Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

Identity Management の計画

Red Hat Enterprise Linux 8

Identity Management の計画およびアクセス制御設定のガイド

Red Hat Customer Content Services

概要

本書は、Red Hat Enterprise Linux 8 における Identity Management サービスの計画を説明します。本書の現行バージョンには、厳選されたユーザーストーリーが含まれています。

Red Hat ドキュメントへのフィードバック (英語のみ)

ご意見ご要望をお聞かせください。ドキュメントの改善点はございませんか。改善点を報告する場合は、以下のように行います。

  • 特定の文章に簡単なコメントを記入する場合は、以下の手順を行います。

    1. ドキュメントの表示が Multi-page HTML 形式になっていて、ドキュメントの右上端に Feedback ボタンがあることを確認してください。
    2. マウスカーソルで、コメントを追加する部分を強調表示します。
    3. そのテキストの下に表示される Add Feedback ポップアップをクリックします。
    4. 表示される手順に従ってください。
  • より詳細なフィードバックを行う場合は、Bugzilla のチケットを作成します。

    1. Bugzilla の Web サイトにアクセスします。
    2. Component で Documentation を選択します。
    3. Description フィールドに、ドキュメントの改善に関するご意見を記入してください。ドキュメントの該当部分へのリンクも記入してください。
    4. Submit Bug をクリックします。

第1章 RHEL における IdM およびアクセス制御の計画の概要

本セクションでは、Red Hat Enterprise Linux における ID 管理 (IdM) およびアクセス制御のオプションの概要を説明します。本セクションを読むことで、お使いの環境に合わせた計画の準備が行えます。

1.1. IdM の概要

本モジュールでは、Red Hat Enterprise Linux における Identity Management (IdM) の目的を説明します。また、IdM ドメイン (およびこのドメインに含まれるクライアントおよびサーバーのマシン) に関する基本的な情報も提供します。

Red Hat Enterprise Linux における IdM の目的

Red Hat Enterprise Linux の IdM は、Linux ベースのドメイン内で ID ストア、認証ポリシー、および認可ポリシーを一元管理する方法を提供します。IdM は、異なるサービスを個別に管理するオーバーヘッドと、異なるマシンで異なるツールを使用するオーバーヘッドを大幅に削減します。

IdM は、以下に対応する数少ない集中型 ID、ポリシー、および認証ソフトウェアです。

  • Linux オペレーティングシステム環境の高度な機能
  • Linux マシンの大規模なグループの一元化
  • Active Directory とのネイティブな統合

IdM は、Linux ベースおよび Linux 制御のドメインを作成します。

  • IdM は、既存のネイティブ Linux ツールとプロトコルを基盤とします。独自のプロセスと設定がありますが、その基盤となる技術は Linux システムで十分に確立されおり、Linux 管理者から信頼されています。
  • IdM サーバーおよびクライアントは Red Hat Enterprise Linux マシンです。IdM クライアントは、標準プロトコルに対応してさえいれば別の Linux および UNIX のディストリビューションにすることもできます。Windows クライアントは IdM ドメインのメンバーにはなれませんが、Active Directory (AD) が管理する Windows システムにログインしているユーザーは、Linux クライアントに接続したり、IdM が管理するサーバーにアクセスしたりできます。これは、AD ドメインと IdM ドメインとの間に、フォレスト間の信頼関係を確立することで実現します。

複数の Linux サーバーにおける ID およびポリシーの管理

IdM を使用しない場合 - 各サーバーが個別に管理されます。パスワードはすべてローカルマシンに保存されます。IT 管理者は、すべてのマシンでユーザーを管理し、認証ポリシーおよび認可ポリシーを別々に設定し、ローカルパスワードを維持します。ただし、多くの場合は、AD を用いた直接統合など、その他の集中型ソリューションを使用することになります。システムは、複数のソリューションを使用して AD に直接統合できます。

  • レガシーの Linux ツール (使用は推奨されません)
  • Samba winbind に基づくソリューション (特定のユースケースでのみ推奨)
  • サードパーティー製ソフトウェアに基づくソリューション (通常は、他のベンダーのライセンスが必要)
  • SSSD に基づくソリューション (ネイティブ Linux と、ほとんどのユースケースに推奨)

IdM を使用する場合 - IT 管理者は以下が可能になります。

  • ID を一か所で管理 - IdM サーバー
  • 複数のマシンで同時にポリシーを均一に適用
  • ホストベースのアクセス制御、委譲などのルールを使用してユーザーに異なるアクセスレベルを設定
  • 権限昇格ルールの一元管理
  • ホームディレクトリーのマウント方法の定義

エンタープライズ SSO

IdM Enterprise の場合、シングルサインオン (SSO) は Kerberos プロトコルを使用して実装されます。このプロトコルは、インフラストラクチャーレベルで一般的であり、SSH、LDAP、NFS、CUPS、DNS などのサービスで SSO を有効にします。別の Web スタック (Apache、EAP、Django など) を使用した Web サービスでも、SSO に Kerberos を使用できます。ただし、実際には、Web アプリケーションには SSO を基にした OpenID Connect または SAML を使用する方が便利です。2 つの層をブリッジするには、Kerberos 認証を OpenID Connect チケットまたは SAML アサーションに変換できる Identity Provider (IdP) ソリューションをデプロイすることが推奨されます。Red Hat の SSO 技術は、このような IdP の例における Keycloak オープンソースプロジェクトに基づいています。

IdM を使用しない場合 - ユーザーはシステムにログインし、サービスやアプリケーションにアクセスする度にパスワードを求められます。これらのパスワードは異なる場合もあるため、アプリケーションごとに使用する認証情報を覚えている必要があります。

IdM を使用する場合 - システムにログインすると、認証情報を繰り返し聞かれることなく、複数のサービスやアプリケーションにアクセスできます。これにより、以下が可能になります。

  • ユーザビリティーの向上
  • パスワードを書き留めたり安全でない場所に保存したりすることによるセキュリティーリスクの低減
  • ユーザーの生産性向上

Linux と Windows の混合環境の管理

IdM を使用しない場合 - Windows システムは AD フォレストで管理されますが、開発、実稼働環境などのチームは Linux システムを多数使用します。Linux システムは、AD 環境から除外されます。

IdM を使用する場合 - IT 管理者は以下が可能になります。

  • ネイティブの Linux ツールを使用して Linux システムを管理する
  • Active Directory により一元管理されている環境に Linux システムを統合して、一元管理されたユーザーストアを保護する
  • 規模に応じて、または必要に応じて、新しい Linux システムを簡単にデプロイする
  • 他のチームに依存することなく遅延を回避しながら、ビジネスニーズに迅速に対応し、Linux インフラストラクチャーの管理に関連する決定を下す

