Red Hat Enterprise Linux テクノロジーの機能と制限

更新 -

Red Hat® Enterprise Linux® を使用すると何ができますか。以下の表では、プラットフォームでサポートされる制限と理論上の制限を確認できます。

サポート上の制限は、Red Hat と、メインストリームハードウェアのパートナー企業がテストしたシステムの現在の状況を反映しています。このようなサポート上の制限に含まれていないシステムは、Red Hat とパートナー企業によるジョイントテスト後に、Hardware Catalog に追加される可能性があります。ここに記載されるサポート上の制限を超えていても、Hardware Catalog に含まれるエントリーには、システム固有の制限に関する詳細への参照が含まれ、完全にサポートされます。ハードウェア機能を反映したサポート上の制限の他にも、Red Hat Enterprise Linux サブスクリプションにより、制限が課される可能性があります。

サポート上の制限は、進行中のテストが完了すると変更する場合があります。

以下の値は、テスト済み/サポート上 [理論上] の形式になります。

論理 CPU の最大数

Red Hat では、論理 CPU を任意のスケジュール可能な実体と定義しています。したがって、マルチコア/スレッドプロセッサー上のコア/スレッドは、すべて論理 CPU です。

アーキテクチャー RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
x86 16 32 32 32 該当なし3 該当なし3
Itanium 2 8 256 [512] 256 [1024] 該当なし3 該当なし3 該当なし3
x86_64 8 64 [64] 160 [255] 448 [4096]13 768 [5120]14 768 [8192]
POWER 8 64 [128] 128 128 768 [2048]16 768 [2048]
System z 64 (z900) 64 (z10 EC) 64 (z13) 64 (z13) 256 (z13) 340 (z14)
ARM 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 256

最大メモリー

アーキテクチャーの制限は、Red Hat Enterprise Linux カーネルと物理ハードウェアの機能に基づいて設定されています。Red Hat Enterprise Linux 6 の制限は、46 ビットの物理メモリーアドレス処理に基づいて設定されています。Red Hat Enterprise Linux 5 の制限は、40 ビットの物理メモリーアドレス処理に基づいて設定されています。NUMA に対応するシステムでは、すべてのシステムメモリーが NUMA ノードで分散されます。

アーキテクチャー RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
x86 64GB1 64GB1 16GB2 16GB2 該当なし3 該当なし3
Itanium 2 128GB 2TB 2TB 該当なし3 該当なし3 該当なし3
x86_64 128GB 256GB [1TB] 1TB 12TB [64TB]11 12TB [64TB]12 24TB [64TB]
POWER 64GB 128GB [1TB] 512GB [1TB] 2TB 32TB17 32TB [128TB]
System z 256GB (z900) 1.5TB (z10 EC) 4TB (z13) 4TB (z13) 10TB (z13) 16TB (z14)
ARM 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 1.5TB [256TB]
x86 の 1 プロセスあたりの仮想アドレス領域の最大サイズ 約 4GB 約 4GB 約 3GB2 約 3GB2 該当なし3 該当なし3
x86_64 の 1 プロセスあたりの仮想アドレス領域の最大サイズ 512GB 2TB 128TB 128TB 128TB
POWER の 1 プロセスあたりの仮想アドレス領域の最大サイズ 4PB19

メモリーの最小要件

アーキテクチャー RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
x86 256MB 256MB 最小 512MB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨 最小 512MB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨 該当なし3 N/A3
Itanium 2 512MB 512MB 512MB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨 該当なし3 該当なし3 該当なし3
x86_64 256MB 256MB 最小 512MB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨 最小 1GB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨 最小 1GB/論理 CPU ごとに 1 GB 推奨18 最小 1.5GB/論理 CPU ごとに 1.5GB が推奨18
POWER 512MB 512MB 最小 1GB/推奨 2GB 最小 2GB/インストールごとに 2GB 必要 最小 2GB/インストールごとに 2GB 必要 最小 2GB/インストールごとに 2GB 必要
System z 512MB 512MB 512MB 512MB 1GB 1GB
ARM 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 該当なし 2GB

ディスク領域の最小要件

RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
800MB 800MB 最小 1GB/推奨 5GB 最小 1GB/推奨 5GB 最小 10GB/推奨 20GB 最小 10GB/推奨 20GB

ファイルシステムおよびストレージの制限

Ext3

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ファイルの最大サイズ 2TB 2TB 2TB 2TB 2TB 2TB
ファイルシステムの最大サイズ 2TB 8TB 16TB 16TB 16TB 16TB
サブディレクトリーの最大数 32000 32000 32000 32000 32000 32000
シンボリックリンクの最大深さ 8 8 8 8 8 8
ACL サポート はい はい はい はい はい はい

