題は、JBoss Fuse の各リリースのリリースノートに明記されています。テスト済みの環境のリストは随時追加されます。

Red Hat は、テストされた環境に対してプロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。テストを行ったバージョン以降のものについてサポートしますが、同一メジャーバージョン内に限ります。同一メジャーバージョンのテスト済み環境の以前のバージョンは、商業的に妥当な範囲でサポートされます。

以下に示すデータベースとデータベースドライバーは、JBoss Fuse 6 の最新リリースの過程でテストされました。

データベース JDBC ドライバー
Oracle 11g Oracle JDBC Driver v11
MySQL 5.1 MySQL Connector/J 5
MySQL 5.5 MySQL Connector/J 5
Microsoft SQL Server 2008 Microsoft SQL Server JDBC Driver 3
PostgreSQL 8.4 JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 8
PostgreSQL 9.1 JDBC4 Postgresql Driver、バージョン 9

Hawt.io コンソールと使用する JBoss Fuse 6.1 でサポートされるブラウザー

ブラウザー バージョン
Microsoft IE 10、11
Chrome 31</>
Firefox 27

JBoss Fuse 6.1 でのコンテナーの相互運用性

JBoss Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると他の JBoss コンテナーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、便宜上 JBoss Fuse ディストリビューションの /extras ディレクトリーに提供されます。
注記: このような構成をサポートするには、JBoss Fuse のサブスクリプションとサポートされるコンテナーが必要です。

Fuse コンポーネント バージョン JBoss コンテナー バージョン
Camel 2.12.0.redhat-610379 EAP 6.2
Camel 2.12.0.redhat-610379 JWS 2.0.1

Red Hat JBoss Fuse 6.0

JBoss Fuse 6.0 でサポートされる構成

Red Hat は、サポートされる構成に対して、プロダクションサポートと開発サポートを、お客様のサブスクリプション契約に従って提供します。サポートは、物理環境と仮想環境に提供されます。 [1] JBoss Fuse をサポートされる構成で実行するには、以下の JVM バージョンの 1 つと、その JVM によってサポートされるオペレーティングシステムの 1 つで実行する必要があります。

Java 仮想マシン バージョン
OpenJDK [2] 1.7
1.6 (非推奨)
Oracle JDK 1.7
1.6 (非推奨)
IBM JDK 1.7
1.6 (非推奨)

注記: JBoss Fuse 6.0 には JBoss A-MQ のエンタイトルメントが含まれています。JBoss Fuse 6.0 は JBoss A-MQ 6.0 と動作することが認定されています。

JBoss Fuse 6.0 のテスト済みの構成

Red Hat は以下のテスト済みの構成で広範囲のプラットフォームテストを実施しています。

オペレーティングシステム チップセットアーキテクチャー Java 仮想マシン
Red Hat Enterprise Linux 6 (最新のアップデート) [3] x86
x86_64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x (非推奨)
Red Hat Enterprise Linux 5 (最新のアップデート) [3] (非推奨) x86
x86_64
Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)
OpenJDK 1.7.x
OpenJDK 1.6.x (非推奨)
Microsoft Windows 2008 Server R2 (非推奨) x86_64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
Oracle Solaris 10 [4] SPARC64 Oracle JDK 1.7.x
Oracle JDK 1.6.x (非推奨)
IBM AIX 7.1 Power ISA v.2.06 IBM JDK 1.7.x
IBM JDK 1.6.x (非推奨)

JBoss Fuse 6.0 でのコンテナーの相互運用性

JBoss Fuse ディストリビューションの一部のコンポーネントは、アプリケーションへの依存関係として WAR ファイルにデプロイされると他の JBoss コンテナーでサポートされます。他のコンテナーでサポートされるコンポーネントは、便宜上 JBoss Fuse ディストリビューションの /extras ディレクトリーに提供されます。注記: このような構成をサポートするには、JBoss Fuse のサブスクリプションとサポートされるコンテナーが必要です。

Fuse コンポーネント バージョン JBoss コンテナー バージョン
Camel 2.10.0.redhat-60024 EAP 6.1.1
Camel 2.10.0.redhat-60024 JWS 2.0.1

[1] Red Hat では、サポートされる環境をお客様が引き続き利用されることを前提としています。ベンダーが JVM、オペレーティングシステム、データベースなどのサポートを終了した場合 (特定のバージョンのサポートを含む) は、Red Hat が提供するサポートが限定される可能性があります。サポートを継続するには、サポートされる環境における問題再現をお客様にお願いする場合があります。

[2] Red Hat は、Red Hat Enterprise Linux および Windows に対する Red Hat OpenJDK のサポートを制限します。

[3] Red Hat Enterprise Linux ( 5、6、7、または 8) のサポートされるメジャーバージョンでは、JBoss Fuse GA のリリース時点で利用できる最新のマイナーバージョン (5.x、6.x、7.x、または 8.x) に対してテストされています。また、Red Hat Enterprise Linux の後続のマイナーバージョン (JBoss Fuse GA の後にリリース) もサポートされます。

[4] Solaris Zones はサポートされる環境とは見なされず、物理的な Solaris システムのみがサポートされます。