IdM と標準 LDAP ディレクトリーの比較

Red Hat Directory Server などの標準 LDAP ディレクトリーは汎用ディレクトリーで、幅広いユースケースに適用するようにカスタマイズできます。

  • スキーマー - ユーザー、マシン、ネットワークエンティティー、物理的設備、建物といった非常に幅広いエントリー用にカスタマイズ可能な柔軟性のあるスキーマー
  • 典型的な使用例 - インターネット上でサービスを提供するビジネスアプリケーションなど、他のアプリケーションのデータを保存するバックエンドのディレクトリー

IdM には、企業内 ID と、その ID に関連する認証ポリシーおよび認可ポリシーを管理するという特定の目的があります。

  • スキーマー - ユーザーやマシンの ID のエントリーといった特定の目的に関連するエントリーセットを定義する特定のスキーマ
  • 典型的な使用例 - 企業やプロジェクトの境界内におけるアイデンティティーを管理する ID および認証サーバー

Red Hat Directory Server と IdM では、基礎となるディレクトリーサーバーの技術は同じです。ただし、IdM は企業内の ID 管理用に最適化されています。これにより全般的な拡張性は制限されますが、シンプルな設定、リソース管理の自動化の改善、企業の ID 管理における効率性の向上などの利点がもたらされます。

関連資料

1.2. IdM のサーバーおよびクライアントの概要

Identity Management (IdM) ドメインには、以下のタイプのシステムが含まれます。

IdM サーバー

IdM サーバーは、ドメインコントローラー (DC) として機能する Red Hat Enterprise Linux システムです。ほとんどのデプロイメントでは、IdM サーバーとともに統合認証局 (CA) がインストールされています。

サーバーは、ID 情報およびポリシー情報の中央リポジトリーです。また、ドメインメンバーが使用するサービスをホストします。

IdM クライアント

IdM クライアントは、サーバーに登録され、このサーバーで IdM サービスを使用するように設定された Red Hat Enterprise Linux システムです。

クライアントは、IdM サーバーと対話して、そのサーバーが提供するサービスにアクセスします。たとえば、クライアントは、Kerberos プロトコルを使用して認証を実行し、企業のシングルサインオン (SSO) のチケットを取得し、LDAP を使用して ID 情報およびポリシー情報を取得し、DNS を使用してサーバーとサービスの場所と、その接続方法を検出します。

IdM サーバーは、組み込み IdM クライアントでもあります。クライアントが自身に登録されるため、サーバーは、他のクライアントと同じ機能を提供します。

冗長性と可用性だけでなく、多数のクライアントにサービスを提供するため、IdM では 1 つのドメインに複数の IdM サーバーをデプロイできます。最大 60 台のサーバーをデプロイできます。これは、IdM ドメインで現在サポートされている、レプリカとも呼ばれる IdM サーバーの最大数です。IdM サーバーは、クライアントにさまざまなサービスを提供します。すべてのサーバーが、可能なサービスをすべて提供する必要があるわけではありません。Kerberos や LDAP などの一部のサーバーコンポーネントは、常にすべてのサーバーで利用できます。その他のサービス (CA、DNS、Trust Controller、Vault など) は必要に応じて使用します。つまり、デプロイメントでは、通常、さまざまなサーバーがさまざまな役割を果たしています。

ドメインを作成するのにインストールする最初のサーバーは マスターサーバー になります。IdM トポロジーに統合 CA が含まれている場合、このサーバーは CRL (Certificate Revocation List) 生成マスター および CA 更新マスター になります。これは、CA サブシステムの証明書および鍵の追跡と、CRL の生成を担当するドメイン内の唯一のシステムです。

重要

トポロジーでは、CRL 生成マスターの役割を担うのは 1 台のサーバーに限定されるため、重要です。

管理者は、冗長性および負荷分散のために、既存のサーバー (マスターサーバーまたは別のレプリカ) の レプリカ を作成することで、追加サーバーを作成します。レプリカの作成時、IdM は既存サーバーの設定を複製します。レプリカは、ユーザー、システム、証明書、設定されたポリシーなど、そのコア設定を初期サーバーと共有します。

注記

レプリカと、そのレプリカを作成したサーバーは、CRL 生成マスターの役割を除き機能的に同じです。そのため、ここでは サーバー レプリカ という用語を、文脈に応じて同じ意味で使用します。

1.3. RHEL における IdM およびアクセス制御: 中央対ローカル

Red Hat Enterprise Linux では、システムのドメイン全体に集中型のツールを使用するか、1 台のシステムにローカルのツールを使用して、ID およびアクセス制御ポリシーを管理できます。

複数の Red Hat Enterprise Linux サーバーにおける ID およびポリシーの管理 (IdM の使用にかかわらず)

IT 管理者は、IdM で以下が可能になります。

  • ID とグループ化メカニズムを一か所 (IdM サーバー) で管理
  • パスワード、PKI 証明書、OTP トークン、SSH 鍵などのさまざまな種類の認証情報を一元管理
  • 複数のマシンで同時にポリシーを均一に適用
  • 外部の Active Directory ユーザー用に、POSIX およびその他の属性を管理
  • ホストベースのアクセス制御、委譲などのルールを使用してユーザーに異なるアクセスレベルを設定
  • 特権昇格規則 (sudo) と必須アクセス制御 (SELinux ユーザーマッピング) の一元管理
  • 中央の PKI インフラストラクチャーおよび秘密ストアの維持
  • ホームディレクトリーのマウント方法の定義

IdM を使用しない場合は、以下のようになります。

  • 各サーバーは別々に管理されます。
  • パスワードはすべてローカルマシンに保存されます。
  • IT 管理者は、すべてのマシンでユーザーを管理し、認証ポリシーおよび認可ポリシーを別々に設定し、ローカルパスワードを維持します。

1.4. 関連情報

第2章 レプリカトポロジーの計画

以下のセクションでは、ユースケースに適したレプリカトポロジーを決定するヒントを紹介します。

2.1. 高性能および災害復旧のソリューションとなる複数のレプリカサーバー

Identity Management (IdM) サービスの継続的な機能および高可用性は、リソースにアクセスするユーザーに不可欠です。ロードバランスを介して IdM インフラストラクチャーの継続的な機能および高可用性を実現する組み込みソリューションの 1 つは、マスターサーバーのレプリカサーバーを作成して中央ディレクトリーを複製することです。

