Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

1.2. ハイパーコンバージドノード向けのオーバークラウドロールの準備

ノードをハイパーコンバージドとして指定するには、ハイパーコンバージドロールを定義する必要があります。Red Hat OpenStack Platform (RHOSP) は、ハイパーコンバージドノード向けの事前定義されたロール ComputeHCI を提供します。このロールにより、Compute サービスと Ceph オブジェクトストレージデーモン (OSD) サービスを共存させ、同じハイパーコンバージドノード上にまとめてデプロイすることができます。

手順

  1. アンダークラウドに stack ユーザーとしてログインします。
  2. stackrc ファイルを取得します。

    [stack@director ~]$ source ~/stackrc
  3. オーバークラウドに使用するその他のロールに加えて ComputeHCI ロールが含まれる新たなカスタムロールデータファイルを生成します。以下の例では、ロールデータファイル roles_data_hci.yaml を生成します。これには、ControllerComputeHCICompute、および CephStorage ロールが含まれます。

    (undercloud)$ openstack overcloud roles \
     generate -o /home/stack/templates/roles_data_hci.yaml \
      Controller ComputeHCI Compute CephStorage
    注記

    生成されたカスタムロールデータファイルの ComputeHCI ロール用に一覧表示されるネットワークには、Compute サービスと Storage サービスの両方に必要なネットワークが含まれます。以下に例を示します。

    - name: ComputeHCI
      description: |
        Compute node role hosting Ceph OSD
      tags:
        - compute
      networks:
        InternalApi:
          subnet: internal_api_subnet
        Tenant:
          subnet: tenant_subnet
        Storage:
          subnet: storage_subnet
        StorageMgmt:
          subnet: storage_mgmt_subnet
  4. network_data.yaml ファイルのローカルコピーを作成し、コンポーザブルネットワークをオーバークラウドに追加します。network_data.yaml ファイルは、デフォルトのネットワーク環境ファイル /usr/share/openstack-tripleo-heat-templates/environments/* と対話し、ComputeHCI ロール用に定義したネットワークをハイパーコンバージドノードに関連付けます。詳しい情報は、『オーバークラウドの高度なカスタマイズ』「カスタムコンポーザブルネットワークの追加」を参照してください。
  5. Red Hat Ceph Storage のパフォーマンスを向上させるには、network_data.yaml のローカルコピーでジャンボフレーム用に Storage および StorageMgmt ネットワーク両方の MTU 設定を 9000 に更新します。詳細は、「Configuring MTU Settings in Director」および「Configuring jumbo frames」を参照してください。
  6. ハイパーコンバージドノード向けの computeHCI オーバークラウドフレーバーを作成します。

    (undercloud)$ openstack flavor create --id auto \
     --ram <ram_size_mb> --disk <disk_size_gb> \
     --vcpus <no_vcpus> computeHCI
    • <ram_size_mb> をベアメタルノードの RAM (MB 単位) に置き換えます。
    • <disk_size_gb> をベアメタルノード上のディスク容量 (GB 単位) に置き換えます。
    • <no_vcpus> をベアメタルノードの CPU 数に置き換えます。
    注記

    これらの属性は、インスタンスのスケジューリングには使用されません。ただし Compute スケジューラーは、ディスク容量を使用してルートパーティションのサイズを決定します。

  7. ノード一覧を取得して UUID を識別します。

    (undercloud)$ openstack baremetal node list
  8. ハイパーコンバージドとして指定する各ベアメタルノードに、カスタムの HCI リソースクラスをタグ付けします。

    (undercloud)$ openstack baremetal node set \
     --resource-class baremetal.HCI <node>

    <node> をベアメタルノードの ID に置き換えてください。

  9. computeHCI フレーバーをカスタムの HCI リソースクラスに関連付けます。

    (undercloud)$ openstack flavor set \
    --property resources:CUSTOM_BAREMETAL_HCI=1 \
    computeHCI

    Bare Metal サービスノードのリソースクラスに対応するカスタムリソースクラスの名前を指定するには、リソースクラスを大文字に変換し、すべての句読点をアンダースコアに置き換え、CUSTOM_ のプレフィックスを追加します。

    注記

    フレーバーが要求できるのは、ベアメタルリソースクラスの 1 つのインスタンスだけです。

  10. 以下のフレーバー属性を設定して、Compute スケジューラーがインスタンスのスケジューリングにベアメタルフレーバー属性を使用するのを防ぎます。

    (undercloud)$ openstack flavor set \
     --property resources:VCPU=0 \
     --property resources:MEMORY_MB=0 \
     --property resources:DISK_GB=0 computeHCI
  11. 以下のパラメーターを node-info.yaml ファイルに追加して、ハイパーコンバージドノードおよびコントローラーノードの数およびハイパーコンバージドおよびコントローラーに指定するノード用に使用するフレーバーを指定します。

    parameter_defaults:
      OvercloudComputeHCIFlavor: computeHCI
      ComputeHCICount: 3
      OvercloudControlFlavor: baremetal
      ControllerCount: 3

