Translated message

A translation of this page exists in English.

Ansible 認定コンテンツの FAQ

更新 -

以下は、Ansible Automation Platform 認定プログラムのよくある質問 (FAQ) です。以下の項目についてご質問がある場合は、ansiblepartners@redhat.com までメールでお問い合わせください。

Ansible コレクションを認定する理由

以下の理由があります。

  1. Ansible 認定プログラムにより、Red Hatとエコシステムパートナーとの間で、Ansible 認定コレクションのサポートについて共同で対応できるようになります。 エンドカスタマーは、サポートチケット (情報の要求、問題など) を Red Hat 側で作成しても、そのチケットの対応が Red Hat とエコシステムパートナー企業により行われることを期待できます。

  2. Red Hat は、認定パートナー企業が市場の認知度を高め、需要を創出し、共同販売を行えるような市場参入の利益を提供します。

  3. Ansible 認定コレクションは、Ansible Automation Hub (サブスクリプションが必要) を通して提供されます。Ansible Automation Hub は、共同でサポートされる Ansible コンテンツの一元的なリポジトリーです。認定パートナーとして、コレクションを Ansible Automation Hub に発行することで、エンドユーザーは、信頼できるオートメーションコンテンツが、周知されているサポートライフサイクルで、本番環境で使用される方法を管理できます。

ソリューションの認定方法は、「Red Hat Ansible Automation Platform Partners」 を参照してください。

コレクションの認定を受ける方法

コレクションの認定方法は、Ansible 認定ポリシーガイド (http://www.ansible.com/partners) を参照してください。

Ansible Galaxy と Ansible Automation Hub の相違点

Ansible Galaxy に公開されたコレクションは、Ansible コミュニティーにより公開された最新のコンテンツであり、関連する共同サポートの要求はありません。Ansible Galaxyは、すべてのコンテンツにアクセスする Ansible コミュニティーで推奨されるフロントエンド「ディレクトリー」です。

Automation Hub に公開されたコレクションは、Red Hat と厳選されたパートナーの共同顧客を対象としています。Automation Hub にある認定コレクションにアクセスしてダウンロードするには、Ansible サブスクリプションが必要です。認定コレクションとは、Red Hat とパートナーが適所に戦略的関係を築いており、共同してお客様をサポートする準備ができており、そのために追加のテストと検証が行われた可能性があることを意味します。

Galaxy で名前空間を要求する方法

Ansible Galaxy GitHub Issue で名前空間を要求した後、ansiblepartners@redhat.com にメールを送信してください。Ansible Galaxy へのサインアップに使用した GitHub ユーザー名を提供する必要があります。システムで検証するには、少なくとも一度ログインする必要があります。ユーザーが名前空間の管理者として追加されると、セルフサービスプロセスを介して管理者を追加できます。

Galaxy 名前空間の命名に制限はありますか?

コレクションの名前空間は、Python モジュール名の規則に従う必要があります。つまり、コレクションにはすべて小文字の短い名前を付ける必要があります。読みやすくする場合は、コレクション名にアンダースコアを使用できます。

コレクションの命名に推奨される方法はありますか?

一般的な提案は、company_name.product 形式でコレクションを作成することです。このようにして、複数の製品が会社の名前空間の下で異なるコレクションを持つ場合があります。

Ansible Automation Hub で名前空間を取得する方法

デフォルトでは、Ansible Galaxy で使用される名前空間は、Ansible パートナーチームによって Ansible Automation Hub でも使用されます。ご質問やご不明な点がございましたら、ansiblepartners@redhat.com までご連絡ください。

コレクションで健全性テストを実行する方法

Ansible Sanity テストは、静的なコード分析の実行に使用されるスクリプトとツールで構成されています。これらのテストの主な目的は、Ansible コーディングの仕様と要件を適用することです。Ansible コレクションは、次のような特定のパスにある必要があります。
{...}/ansible_collections/{namespace}/{collection}/

コレクションがその特定のパスにあることを確認する必要があります。ansible_collections という名前の空のディレクトリー、次に名前空間用のディレクトリー、最後にコレクション用のディレクトリーを使用します。

Galaxy には私のコレクションのソースコードがありますか?

いいえ、Galaxy にはコレクションのソースがありません。実際のコレクションソースは、GitHub などの Ansible Galaxy の外部に置く必要があります。Ansible Galaxy には、コレクションを公開するためのコレクションビルド tarball が含まれています。コレクションに含まれる galaxy.yml ファイルに、コミュニティユーザーのソースへのリンクを含めることができます。ここでは、ユーザーがコレクションに貢献したり、コレクションに問題を報告する場合にどこから行うかを説明しています。

Red Hat は Ansible Galaxy からダウンロードおよびインストールされたコレクションを正式にサポートしていますか?

いいえ。Galaxy からダウンロードしたコレクションにはサポート対応しておらず、コミュニティーが 100% サポートしています。このようなコレクションのユーザーおよび貢献者は、コレクションの開発者に直接連絡する必要があります。

認定コレクションに関する共同サポート契約はどのような仕組みですか?

お客様が認定コレクションで Red Hat サポートチームに問題を報告すると、Red Hat サポートは問題を切り分け、Ansible、または Ansible の使用方法に問題が存在するかどうかを確認し、問題が認定コレクションにあるかどうかも確認します。認定コレクションに問題がある場合、サポートチームは、TSANet などの合意されたツールを通じて、認定コレクションのベンダー企業側所有者に問題を転送します。

既存のモジュールまたはプラグインをコレクションに移行するにはどうすればよいですか?

ここにあるガイドに従ってコレクションの開発を開始してください。コレクションが適切に機能しているかどうかをテストするには、コレクションがどのように使用されるかを説明している、ここにある使用ガイドに従ってください。

Ansible ロールのみを含むコレクションを作成して認定できますか?

ロールのみを含むコレクションを作成して認定することができます。現在のテスト要件は、モジュールを含むコレクションに集中しており、ロールのみを含むコレクションをテストするための追加のリソースが現在進行中です。詳細はお問い合わせください。

公式ベータ版の前に、Ansible 2.10 devel ブランチをどこからダウンロードしてテストできますか?

python -m pip install --user https://github.com/ansible/ansible/archive/devel.tar.gz

インストールせずにソースから実行する手順は、ドキュメントの「Running Ansible From Source」を参照してください。

2.9 からのアップグレードはサポートされておらず、新規インストールが必要であることに注意してください。