IdM を使用すると、企業の組織構造を反映するために、地理的に分散したデータセンターに追加のサーバーを配置できます。このようにして、IdM クライアントと、アクセスできる一番近いサーバーとの間のパスが短くなります。さらに、複数のサーバーを使用することで、負荷を分散し、より多くのクライアントに拡張できます。

複数の冗長な IdM サーバーを維持し、それらを互いに複製させることも、サーバーの損失を軽減または防止するための一般的なバックアップメカニズムです。たとえば、1 台のサーバーに障害が発生しても、その他のサーバーがドメインにサービスを提供し続けます。障害が発生していないサーバーの 1 台から新しいレプリカを作成し、失われたサーバーを回復することもできます。

2.2. IdM のサーバーおよびクライアントの概要

Identity Management (IdM) ドメインには、以下のタイプのシステムが含まれます。

IdM サーバー

IdM サーバーは、ドメインコントローラー (DC) として機能する Red Hat Enterprise Linux システムです。ほとんどのデプロイメントでは、IdM サーバーとともに統合認証局 (CA) がインストールされています。

サーバーは、ID 情報およびポリシー情報の中央リポジトリーです。また、ドメインメンバーが使用するサービスをホストします。

IdM クライアント

IdM クライアントは、サーバーに登録され、このサーバーで IdM サービスを使用するように設定された Red Hat Enterprise Linux システムです。

クライアントは、IdM サーバーと対話して、そのサーバーが提供するサービスにアクセスします。たとえば、クライアントは、Kerberos プロトコルを使用して認証を実行し、企業のシングルサインオン (SSO) のチケットを取得し、LDAP を使用して ID 情報およびポリシー情報を取得し、DNS を使用してサーバーとサービスの場所と、その接続方法を検出します。

IdM サーバーは、組み込み IdM クライアントでもあります。クライアントが自身に登録されるため、サーバーは、他のクライアントと同じ機能を提供します。

冗長性と可用性だけでなく、多数のクライアントにサービスを提供するため、IdM では 1 つのドメインに複数の IdM サーバーをデプロイできます。最大 60 台のサーバーをデプロイできます。これは、IdM ドメインで現在サポートされている、レプリカとも呼ばれる IdM サーバーの最大数です。IdM サーバーは、クライアントにさまざまなサービスを提供します。すべてのサーバーが、可能なサービスをすべて提供する必要があるわけではありません。Kerberos や LDAP などの一部のサーバーコンポーネントは、常にすべてのサーバーで利用できます。その他のサービス (CA、DNS、Trust Controller、Vault など) は必要に応じて使用します。つまり、デプロイメントでは、通常、さまざまなサーバーがさまざまな役割を果たしています。

ドメインを作成するのにインストールする最初のサーバーは マスターサーバー になります。IdM トポロジーに統合 CA が含まれている場合、このサーバーは CRL (Certificate Revocation List) 生成マスター および CA 更新マスター になります。これは、CA サブシステムの証明書および鍵の追跡と、CRL の生成を担当するドメイン内の唯一のシステムです。

重要

トポロジーでは、CRL 生成マスターの役割を担うのは 1 台のサーバーに限定されるため、重要です。

管理者は、冗長性および負荷分散のために、既存のサーバー (マスターサーバーまたは別のレプリカ) の レプリカ を作成することで、追加サーバーを作成します。レプリカの作成時、IdM は既存サーバーの設定を複製します。レプリカは、ユーザー、システム、証明書、設定されたポリシーなど、そのコア設定を初期サーバーと共有します。

注記

レプリカと、そのレプリカを作成したサーバーは、CRL 生成マスターの役割を除き機能的に同じです。そのため、ここでは サーバー レプリカ という用語を、文脈に応じて同じ意味で使用します。

2.3. レプリカ合意

管理者が、既存のサーバーに基づいてレプリカを作成すると、Identity Management (IdM) は、初期サーバーとレプリカとの間に レプリカ合意 を作成します。レプリカ合意は、データと設定が 2 台のサーバー間で継続的に複製されることを保証します。

レプリカ合意は常に双方向のものです。1 台目のサーバーから 2 台目のサーバーにデータが複製されるだけでなく、2 台目のサーバーから 1 台目のサーバーにもデータが複製されます。

IdM は、マルチマスターレプリケーション を使用します。マルチマスターレプリケーションでは、レプリカ合意に参加している全レプリカが更新を受け取るため、データマスターと見なされます。

図2.1 サーバーとレプリカ合意

ipa レプリカ

IdM は、2 種類のレプリカ合意を使用します。

ドメインのレプリカ合意
この合意は、識別情報を複製します。
証明書のレプリカ合意
この合意は、証明書情報を複製します。

両方の複製チャンネルは独立しています。2 台のサーバー間で、いずれかまたは両方の種類のレプリカ合意を設定できます。たとえば、サーバー A とサーバー B にドメインレプリカ合意のみが構成されている場合は、証明書情報ではなく ID 情報だけが複製されます。

2.4. 適切なレプリカ数の決定

各データセンターに少なくとも 2 つのレプリカを設定 (必須要件ではありません)
データセンターは、たとえば、本社または地理的な位置 (領域) に置かれます。
クライアントにサービスを提供するために十分な数のサーバーを設定
1 台の Identity Management (IdM) サーバーで 2000 ~ 3000 台のクライアントにサービスを提供できます。ここでは、クライアントがサーバーに対して 1 日に複数回クエリーする (毎分ではありません) ことを想定しています。より頻繁なクエリーが予想される場合は、より多くのサーバーを計画してください。
1 つの IdM ドメインに最大 60 台のレプリカを設定
Red Hat は、レプリカが最大 60 台含まれる環境をサポートしています。

2.5. トポロジー内でレプリカの接続

1 台のレプリカを少なくとも 2 つのレプリカに接続
追加のレプリカ合意を設定すると、初期レプリカとマスターサーバーとの間だけでなく、他のレプリカ間でも情報が複製されます。
レプリカを、その他のレプリカ (最大 4 つ) に接続 (必須要件ではありません)

サーバーごとに多数のレプリカ合意を行っても、それ以上に大きな利点はありません。1 つのコンシューマーレプリカを一度に更新できるのは、1 つのレプリカだけです。その間、他のレプリカ合意はアイドル状態です。

