Red Hat Gluster Storage と互換性がある物理サーバー、仮想サーバー、クライアントの OS プラットフォーム

更新 -

Red Hat Gluster Storage サーバーの互換性

Red Hat は、特定のサーバーを Red Hat Gluster Storage と互換性を持たせるための一般的な基準と使用事例に特化した基準を公開しています。以下に指定した基準に基づいてオンプレミスな Red Hat Gluster Storage を実行するためのハードウェアプラットフォームを使用すると、プロダクションデプロイメントのサポートが保証されます。

サーバーが Red Hat Gluster Storage と互換性を持つための一般要件

  • Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降については Red Hat Hardware Compatibility List for Storage の一覧に記載されている。
  • (4 コア、6 コア、または 8 コアの) 2 ソケットサーバーが推奨される。
  • RAM の最小要件は、使用事例ごとに異なる。以下を参照してください。
  • サーバーベンダーまたは OEM メーカーが提供する信頼性のあるバックプレーン RAID コントローラー。
  • ハードウェアの RAID コントローラーにおける RAID 6 および RAID 1+0 サポート。
  • RAID コントローラーカードは、フラッシュベースまたはバッテリーベースのものが必要。
  • /var に別々のパーティションを作成する場合は、RHSS インストールに 1X 50 GB GB SAS ディスクが必要。
    /var のパーティションを分けない場合は 200 GB のディスクが必要。
  • データトラフィックには 1 X 10 GigE NIC が推奨される。スループットと耐性を向上させるには、2 X 10 GigE を使用した NIC ボンディングの使用が推奨される。1 GigE NIC も使用可能。
  • 冗長電源を供給する。
  • サーバーがダウンした場合でも RHS ノードと管理およびモニターできる帯域外の管理カード (オプション)。

注意:

  • データと管理トラフィックで同じインターフェイスを使用している場合は、データおよび管理でネットワークを分けることが推奨されます。

高パフォーマンスコンピューターの使用事例

  • 2u/24 (JBOD が使用されている可能性あり)
  • 15000 RPM 900GB ドライブ (2.5" インチ SAS) またはソリッドステートのディスク
  • RAM 48 GB 以上

一般的に使用されるファイルサーバーの使用事例

  • 2u/12 (JBOD が使用されている可能性あり)
  • 7200 また 10000 RPM、6 TB 以下のドライブ (3.5" SAS または SATA)
  • RAM 32 GB 以上

アーカイブの使用事例

  • 4u/60 (JBOD が使用されている可能性あり)
  • 7200 また 10000 RPM、6 TB 以下のドライブ (3.5" SAS または SATA)
  • RAM 16 GB 以上

注意:

  • 3 方向レプリケーションにおいて、JBOD 設定で 1 台のサーバーでサポートされるディスクの数は 24 個までとなります。

特定の使用事例におけるノード選択ガイドライン

コンポーネント HPC 一般使用 アーカイブ
シャーシ (特に Supermicro に適用可能)

冗長電源を供給する 2u 24x2.5" Hotswap

冗長電源を供給する 2u 12x3.5" Hotswap

冗長電源を供給する 4u 60x3.5" Hotswap

プロセッサー Intel Xeon Nehalem-Ex 以上、AMD 相当 Intel Xeon Nehalem-Ex 以上、AMD 相当 Intel Xeon Nehalem-Ex 以上、AMD 相当
ディスク 1.5K RPM SAS と 24x 2.5" 15000 RPM SAS OR SSD 7.2K/10K RPM SAS/SATA と 12x 3.5" 7200 または 10000 RPM SAS/SATA OR SSD 60x 3.5" 7200 または 10000 RPM SAS/SATA
最小 RAM 48GB 32GB 16GB
ネットワーク 2x10GigE 2x10GigE (推奨) または 2x1GigE 2x10GigE (推奨) または 2x1GigE

注意:

  • RAID6 設定では、1 ダースのドライブにすべてのデータディスクが設定されました。

信頼されるストレージプールのサイズ制限

制限 最小 最大 注記
信頼されるサーバープールのサイズ アービトレート型レプリケーションボリュームを使用すると 2 + 1 128

同期レプリケーションを使用したローカルのデータセンターで、2 つのストレージノードと、メタデータ情報だけをホストする 1 つのノードホストを使用するアービトレート型レプリケーションボリュームがサポートされます。デプロイメントのストレージプールのノードをさらに増やす計画がある場合は Red Hat までご連絡ください。

最も一般的な設定で利用できる容量

最小なし

レプリケーションを使用しない場合は 38.4 ペタバイト。128 ノードを持つ 1 つのクラスターで 2 方向レプリケーションを使用する場合は 19.2 ペタバイト。コントローラーと 6 TB SATA ドライブを持つフル実装のストレージサーバーであることが前提。ディストリビューションで分散したボリュームの場合は、36 個のディスクがサポートされます。

最大値よりも規模が大きいデプロイメントを計画している場合は Red Hat までご連絡ください。

サポートされる仮想プラットフォーム

記載されている仮想環境で実行している Red Hat Gluster Storage ノードは仮想マシンでも可能です。

仮想プラットフォーム サポートされる Red Hat Gluster Storage のリリース
Red Hat Virtualization 4.1 Red Hat Gluster Storage 3.2
Red Hat Virtualization 4.0 Red Hat Gluster Storage 3.1
Red Hat Enterprise Virtualization 3.6 Red Hat Gluster Storage 3.1
Red Hat Enterprise Virtualization 3.5 Red Hat Gluster Storage 3.1
Red Hat Enterprise Virtualization 3.4 Red Hat Gluster Storage 、Red Hat Storage 2.1/U1/U2 (互換モード)
VMware vSphere 5.x、6.x Red Hat Storage Server 3.x、Red Hat Gluster Storage (4 vCPU、16 GB RAM 以上)
VMWare ESXi 5.x、6.x Red Hat Storage Server 3.x、Red Hat Gluster Storage (4 vCPU、16 GB RAM 以上)

注意: Manager および Hypervisor の互換性の詳細は、Red Hat Enterprise Virtualization Life Cycle ページを参照してください。

サポートされるクライアントとクライアントの OS プラットフォーム

NFS または CIFS を使用している場合は、以下の OS がサポートされます。

  • Fedora および Debian ベースのすべてのディストリビューション
  • UNIX (Solaris 10+)、AIX、HP-UX
  • Microsoft Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Windows Server 2016

GlusterFS FUSE クライアントを使用する場合のサポートは以下に限定されます。

  • Red Hat Enterprise Linux 5.8 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降
  • Red Hat Enterprise Linux 7.0 以降

その他の Linux ベースクライアントの OS プラットフォームまたはディストリビューションで使用されている GlusterFS FUSE クライアントのサポートについては、以下をご確認ください。

Red Hat は、 Red Hat が提供していないネイティブの glusterfs クライアントに対してはテストを行っていません。したがって、このようなクライアントをご利用の場合、サポート範囲はサーバーに制限されます。このようなクライアントが Gluster と同じアップストリームリリースをベースにしている場合、Red Hat は、Red Hat Gluster Storage Server で使用した場合の問題について、サポートと診断を行います。この問題がクライアントに関するものと判断された場合は、RHEL システム、または NFS を使用して問題を再現することが求められる場合があります。この場合は、Red Hat ではなく、glusterfs クライアントのプロバイダーにお問合せいただくことが推奨されます。

関連情報