RHEL システムにパッケージアップデートを適用する

更新 -

環境における留意事項

Red Hat Enterprise Linux のバージョン 6.1 および 5.7 以降に、Red Hat Subscription Management (RHSM) サービスが新たに導入されました。Red Hat Network (RHN) は廃止されました。

新規の Red Hat ユーザー、または高度なサブスクリプション情報と改善されたコンテンツアクセスを利用したいユーザーは、RHSM を使用してください。現在もまだ Red Hat Network を使用している場合は、できるだけ早く RHSM に移行することをお勧めします。Red Hat Enterprise Linux の以前のバージョンをご利用中のお客様は、引き続き RHN Classic をご利用ください。RHN に代わる RHSM の利点については、 「FAQ for Changes to Red Hat's Entitlement Platform with RHEL 6.1 and 5.7」 および 「RHSM で提供されるサブスクリプション管理サービス」 を参照してください。

前提条件

Subscription Manager {#rhsm} を使用してシステムを登録する

Red Hat Enterprise Linux 7 から Subscription Manager GUI クライアントにアクセスする場合は、アプリケーション -> システムツール -> Red Hat Subscription Manager の順に選択します。Red Hat Enterprise Linux 6 からアクセスする場合は、システム -> 管理 -> Red Hat Subscription Manager の順に選択します。コマンドラインから "subscription-manager" コマンドを使用してシステムを登録することもできます。GUI またはコマンドラインからシステムを登録する場合は、『Subscription Manager の使用および設定』 ガイドを参照してください。

ファイアウォールで RHSM を設定できることを確認してください。詳細は 「ファイアウォールまたはプロキシーから Red Hat Subscription Manager (RHSM) にアクセスする」 を参照してください。

RHSM の詳細は 『Red Hat Network サブスクリプション管理』 を参照してください。「FAQ for Changes to Red Hat's Entitlement Platform with RHEL 6.1 and 5.7」 では、概要と RHN との比較について紹介しています。

Red Hat Enterprise Linux 7 {#rhel7} にパッケージアップデートを適用します。

最新版をインストールする前に、そのシステムに関連するリリース済みのエラータがすべて適用されていることを確認してください。

Red Hat Enterprise Linux 7 でアップデートにアクセスするには、GUI のアップデートツールを起動します。メニューから、アプリケーション -> システムツール -> ソフトウェアアップデート の順に選択して起動するか、以下のコマンドでターミナルから直接起動します。

# gpk-update-viewer 

コマンドラインインターフェースとして、オペレーティングシステムをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update

vsftpd など、特定のパッケージをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

# yum install vsftpd

bind など、特定のパッケージをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update bind

yum コマンドのコマンドラインオプションの詳細については、以下のコマンドで確認してください。

# man yum

Red Hat Enterprise Linux 6 {#rhel6} にパッケージアップデートを適用する

最新版をインストールする前に、そのシステムに関連するリリース済みのエラータがすべて適用されていることを確認してください。

Red Hat Enterprise Linux 6 でアップデートにアクセスするには、GUI のアップデートツールを起動します。メニューから、システム -> 管理 -> ソフトウェア更新 の順に選択して起動するか、以下のコマンドでターミナルから直接起動します。

# gpk-update-viewer 

コマンドラインインターフェースとして、オペレーティングシステムをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update

vsftpd など、特定のパッケージをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

# yum install vsftpd

bind など、特定のパッケージをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update bind

yum コマンドのコマンドラインオプションの詳細については、以下のコマンドで確認してください。

# man yum

Red Hat Enterprise Linux 5 {#rhel5} にパッケージアップデートを適用する

最新版をインストールする前に、そのシステムに関連するリリース済みのエラータがすべて適用されていることを確認してください。

Red Hat Enterprise Linux 5 でアップデートにアクセスするには、GUI のアップデートツールを起動します。メニューから、アプリケーション -> システムツール -> ソフトウェアアップデーター の順に選択して起動するか、以下のコマンドでターミナルから直接起動します。

# pup

コマンドラインインターフェースとして、オペレーティングシステムをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update

vsftpd など、特定のパッケージをインストールするには、以下のコマンドを使用します。

# yum install vsftpd

bind など、特定のパッケージをアップデートするには、以下のコマンドを使用します。

# yum update bind

yum コマンドのコマンドラインオプションの詳細については、以下のコマンドで確認してください。

# man yum

4 Comments

パッケージをダウンロードしたいのですが、どこから可能でしょうか。

パッケージのダウンロードは下記の手順にてダウンロードが可能でございます。

     1) カスタマーポータル(https://access.redhat.com/home)にアクセス 
    2) メニューの "ダウンロード" を開き Product Downloads を表示
    3) Product Downloads 一覧から "Red Hat Enterprise Linux" を選択
    4) "packages/パッケージ" タブをクリック
    5) "Product Variant:" "Version:" "Architecture:" にてご利用の RHEL バージョンを選択
    6) テキストボックスにパッケージ名を記入して検索 
    7) 表示されたパッケージ名のリンクから、"Version:" にてダウンロードしたいバージョンを選択 
       画面で下方の「Download RPM 」よりダウンロードすることができます。  

お問い合わせについてはカスタマーポータル上部の "サポートケースを管理" を開き
"サポートケースを新規作成" からお問い合わせくださいますようお願い致します。

ダウンロードしたいのは下記になります。
java-1.7.0-openjdk-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.x86_64.rpm
java-1.7.0-openjdk-debuginfo-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.x86_64.rpm
java-1.7.0-openjdk-demo-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.x86_64.rpm
java-1.7.0-openjdk-devel-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.x86_64.rpm
java-1.7.0-openjdk-javadoc-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.noarch.rpm
java-1.7.0-openjdk-src-1.7.0.79-2.5.5.1.el6_6.x86_64.rpm

上記のコメントに返信致しました手順にてダウンロードしてください。