Ext4

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ファイルの最大サイズ -- -- 16TB 16TB 16TB 16TB
ファイルシステムの最大サイズ -- -- 16TB [1EB] 16TB [1EB] 50TB [1EB] 50TB [1EB]
サブディレクトリーの最大サイズ -- -- 65000/無制限 65000/無制限 65000/無制限 65000/無制限
シンボリックリンクの最大深さ -- -- 8 8 8 8
ACL サポート -- -- はい はい はい はい

GFS

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ファイルの最大サイズ 2TB 16TB [8EB] 16TB [8EB]4 該当なし 該当なし 該当なし
ファイルシステムの最大サイズ 2TB 16TB [8EB] 16TB [8EB]4 該当なし 該当なし 該当なし
サブディレクトリーの最大数 -- 無制限 無制限 -- -- --
シンボリックリンクの最大深さ -- 無制限 無制限 -- -- --
ACL サポート -- はい はい -- -- --

GFS2

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ファイルの最大サイズ -- -- 100TB [8EB] 100TB [8EB] 100TB [8EB] 100TB [8EB]
ファイルシステムの最大サイズ -- -- 100TB [8EB] 100TB [8EB] 100TB [8EB] 100TB [8EB]
サブディレクトリーの最大数 -- -- -- 無制限 無制限 無制限
シンボリックリンクの最大深さ -- -- -- 無制限 無制限 無制限
ACL サポート -- -- -- はい はい はい

XFS

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ファイルの最大サイズ -- -- 100TB [8EB] 100TB [8EB] 500TB [8EB] 8EB
ファイルシステムの最大サイズ -- -- 100TB [16EB] 300TB [16EB]15 500TB [16EB] 1PB
サブディレクトリーの最大数 -- -- 無制限 無制限 無制限 無制限
シンボリックリンクの最大深さ -- -- 8 8 8 8
ACL サポート 該当なし 該当なし はい はい はい はい

ストレージ

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
ブート LUN の最大サイズ (BIOS) -- -- 2TB 2TB7 2TB7 2TB
ブート LUN の最大サイズ (UEFI) -- -- 該当なし 32 ビット (i686) - 2TB
64ビット - 16TB (テスト済み制限)
50TB 8EB
デバイスパスの最大数 (sd デバイス) 256 256 9 1,024 9,10 8,192 9,10 10,000 9,10 10,000 9,10

カーネルおよび OS の機能

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
カーネル基板 Linux 2.4.21 Linux 2.6.9 Linux 2.6.18 2.6.32 - 2.6.34 3.10 4.18
コンパイラー/ツールチェーン GCC 3.2 GCC 3.4 GCC 4.1 GCC 4.4 GCC 4.8.2 GCC 8.2.1
サポートされる言語 10 15 19 22 22 TBD
NIAP/CC 認定 はい (3+) はい (4+) はい (4+) はい (4+) 評価中 (4+) 検討中
コモンクライテリア認定 KVM -- -- 評価済み 評価済み 評価中 --
IPv6 -- -- Ready Logo Phase 2 Ready Logo Phase 2 評価中 検討中
FIPS 認定 -- -- はい (7 モジュール) はい (8 はい) 評価中 (9 モジュール) 検討中
共通運用基盤 (COE) 準拠 はい はい 該当なし 該当なし 該当なし 検討中
LSB 準拠 はい - 1.3 はい - 3 はい - 3.1 はい - 4.0 評価中 (4.1) 検討中
GB18030 いいえ はい はい はい はい はい

クライアント環境

機能 RHEL 3 RHEL 4 RHEL 5 RHEL 6 RHEL 7 RHEL 8
デスクトップ GUI Gnome 2.2 Gnome 2.8 Gnome 2.16 Gnome 2.28 Gnome 3.8 Gnome 3.288
グラフィックス XFree86 X.org X.org 7.1.1 X.org 7.4 X.org 7.7 Wayland 1.158
OpenOffice v1.1 v1.1.2 v2.0.4 8 v3.2 8 LibreOffice v4.1.4 8 LibreOffice v6.0.6.18
GNOME Evolution v1.4 v2.0 v2.8.0 v2.28 v3.8.5 v3.28.58
デフォルトのブラウザー Mozilla Firefox Firefox 1.5 8 Firefox 3.6 8 Firefox 24.5 8 Firefox 60.5.18

