RHEL 7 で、virt-v2v を使用して別のハイパーバイザーから KVM に仮想マシンを変換する

更新 -

このページでは、仮想マシンの変換の概要を説明し、特別な変換手順を説明しているページへのリンクを紹介します。

virt-v2v ツールは、外部ハイパーバイザーから、ディスクイメージやメタデータなどの仮想マシンを Red Hat Enterprise Linux KVM、Red Hat Enterprise Virtualization、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform で使用するために変換します。virt-v2v は、Xen および VMware ESX 環境で稼動する Red Hat Enterprise Linux および Windows ゲストを変換します。

virt-v2v は、Red Hat Enterprise Linux 7.2 で提供され、virt-v2v パッケージからインストールできます。また、Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform チャンネルの Red Hat Enterprise Linux 7.1 でも利用できます。

重要: virt-v2v は、Red Hat Enterprise Linux 7.2 でサポートされるようになりました。したがって、virt-v2v を使用する前に、virt-v2v 変換サーバー (仮想マシンを変換するマシン) を Red Hat Enterprise Linux 7.2 にアップデートすることが推奨されます。

サポートされている変換

次のオペレーティングシステムを稼動しているゲストの仮想マシンは、virt-v2v で、KVM で実行するために変換できます。

  • Red Hat Enterprise Linux 3.9
  • Red Hat Enterprise Linux 4
  • Red Hat Enterprise Linux 5
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7.1 以降
  • Windows XP
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2003
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2

注意: virt-v2v は、Debian や Ubuntu など、他の Linux オペレーティングシステムを実行する仮想マシンを変換することができますが、この変換はサポートされていません。

次のハイパーバイザーからの変換がサポートされています。

  • Red Hat Enterprise Linux 5 Xen
  • VMware vSphere ESX / ESX(i): バージョン 3.5、4.0、4.1、5.0、5.1、5.5、6.0

V2V の変換プロセス

virt-v2v は、ターゲットのハイパーバイザーに、変換された各仮想マシンのゲストを自動的に作成します。仮想マシンを変換するには以下を行います。

1. 接続先ホストを準備する

a. ホストに virt-v2v をインストールします。
b. 必要に応じて、ローカルストレージとネットワークインターフェイスを設定します。ローカルストレージ要件の詳細は、各変換シナリオの手順を参照してください。
注意: 変換サーバーとシステムとの間の外部ハイパーバイザーを使用した接続が可能な限り高速になり、待ち時間が短くなることを確認します。

2. ゲストを準備する
a. Linux ゲストの場合は、ゲストで virtio が有効になっていることを確認します。詳細は、Enabling virtio を参照してください。
b. 変換前にゲストがシャットダウンまたはオフラインになっていることを確認します。

3. コマンドラインで input および output オプションを使用して仮想マシンを変換する
a. 各変換手順の詳細は、以下を参照してください。
- Converting a VMware vCenter Linux virtual machine to KVM
- Converting a VMware vCenter Windows machine to KVM
- Converting a Linux machine on a Xen hypervisor to KVM
- Export a guest from VMware as an OVA file, and import it into KVM

b. 従来のハイパーバイザーから削除する前に、新しいゲストの機能を十分に確認してください。

関連情報

Red Hat Virtualization で実行する仮想マシンを変換する方法については、Importing a Virtual Machine from a VMware Provider を参照してください。

Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform で実行する仮想マシンを変換する方法は、Converting VMware guests to import to Red Hat Enterprise Linux OpenStack Platform を参照してください。

virt-v2v および virt-p2v を使用して別のハイパーバイザーから物理マシンを変換する方法については、Converting physical machines to KVM virtual machines using virt-p2v in RHEL7 を参照してください。