レプリカ合意を設定しすぎると、全体的なパフォーマンスが低下する可能性もあります。

データセンター内のレプリカを互いに接続
これにより、データセンター間のドメインレプリケーションが保証されます。
各データセンターを少なくとも 2 つの他のデータセンターに接続
これにより、データセンター間のドメインレプリケーションが保証されます。
少なくとも一対のレプリカ合意を使用してデータセンターを接続
データセンター A および B に、A1 への B1 までのレプリカ合意がある場合は、A2 から B2 へのレプリカ合意があれば、いずれかのサーバーがダウンしても、2 つのデータセンター間でレプリケーションを続行できます。

2.6. レプリカトポロジーの例

以下の図は、信頼できるトポロジーを作成するガイドラインに基づく Identity Management (IdM) トポロジーの例を示しています。

図2.2「レプリカトポロジーの例 1」には 4 つのデータセンターがあり、各データセンターに 4 つのサーバーがあります。このサーバーは、レプリカ合意に接続しています。

図2.2 レプリカトポロジーの例 1

レプリカトポロジーの例 1



図2.3「レプリカトポロジーの例 2」には、所有するサーバー数が異なる 3 つのデータセンターが表示されます。このサーバーは、レプリカ合意に接続しています。

図2.3 レプリカトポロジーの例 2

レプリカトポロジーの例 2

2.7. 非表示のレプリカモード

デフォルトでは、新しいレプリカを設定すると、インストーラーは DNS にサービス (SRV) リソースレコードを自動的に作成します。このレコードにより、クライアントはレプリカとそのサービスを自動検出できます。非表示のレプリカは、稼働中および利用できるすべてのサービスを持つ IdM サーバーです。ただし、DNS に SRV レコードがなく、LDAP サーバーロールが有効になっていません。そのため、クライアントはサービス検出を使用して非表示のレプリカを検出することができません。

注記

非表示のレプリカ機能は、テクノロジープレビューとして Red Hat Enterprise Linux 8.1 以降で利用でき、サポート対象外となります。

非表示のレプリカは、主にクライアントを中断できる専用のサービス用に設計されています。たとえば、IdM の完全バックアップは、マスターまたはレプリカ上のすべての IdM サービスをシャットダウンする必要があります。非表示のレプリカを使用するクライアントはないため、管理者はクライアントに影響を与えることなく、このホスト上のサービスを一時的にシャットダウンできます。その他のユースケースには、大量インポートや詳細なクエリーなど、IdM API または LDAP サーバーの高負荷操作が含まれます。レプリカを非表示としてインストールするには、--hidden-replica パラメーターを ipa-replica-install コマンドに渡します。

レプリカのインストールに関する詳細は、「Identity Management レプリカのインストール」を参照してください。

または、既存のレプリカの状態を変更することもできます。詳細は「Demoting or promoting hidden replicas」を参照してください。

第3章 DNS サービスとホスト名の計画

Identity Management (IdM) は、IdM サーバーにさまざまな DNS 設定を提供します。以下のセクションでは、各設定を説明し、ユースケースに最適なものを判断するためのアドバイスを提供します。

3.1. IdM サーバーで利用可能な DNS サービス

Identity Management サーバー (IdM) は、統合 DNS の使用に関わらずインストールできます。

表3.1 統合 DNS がある IdM と統合 DNS のない IdM の比較

 統合 DNS のあるサーバー統合 DNS ないサーバー

概要:

IdM は、IdM ドメインに独自の DNS サービスを実行します。

IdM は、外部 DNS サーバーが提供する DNS サービスを使用します。

制限:

IdM が提供する統合 DNS サーバーは、IdM のデプロイメントとメンテナンスに関連する機能のみに対応します。高度な DNS 機能の一部には対応していません。汎用の DNS サーバーとして使用することは意図されていません。

DNS は、ネイティブの IdM ツールとは統合されません。たとえば、IdM は、トポロジーの変更後に DNS レコードを自動的に更新しません。

最適な条件:

IdM デプロイメントにおける基本的な使用方法。

IdM サーバーで DNS を管理する際に、DNS はネイティブの IdM ツールと密接に統合されるため、DNS レコードの管理タスクの一部を自動化できます。

IdM DNS のスコープを超える高度な DNS 機能が必要な環境。

外部 DNS サーバーの使用を維持する必要のある、適切に確立された DNS インフラストラクチャーがある環境。

Identity Management サーバーがマスター DNS サーバーとして使用されている場合でも、その他の外部 DNS サーバーはスレーブサーバーとしても使用できます。たとえば、Active Directory (AD) と統合されている DNS サーバーなどの別の DNS サーバーを、環境がすでに使用している場合は、IdM のプライマリードメインのみを、IdM と統合している DNS に委譲できます。DNS ゾーンの IdM DNS への移行は必要ありません。

3.2. DNS ドメイン名および Kerberos レルム名を計画するためのガイドライン

最初の Identity Management (IdM) サーバーをインストールする場合は、インストールに、IdM ドメイン名および Kerberos レルム名の入力が求められます。このセクションのガイドラインは、名前を正しく設定するのに役に立ちます。

警告

サーバーをインストールしてから、IdM のプライマリードメイン名および Kerberos レルム名を変更することはできません。この名前を変更し (例: lab.example.com から production.example.com へ)、テスト環境で実稼働環境に移行することは意図していません。

サービスレコード用の個別の DNS ドメイン
IdM に使用されている プライマリー DNS ドメイン が他のシステムと共有されていないことを確認してください。これにより、DNS レベルでの競合が回避されます。
適切な DNS ドメイン名委譲
DNS ドメインのパブリック DNS ツリーで有効な委任があることを確認します。プライベートネットワーク上でも委譲されていないドメイン名は使用しないでください。
マルチラベルの DNS ドメイン
シングルラベルのドメイン名 (.company など) は使用しないでください。IdMドメインは、トップレベルドメインと、1 つ以上のサブドメイン (example.comcompany.example.com など) で構成する必要があります。
一意の Kerberos レルム名
レルム名が、Active Directory (AD) が使用する名前など、その他の既存の Kerberos レルム名と競合していないことを確認します。
Kerberos レルム名 (プライマリー DNS 名の大文字バージョン)

レルム名を、プライマリー DNS ドメイン名 (example.com) の大文字 (EXAMPLE.COM) に設定することを検討してください。

警告

Kerberos レルム名をプライマリー DNS 名の大文字に設定しない場合は、AD 信頼を使用することができません。

DNS ドメイン名および Kerberos レルム名の計画に関する注意点

  • IdM デプロイメントでは、常に Kerberos レルムが 1 つだけ使用されます。
  • 複数の DNS ドメイン (example.comexample.netexample.org) にある IdM クライアントを、 1 つの Kerberos レルム (EXAMPLE.COM) に統合できます。
  • IdM クライアントは、プライマリー DNS ドメインに置く必要がありません。たとえば、IdM ドメインが idm.example.com の場合、クライアントは clients.example.com ドメインに指定できますが、DNS ドメインと Kerberos レルムとの間でマッピングを設定する必要があります。

