3.4. 配置グループの自動スケーリング

プール内の配置グループ (PG) 数では、クラスターのピアがデータおよびリバランスの分散方法などの重要な役割を果たします。

PG 数の自動スケーリングにより、クラスターの管理が容易になります。pg-autoscaling コマンドは、PG のスケーリングの推奨事項を示します。または、クラスターの使用状況に応じて PG を自動的にスケーリングします。

3.4.1. 配置グループの自動スケーリング

auto-scaler の仕組み

auto-scaler はプールを分析し、サブツリーごとに調整します。各プールは異なる CRUSH ルールにマップされ、各ルールは異なるデバイスにデータを分散できるため、Ceph は階層の各サブツリーを独立して使用することを考慮します。たとえば、クラス ssd の OSD にマップするプールと hdd クラスの OSD にマップするプールは、それぞれがそれぞれのデバイスタイプの数に依存する最適な PG 数を持ちます。