1.2. コンプライアンスの概要

多くの OpenShift Container Platform のお客様においては、システムが実稼働環境で使用される前に、一定レベルでの規制への対応またはコンプライアンスが必要になります。この規制対応は、国家標準、業界標準または組織の企業ガバナンスフレームワークによって課せられます。

コンプライアンスの確認

管理者は コンプライアンス Operator を使用してコンプライアンススキャンを実行し、検出された問題の修復が推奨されます。

ファイルの整合性チェック

管理者は File Integrity Operator を使用してクラスターノードでファイルの整合性チェックを継続的に実行し、変更されたファイルのログを提供できます。