    注記

    マッピングを作成する標準的な方法は、_kerberos TXT DNS レコードを使用することです。IdM 統合 DNS は、このレコードを自動的に追加します。

第4章 CA サービスの計画

Red Hat Enterprise Linux の Identity Management (IdM) は、さまざまな認証局 (CA) 設定を提供します。以下のセクションでは、さまざまなシナリオを紹介し、ユースケースに最適な設定を選択するのに役に立つアドバイスを提供します。

4.1. IdM サーバーで利用可能な CA サービス

Identity Management (IdM) サーバーは、統合 IdM 認証局 (CA) を使用、または使用せずにインストールできます。

表4.1 統合 CA を使用した IdM と、CA を使用しない IdM の比較

 統合 CA ありCA なし

概要:

IdM は、独自の公開鍵インフラストラクチャー (PKI) サービスを CA 署名の証明書 と共に使用して、IdM ドメインで証明書を作成して署名します。

  • ルート CA が統合 CA の場合、IdM は自己署名の CA 証明書を使用します。
  • ルート CA が外部 CA の場合、統合 IdM CA は外部 CA の下位局になります。IdM が使用する CA 証明書は外部 CA により署名されますが、IdM ドメインのすべての証明書は、統合証明書システムインスタンスにより発行されます。
  • 統合 CA は、ユーザー、ホスト、またはサービスの証明書を発行することもできます。

外部 CA は、企業 CA またはサードパーティーの CA です。

IdM は独自の CA を設定しませんが、外部 CA の署名付きホスト証明書を使用します。

CA を使用せずにサーバーをインストールするには、サードパーティーの認証局から以下の証明書を要求する必要があります。

  • LDAP サーバー証明書
  • Apache サーバー証明書
  • PKINIT 証明書
  • LDAP および Apache のサーバー証明書を発行した CA の完全な CA 証明書チェーン

制限:

統合 CA が外部 CA の下位局になる場合、IdM ドメインで発行された証明書は、以下を含むさまざまな証明書属性用の外部 CA により設定される制限の影響を受ける可能性があります。

  • 有効期間
  • IDM CA またはその下位局が発行する証明書に表示されるサブジェクト名に関する制約
  • IDM CA 自身が中間 CA 証明書を発行するかどうか、または中間証明書チェーンがどのぐらい深くなるかに関する制約

IdM 以外で証明書を管理すると、以下のような多くの追加アクティビティーが発生します。

  • 証明書の作成、アップロード、および更新は手動のプロセスです。
  • certmonger サービスは、IPA 証明書 (LDAP サーバー、Apache サーバー、および PKINIT 証明書) を追跡せず、証明書が期限切れになる際に通知がされません。管理者は、外部に発行される証明書に関する通知を手動で設定したり、certmonger が証明書を追跡する必要がある場合に証明書の追跡要求を設定したりする必要があります。

最適な条件:

証明書インフラストラクチャーを作成および使用できるようにする環境。

インフラストラクチャーの制限により、サーバーと統合されている証明書サービスをインストールすることができない場合は、非常に稀なケースとなります。

注記

自己署名の CA から外部署名の CA への切り替え (またはその逆)、もしくは IdM CA 証明書を発行する外部 CA の変更は、インストール後も可能になります。CA を使用せずにインストールしてから、統合 CA を設定することもできます。

4.2. CA 発行先 DN

認証局 (CA) 発行先識別名 (DN) は CA の名前です。Identity Management CA インフラストラクチャーではグローバルに一意である必要があり、インストール後に変更することはできません。IdM CA を外部に署名する必要がある場合は、外部 CA の管理者に、IdM CA 発行先識別名の形式を問い合わせる必要がでてくる場合もあります。

4.3. CA サービスの配布ガイドライン

以下の手順は、認証局 (CA) サービス配布のガイドラインを提供します。

  • トポロジー内の複数のサーバーに CA サービスをインストールします。

CA を使用せずに設定されたレプリカは、トポロジー内のすべての証明書操作要求を CA サーバーに転送します。

警告

CA を使用するすべてのサーバーが失われると、すべての CA 設定が失われ、復元できなくなります。この場合は、新規 CA を設定して、新しい証明書をインストールする必要があります。

  • デプロイメントで CA 要求を処理するのに十分な数の CA サーバーを維持します。

推奨事項は、以下の表を参照してください。

表4.2 適切な CA サーバー数を設定するためのガイドライン

デプロイメントの説明CA サーバーの推奨数

発行された証明書の数が非常に多いデプロイメント

3 台から 4 台の CA サーバー

複数のリージョン間での帯域幅または可用性問題があるデプロイメント

リージョンごとに、デプロイメント用に合計 3 台以上のサーバーを持つ 1 台の CA サーバー

その他すべてのデプロイメント

2 台の CA サーバー

第5章 AD を使用した統合の計画

以下のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux と Active Directory (AD) を統合するためのオプションを紹介します。

5.1. 直接的な統合

直接統合では、Linux システムは、Active Directory (AD) に直接接続されています。次の種類の統合が可能です。

System Security Services Daemon (SSSD) との統合

SSSD は、Linux システムをさまざまな ID および認証ストア (AD、Identity Management (IdM)、もしくは汎用の LDAP サーバーまたは Kerberos サーバー) に接続できます。

SSSD の統合に関する重要な要件

  • AD と統合すると、SSSD は、デフォルトで 1 つの AD フォレスト内でのみ機能します。マルチフォレストを設定する場合は、ドメインのエミュレーションを手動で設定します。
  • idmap_ad プラグインがリモートフォレストユーザーを正常に処理するには、リモートの AD フォレストがローカルフォレストを信頼する必要があります。

SSSD は、直接統合と間接統合の両方に対応します。また、莫大な移行コストをかけずに、ある統合アプローチから別のアプローチへ切り替えることもできます。

Samba Winbind との統合

Samba スイートの Winbind コンポーネントは、Linux システムで Windows クライアントをエミュレートし、AD サーバーと通信します。

Samba Winbind の統合に関する重要な要件

  • マルチフォレストの AD 設定における Winbind との直接統合は、双方向の信頼が必要になります。
  • リモートの AD ドメインユーザーに関する完全な情報を idmap_ad プラグインで使用できるようにするには、Linux システムのローカルドメインから、ユーザーが所属するリモートの AD フォレスト内ドメインへの双方向パスが存在する必要があります。

