Warning message

This translation is outdated. For the most up-to-date information, please refer to the English version.

Red Hat Storage Server 3 でサポートされ推奨されるワークロード

更新 -

概要{#Overview}

このナレッジは、Red Hat Storage Server に最適なワークロードについて説明します。

環境

  • Red Hat Storage Server for On-premise 3
  • Red Hat Storage Server for On-premise 2.1

最適で最善なワークロード

Red Hat Storage Server は、非構造化ファイルベースのデータを持つ、信頼でき、費用効率が高いストレージに、オープンソフトウェア定義のストレージソリューションを提供します。主に、コンテンツを分配するため、そして本来はトランザクションではないワークロードに対して作られました。これは信頼性が高く、通常、以下の使用事例に関与するデプロイメントに最適なパフォーマンスを提供します。

  • Splunk Analytics ワークロードのためのコールドストレージ
  • Hadoop Analytics を実行する Hadoop Compatible ファイルシステム
  • ownCloud File Sync n' Share
  • デジタルマルチメディア (ビデオ、オーディオ、写真) の提供 (コンテンツ配信ネットワーク、オンラインラジオなど)
  • Geo レプリケーションを使用する Disaster Recovery
  • Red Hat Enterprise Virtualization に対するライブの仮想マシンイメージストア
  • (NFS、SMB、FUSE クライアントのいずれかを使用した) 大きなファイルおよびオブジェクトストア
  • アクティブなアーカイブと、ニアラインストレージ
  • Commvault Simpana に対するバックアップターゲット
  • サービスプロバイダーにおける Enterprise NAS ドロップボックス、およびオブジェクトストアまたはクラウドストレージ

回避すべきワークロード

以下のワークロードで Red Hat Storage Server を使用することは推奨されていません

  • データベースなど、トランザクションが多い
  • IOPS インテンシブ
  • 多くは書き込み、そして多くの競合に関連する
  • 多数のディレクトリベースの操作と小さいファイルに関係するワークロード

関連ナレッジ

例外、サポートされないワークロード、そしてレビュープロセスについては、Red Hat Storage Server 2.0 Exceptions & Review Process を参照してください。