注意

  1. SMP カーネルは、最大 16GB のメインメモリーをサポートします。16GB 以上のメインメモリーを使用するシステムは Hugemem カーネルを使用します。特定の作業負荷では、メインメモリーが 12GB 以上であるシステムで Hugemem カーネルを使用することが有益である場合があります。
  2. x86 の Hugemem は、Red Hat Enterprise Linux 5 以降のリリースでは提供されていません。
  3. Red Hat Enterprise Linux 6 以降のリリースには、Itanium 2 アーキテクチャーのサポートが含まれません。Red Hat Enterprise Linux 7 以降のリリースには、32 ビットの x86 アーキテクチャーのサポートが含まれません。
  4. クラスターに 32 ビットマシンがある場合、gfs ファイルシステムの最大サイズは 16TB です。クラスターにあるすべてのマシンが 64 ビットの場合、最大サイズは 8EB です。
  5. マシン全体で 125 CPU を公式にサポートします。
  6. Intel EPT および AMD RVI の技術サポートが必要になります。
  7. 2TB 以上のブート LUN サポートには、UEFI および GPT のサポートが必要です。詳細は https://access.redhat.com/solutions/15224 を参照してください。
  8. そのリリースのライフサイクル期間中に、ユーザー領域のアプリケーションが更新されます。
  9. 特定のハードウェアベンダーによるテストとサポートにより、さらに大きな数値が可能になります。制限についてはハードウェアベンダーにお問い合わせいただくとともに、Red Hat サポート担当者にご確認ください。ハードウェアベンダーがサポートする制限を超えたものは、Red Hat のサポート対象外となります。
  10. この制限に到達させるために、一部のドライバーのパラメーターを増やさないといけない場合があります。Red Hat サポート担当にお問い合わせください。
  11. 12TB の RAM をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 6.7 が必要です。 6TB の RAM をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 6.6 が必要です。 Red Hat Enterprise Linux 6 の以前のバージョン (Red Hat Enterprise Linux 6.3 以降) がサポートする RAM は、最大 3TB です。 Red Hat Enterprise Linux 6.3 以前の Red Hat Enterprise Linux のバージョンがサポートする RAM は、最大 1TB です。
  12. 12TB の RAM をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.2 が必要です。Red Hat Enterprise Linux 7.1 がサポートする RAM は、最大 6TB です。 Red Hat Enterprise Linux 7 の以前のバージョン (つまり Red Hat Enterprise Linux 7.0) がサポートする RAM は、最大 3TB です。
  13. 448 CPU をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 6.7 以降が必要です。以前のバージョンでサポートされる CPU の最大数は 288 個でした。
  14. 768 CPU をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.3 (Errata カーネル 3.10.0-514.26.2.el7 以降) が必要です。576 CPU をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.2 (Errata カーネル 3.10.0-327.18.2.el7 以降) が必要です。384 CPU をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.2 以降が必要です。以前のバージョンでサポートされる CPU の最大数は 288 個でした。7.2 以降は、ナレッジベースアーティクル「Memory swap occurs while the pagecache is reclaimed」を参照してください。
  15. RHEL 6.x の 300TB XFS ファイルシステムをサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 6.8 以降のバージョンが必要です。RHEL 6.7 以前でサポートされる XFS ファイルシステムのサイズ上限は 100TB でした。
  16. 768 CPU をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.5 以降、Red Hat Enterprise Linux 7.4 Extended Update Support (EUS) カーネルバージョン 3.10.0-693.25.2.el7 以降、または Red Hat Enterprise Linux 7.3 Extended Update Support (EUS) カーネルバージョン 3.10.0-514.48.1.el7 以降が必要です。Red Hat Enterprise Linux 7 の以前の更新リリースまたは EUS カーネルでサポートされる CPU の最大数は 192 個でした。
  17. 32TB の RAM をサポートするには、Red Hat Enterprise Linux 7.5 以降、Red Hat Enterprise Linux 7.4 Extended Update Support (EUS) カーネルバージョン 3.10.0-693.25.2.el7 以降、または Red Hat Enterprise Linux 7.3 Extended Update Support (EUS) カーネルバージョン 3.10.0-514.48.1.el7 以降が必要です。Red Hat Enterprise Linux 7 の以前の更新リリースまたは EUS カーネルでサポートされる RAM は、最大 2TB です。
  18. ネットワーク/PXE インストールでは、そのインストール手順に限り 1.5 GB 以上の RAM が必要です。
  19. 52 ビットの仮想アドレス処理をサポートするプロセッサーの場合です。