推奨情報

  • SSSD は、AD 統合のほとんどのユースケースに対応し、クライアントシステムとさまざまな ID および認証プロバイダー (AD、IdM、Kerberos、および LDAP) との間の汎用ゲートウェイとして堅牢なソリューションを提供します。
  • Samba FS をデプロイする予定の AD ドメインメンバーサーバーへのデプロイには、Winbind が推奨されます。

5.2. 間接的な統合

間接統合により、Linux システムが最初に集中型サーバーに接続し、次に集中型サーバーが Active Directory (AD) に接続します。間接統合により、管理者は Linux システムとポリシーを一元管理でき、AD のユーザーは透過的に Linux システムとサービスにアクセスできます。

AD を使用したフォレスト間の信頼に基づく統合

Identity Management (IdM) サーバーは、Linux システムを制御する集中型サーバーとして機能します。AD を使用したレルム間の Kerberos 信頼が確立され、AD のユーザーが Linux システムおよびリソースにログインしてアクセスできるようになります。IdM は、それ自体を別のフォレストとして AD に提示し、AD で対応しているフォレストレベルの信頼を利用します。

信頼を使用すると、以下が可能になります。

  • AD ユーザーは、IdM リソースにアクセスできます。
  • IdM サーバーおよびクライアントは、AD のユーザーおよびグループの ID を解決できます。
  • AD ユーザーおよびグループは、ホストベースのアクセス制御など、IdM が定義する条件下で IdM にアクセスします。
  • AD ユーザーおよびグループは、引き続き AD 側で管理されます。
同期に基づく統合

このアプローチは WinSync ツールに基づいています。WinSync レプリカ合意は、AD から IdM へユーザーアカウントを同期します。

警告

WinSync は、Red Hat Enterprise Linux 8 で積極的に開発されなくなりました。間接統合に推奨されるソリューションはフォレスト間の信頼です。

同期に基づく統合の制限は次のとおりです。

  • グループは、IdM から AD に同期されません。
  • AD と IdM にユーザーが重複しています。
  • WinSync は、1 つの AD ドメインのみをサポートします。
  • IdM 内の 1 つのインスタンスへのデータ同期には、AD のドメインコントローラーを 1 つだけ使用できます。
  • ユーザーパスワードを同期する必要があります。そのためには、PassSync コンポーネントを AD ドメイン内のすべてのドメインコントローラーにインストールする必要があります。
  • すべての AD ユーザーは、同期を構成してから手動でパスワードを変更しないと、PassSync を同期できません。

5.3. 間接統合と直接統合の間の決定

本セクションのガイドラインは、どのタイプの統合がユースケースに合うかを判断するのに役に立ちます。

Active Directory に接続するシステムの数

30 ~ 50 台未満のシステムを接続 (必須要件ではない)
30 ~ 50 台未満のシステムを接続する場合は、直接統合を検討してください。間接統合により、不要なオーバーヘッドが発生する可能性があります。
30 - 50 台を超えるシステムを接続 (必須制限ではない)
30 ~ 50 台を超えるシステムを接続する場合は、Identity Management を使用した間接統合を検討してください。このアプローチでは、Linux システムの一元管理の恩恵を受けることができます。
管理する Linux システムの数は少ないが、今後急増する見込み
このシナリオでは、間接的な統合を検討し、後で環境を移行しなくても済むようにします。

新しいシステムをデプロイする頻度とその種類

ベアメタルシステムの不規則なデプロイメント
新しいシステムをデプロイすることがほとんどなく、通常はベアメタルシステムをデプロイする場合は、直接統合を検討してください。そのような場合、直接統合は、通常、最も単純で簡単です。
仮想システムの頻繁なデプロイメント
新しいシステムを頻繁にデプロイし、それが通常オンデマンドでプロビジョニングされた仮想システムである場合は、間接統合を検討してください。間接統合では、集中型サーバーを使用して新しいシステムを動的に管理し、Red Hat Satellite などのオーケストレーションツールと統合できます。

Active Directory が必須の認証プロバイダーである

すべてのユーザーが Active Directory に対して認証を行う必要があると、内部ポリシーに記載されていますか?
直接統合または間接統合のいずれかを選択できます。Identity Management と Active Directory との間の信頼を使用して間接統合を使用する場合、Linux システムにアクセスするユーザーは、Active Directory に対して認証を行います。Active Directory に存在するポリシーは、認証中に実行され適用されます。

第6章 IdM と AD との間のフォレスト間の信頼の計画

Active Directory (AD) および Identity Management (IdM) は、Kerberos、LDAP、DNS、証明書サービスなどのさまざまなコアサービスを管理する 2 つの代替環境です。フォレスト間の信頼 関係は、すべてのコアサービスがシームレスに相互作用できるようにすることで、その 2 つの異なる環境を透過的に統合します。次のセクションでは、フォレスト間の信頼のデプロイメントを計画して設計する方法のヒントを紹介します。

6.1. IdM と AD との間のフォレスト間の信頼

純粋な Active Directory (AD) 環境では、フォレスト間の信頼は、2 つの AD フォレストルートドメインに接続します。AD と IdM との間のフォレスト間の信頼を作成すると、IdM ドメインは、それ自体を 1 つのドメインを持つ別のフォレストとして AD に提示します。その後、AD フォレストのルートドメインと IdM ドメインの間に信頼関係が確立されます。これにより、AD フォレストのユーザーは、IdM ドメインのリソースにアクセスできます。

IdM は、1 つの AD フォレスト、または関連のない複数のフォレストとの信頼関係を確立できます。

注記

cross-realm trust で、2 つの Kerberos レルムを接続できます。ただし、Kerberos レルムは認証にのみ関係し、識別操作および認可操作に関連するその他のサービスおよびプロトコルには関係しません。したがって、Kerberos のレルム間の信頼を確立しても、あるレルムのユーザーが別のレルムのリソースにアクセスできるようにするには不十分です。

AD ドメインへの外部の信頼

外部の信頼は、IdM と AD ドメインとの間の信頼関係です。フォレストの信頼では常に IdM と Active Directory フォレストのルートドメインとの間で信頼関係を確立する必要がありますが、IdM からフォレスト内の任意のドメインへの外部の信頼関係も確立できます。

6.2. 信頼コントローラーおよび信頼エージェント

Identity Management (IdM) には、Active Directory (AD) への信頼をサポートする、以下のタイプの IdM サーバーがあります。

