マルチキャスト接続を有効にして、Cisco スイッチにおけるスプリットブレインシナリオを回避する

更新 -

Red Hat Enterprise Linux 5 以降および Red Hat Enterprise Linux 6 以降では、デフォルトでクラスター接続にマルチキャストを使用します。同様に、Red Hat Enterprise Linux 4 以降でも有効にすることもできます。Catalyst 製品などの Cisco スイッチはデフォルトで IGMP スヌーピングが有効になっていて、目的の受信者...

Subscriber exclusive content

A Red Hat subscription provides unlimited access to our knowledgebase of over 48,000 articles and solutions.

Current Customers and Partners

Log in for full access

Log In