第13章 トラブルシューティング

OpenShift ログを表示する以外にも、そのログを参照して実行中の Decision Server xPaaS イメージコンテナーのトラブルシューティングを実行できます。これらのログはコンテナーの標準出力に出力され、以下のコマンドでアクセスできます。

$ oc logs -f <pod_name>
注記

デフォルトで、OpenShift Decision Server xPaaS イメージにはファイルログハンドラーが設定されていません。ログはコンテナーの標準出力のみに送信されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。