1.2.1. マルチディスククラスターのルートディスクの定義

ほとんどの Ceph Storage ノードは複数のディスクを使用します。ノードが複数のディスクを使用する場合、director はルートディスクを識別する必要があります。デフォルトのプロビジョニングプロセスでは、director はルートディスクにオーバークラウドイメージを書き込みます。

この手順を使用して、シリアル番号でルートデバイスを識別します。ルートディスクを特定するのに使用できるその他のプロパティーの詳細は、「ルートディスクを識別するプロパティー」 を参照してください。

手順

  1. 各ノードのハードウェアイントロスペクションからのディスク情報を確認します。以下のコマンドを実行して、ノードのディスク情報を表示します。

    (undercloud)$ openstack baremetal introspection data save 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0 | jq ".inventory.disks"

    たとえば、1 つのノードのデータで 3 つのディスクが表示される場合があります。

    [
      {
        "size": 299439751168,
        "rotational": true,
        "vendor": "DELL",
        "name": "/dev/sda",
        "wwn_vendor_extension": "0x1ea4dcc412a9632b",
        "wwn_with_extension": "0x61866da04f3807001ea4dcc412a9632b",
        "model": "PERC H330 Mini",
        "wwn": "0x61866da04f380700",
        "serial": "61866da04f3807001ea4dcc412a9632b"
      }
      {
        "size": 299439751168,
        "rotational": true,
        "vendor": "DELL",
        "name": "/dev/sdb",
        "wwn_vendor_extension": "0x1ea4e13c12e36ad6",
        "wwn_with_extension": "0x61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6",
        "model": "PERC H330 Mini",
        "wwn": "0x61866da04f380d00",
        "serial": "61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6"
      }
      {
        "size": 299439751168,
        "rotational": true,
        "vendor": "DELL",
        "name": "/dev/sdc",
        "wwn_vendor_extension": "0x1ea4e31e121cfb45",
        "wwn_with_extension": "0x61866da04f37fc001ea4e31e121cfb45",
        "model": "PERC H330 Mini",
        "wwn": "0x61866da04f37fc00",
        "serial": "61866da04f37fc001ea4e31e121cfb45"
      }
    ]
  2. アンダークラウドで、ノードのルートディスクを設定します。ルートディスクを定義するのに最も適切なハードウェア属性値を指定します。

    (undercloud)$ openstack baremetal node set --property root_device='{"serial":"<serial_number>"}' <node-uuid>

    たとえば、ルートデバイスをシリアル番号が 61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6 の disk 2 に設定するには、以下のコマンドを実行します。

    (undercloud)$ openstack baremetal node set --property root_device='{"serial": "61866da04f380d001ea4e13c12e36ad6"}' 1a4e30da-b6dc-499d-ba87-0bd8a3819bc0
    注記

    選択したルートディスクから起動するように各ノードの BIOS を設定します。最初にネットワークからのブートを試み、次にルートディスクからのブートを試みるように、ブート順序を設定します。

director は、ルートディスクとして使用する特定のディスクを把握します。openstack overcloud deploy コマンドを実行すると、director はオーバークラウドをプロビジョニングし、ルートディスクにオーバークラウドのイメージを書き込みます。

1.2.1.1. ルートディスクを識別するプロパティー

以下の属性を定義すると、director がルートディスクを特定するのに役立ちます。

  • model (文字列): デバイスの ID
  • vendor (文字列): デバイスのベンダー
  • serial (文字列): ディスクのシリアル番号
  • hctl (文字列): SCSI のホスト、チャンネル、ターゲット、Lun
  • size (整数):デバイスのサイズ (GB 単位)
  • wwn (文字列): 一意のストレージ ID
  • wwn_with_extension (文字列): ベンダー拡張子を追加した一意のストレージ ID
  • wwn_vendor_extension (文字列): 一意のベンダーストレージ ID
  • rotational (ブール値): 回転式デバイス (HDD) には true、そうでない場合 (SSD) には false。
  • name (文字列): デバイス名 (例: /dev/sdb1)。
重要

name プロパティーは、永続デバイス名が付いたデバイスにのみ使用します。他のデバイスのルートディスクを設定する際に、name を使用しないでください。この値は、ノードのブート時に変更される可能性があります。