信頼エージェント
AD ドメインコントローラーで ID 検索が実行可能な IdM サーバー
信頼コントローラー

Samba スイートも実行する信頼エージェント。AD ドメインコントローラーは、AD への信頼を確立して検証する際に信頼コントローラーに問い合わせます。

信頼を設定すると、最初の信頼コントローラーが作成されます。

信頼コントローラーは、信頼エージェントと比較すると、ネットワーク向けサービスを多く実行するため、侵入者が攻撃できる範囲が大きくなります。

IdM ドメインには、信頼エージェントと信頼コントローラーだけでなく、標準の IdM サーバーも追加できます。ただし、このサーバーは AD と通信しません。したがって、標準サーバーと通信するクライアントは、AD ユーザーおよびグループを解決できず、AD ユーザーを認証および認可することができません。

表6.1 信頼コントローラーおよび信頼エージェントが提供する機能の比較

機能信頼エージェント信頼コントローラー

AD ユーザーおよびグループを解決する

はい

はい

IdM クライアントを登録して、信頼されている AD フォレストのユーザーがアクセスできるサービスの実行

はい

はい

信頼の管理 (たとえば、信頼合意の追加)

いいえ

はい

信頼コントローラーと信頼エージェントのデプロイメントを計画する時に、以下のガイドラインを考慮してください。

  • IdM のデプロイメントごとに、信頼コントローラーを少なくとも 2 台設定する。
  • 各データセンターごとに、信頼コントローラーを少なくとも 2 台設定する。

追加の信頼コントローラーを作成する場合や、既存の信頼コントローラーが失敗した場合には、信頼エージェントまたは標準サーバーを昇格して、信頼コントローラーを新規作成してください。これには、IdM サーバーの ipa-adtrust-install ユーティリティーを使用してください。

重要

既存の信頼コントローラーを信頼エージェントにダウングレードすることはできません。

6.3. 一方向および双方向の信頼

一方向の信頼関係では、Identity Management (IdM) は Active Directory (AD) を信頼しますが、AD は IdM を信頼しません。AD ユーザーは IdM ドメイン内のリソースにアクセスできますが、IdM のユーザーは AD ドメインのリソースにアクセスできません。IdM サーバーは、特別なアカウントを使用して AD に接続し、ID 情報を読み取り、それを LDAP 経由で IdM クライアントに配信します。

双方向の信頼では、IdM ユーザーは AD に対して認証でき、AD ユーザーは IdM に対して認証できます。一方向の信頼の場合と同様、AD ユーザーは IdM ドメイン内のリソースに対して認証およびアクセスできます。IdM ユーザーは認証できますが、AD のほとんどのリソースにアクセスすることはできません。IdM ユーザーは、アクセス制御チェックを必要としない、AD フォレスト内の Kerbers 対応サービスにのみアクセスできます。

AD リソースへのアクセスを許可できるようにするには、IdM は Global Catalog サービスを実装する必要があります。IdM サーバーの現在のバージョンにはこのサービスがありません。そのため、IdM と AD との間の双方向の信頼は、IdM と AD との間の一方向の信頼と機能的にほぼ同等です。

6.4. 非 POSIX の外部グループおよび SID マッピング

Identity Management (IdM) は、グループ管理に LDAP を使用します。Active Directory (AD) エントリーは、IdM に同期またはコピーされません。つまり、AD ユーザーおよびグループには、LDAP サーバーに LDAP オブジェクトがないため、IdM LDAP のグループメンバーシップを表現するのにこのエントリーを直接使用することができません。このため、IdM の管理者は、非 POSIX 外部グループを作成する必要があります。これは、通常の IdM の LDAP オブジェクトで、IdM の中で AD ユーザーおよびグループが IdM のグループに所属していることを表現するのに使われます。

非 POSIX の外部グループのセキュリティー ID (SID) は SSSD により処理され、Active Directory のグループの SID を、IdM の POSIX グループにマップします。Active Directory では、SID はユーザー名に関連付けられています。AD のユーザー名を使用して IdM リソースにアクセスする場合、SSSD はユーザーの SID を使用して、IdM ドメイン内のユーザーの完全なグループメンバーシップ情報を構築します。

6.5. DNS の設定

このガイドラインは、Identity Management (IdM) と Active Directory (AD) との間でフォレスト間の信頼を確立するために正しい DNS 構成を実現するのに役に立ちます。

一意のプライマリー DNS ドメイン

AD と IdM の両方に、独自の一意のプライマリー DNS ドメインが設定されているようにします。以下に例を示します。

  • ad.example.com (AD の場合) および idm.example.com (IdM の場合)
  • example.com (AD の場合) および idm.example.com (IdM の場合)

最も便利な管理ソリューションは、各 DNS ドメインが統合 DNS サーバーで管理されている環境ですが、規格に準拠した DNS サーバーも使用できます。

IdM ドメインと AD DNS ドメインとの間に重複がない
IdM に参加しているシステムは、複数の DNS ドメインに分散できます。IdM クライアントを含む DNS ドメインが、AD に参加しているシステムを含む DNS ドメインと重複しないようにします。
適切な SRV レコード

プライマリー IdM DNS ドメインに、AD 信頼に対応するのに適切な SRV レコードがあることを確認します。

同じ IdM レルムにあるその他の DNS ドメインでは、AD への信頼設定時に SRV レコードを設定する必要がありません。これは、AD ドメインコントローラーが、Kerberos の鍵配布センター (KDC) の検索に SRV レコードを使用せず、信頼の名前接尾辞のルーティング情報を使用するためです。

DNS レコードが信頼内の全 DNS ドメインから解決可能であること

すべてのマシンが、信頼関係内で関連するすべての DNS ドメインの DNS レコードを解決できるようにする必要があります。

Kerberos レルム名は、プライマリー DNS ドメイン名を大文字にしたもの
Kerberos レルム名は、プライマリー DNS ドメイン名と同じで、すべて大文字になります。たとえば、AD のドメイン名が ad.example.com で、Identity Management のドメイン名が idm.example.com の場合、Kerberos レルム名は AD.EXAMPLE.COM および IDM.EXAMPLE.COM となります。

6.6. NetBIOS 名

NetBIOS 名は通常、ドメイン名の一番左の部分です。以下に例を示します。

  • ドメイン名 linux.example.com の NetBIOS 名は linux です。
  • ドメイン名 example.com の NetBIOS 名は example です。

    Identity Management (IdM) ドメインと Active Directory (AD) ドメインで異なる NetBIOS 名

    IdM ドメインと AD ドメインが異なる NetBIOS 名を持つようにします。

    AD ドメインの特定には NetBIOS 名が非常に重要になります。IdM ドメインが AD DNS のサブドメイン内にある場合、IdM ドメインおよびサービスの特定に NetBIOS 名も重要になります。

    NetBIOS 名の文字制限
    NetBIOS 名は最長 15 文字です。

6.7. サポート対象の Windows Server バージョン

以下のフォレストおよびドメイン機能レベルを使用する Active Directory (AD) フォレストとの信頼関係を確立できます。

  • フォレスト機能レベルの範囲 - Windows Server 2008 ~ Windows Server 2016
  • ドメイン機能レベルの範囲 - Windows Server 2008 ~ Windows Server 2016

Identity Management (IdM) は、以下のオペレーティングシステムに対応しています。

  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Server 2012 R2
  • Windows Server 2016
  • Windows Server 2019

6.8. AD サーバーの検出およびアフィニティーの設定

サーバー検出とアフィニティー設定は、Identity Management (IdM) クライアントが接続する Active Directory (AD) サーバーに影響を及ぼします。本セクションは、IdM と AD との間でフォレスト間の信頼関係がある環境で、検出とアフィニティーがどのように機能するかを説明します。

地理的に同じ場所にあるサーバーを優先するようにクライアントを設定すると、クライアントが別のリモートデータセンターからサーバーにアクセスするときに発生するタイムラグなどの問題を防ぐことができます。クライアントが確実にローカルサーバーと通信するようにするには、次のことを確認する必要があります。

  • クライアントが、LDAP および Kerberos を介して、ローカルの IdM サーバーと通信している。
  • クライアントが、Kerberos を介してローカルの AD サーバーと通信している。
  • IdM サーバーの組み込みクライアントが、LDAP および Kerberos を介して、ローカルの AD サーバーと通信している。

ローカルの IdM サーバーと通信するために、IdM クライアントで LDAP と Kerberos を設定するためのオプション

統合 DNS を使用して IdM を使用する場合

デフォルトでは、クライアントは DNS レコードに基づいて自動サービスルックアップを使用します。この設定では、DNS の場所 機能を使用して、DNS ベースのサービス検出を設定することもできます。

自動検索を無効にするには、以下の方法で DNS 検出を無効にします。

  • IdM クライアントのインストール中に、コマンドラインからフェイルオーバーのパラメーターを指定
  • クライアントをインストールした後に、System Security Services Daemon (SSSD) の設定を変更
統合 DNS を使用せずに IdM を使用する場合

次のいずれかの方法で、クライアントを明示的に設定する必要があります。

  • IdM クライアントのインストール中に、コマンドラインからフェイルオーバーのパラメーターを指定
  • クライアントをインストールした後、SSSD の設定を変更

ローカルの AD サーバーと通信するために、IdM クライアントで Kerberos を設定するためのオプション

IdM クライアントは、どの AD サーバーと通信するかを自動的に検出できません。AD サーバーを手動で指定するには、krb5.conf ファイルを変更します。

  • AD レルム情報を追加します。
  • 以下を使用して、通信する AD サーバーを明示的に指定します。

以下に例を示します。

[realms]
AD.EXAMPLE.COM = {
kdc = server1.ad.example.com
kdc = server2.ad.example.com
}

Kerberos および LDAP を介したローカルの AD サーバーとの通信用に、IdM サーバーで組み込みクライアントを設定するためのオプション

IdM サーバーの組み込みクライアントは、AD サーバーのクライアントとしても機能します。適切な AD サイトを自動的に検出して使用できます。

組み込みクライアントが検出を実行すると、リモートの場所にある AD サーバーを最初に検出する可能性があります。リモートサーバーへの接続試行に時間がかかりすぎると、クライアントは接続を確立せずに操作を停止することがあります。クライアント上の sssd.conf ファイルの dns_resolver_timeout オプションを使用して、クライアントが DNS リゾルバーからの応答を待つ時間を長くします。詳細は man ページの sssd.conf(5) を参照してください。

埋め込みクライアントがローカルの AD サーバーと通信するように設定すると、SSSD は、組み込みクライアントが属する AD サイトを覚えます。そのため、SSSD は通常、ローカルドメインコントローラーに直接 LDAP ping を送信して、そのサイト情報を更新します。そのサイトが存在しなくなったか、クライアントが別のサイトに割り当てられた場合は、SSSD がフォレスト内の SRV レコードのクエリーを開始し、自動検出の全プロセスを実行します。

sssd.conf信頼されるドメインセクション を使用して、デフォルトで自動的に検出される情報の一部を明示的に上書きすることもできます。

6.9. IdM と AD への間接統合中に実行する操作

表6.2「IdM 信頼コントローラーから AD ドメインコントローラーへの操作」は、Identity Management (IdM) 信頼コントローラーから Active Directory (AD) ドメインコントローラーに向けた、IdM から AD への信頼の作成時に実行される操作およびリクエストを示します。

表6.2 IdM 信頼コントローラーから AD ドメインコントローラーへの操作

操作使用プロトコル目的

IdM 信頼コントローラーに設定された AD の DNS リゾルバーに対する DNS 解決

DNS

AD ドメインコントローラーの IP アドレスを検出する

AD DC における UDP/UDP6 ポート 389 へのリクエスト

非コネクション型 LDAP (CLDAP)

AD DC 検出を実行する

AD DC における TCP/TCP6 ポート 389 および 3268 へのリクエスト

LDAP

AD ユーザーおよびグループの情報をクエリーする

AD DC における TCP/TCP6 ポート 389 および 3268 へのリクエスト

DCE RPC および SMB

AD にフォレスト間の信頼を設定およびサポートする

AD DC における TCP/TCP6 ポート 135、139、および 445 へのリクエスト

DCE RPC および SMB

AD にフォレスト間の信頼を設定およびサポートする

Active Directory ドメインコントローラーの指示に従って、AD DC で動的に開かれたポートへのリクエスト (おそらく 49152 ~ 65535 (TCP/TCP6) の範囲)

DCE RPC および SMB

DCE RPC エンドポイントマッパー (ポート 135 TCP/TCP6) によるリクエストに応答する

AD DC におけるポート 88 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6)、464 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6)、749 (TCP/TCP6) へのリクエスト

Kerberos

Kerberos チケットの取得。Kerberos パスワードの変更。Kerberos をリモートで管理。

表6.3「AD ドメインコントローラーから IdM 信頼コントローラーへの操作」は、AD ドメインコントローラーから IdM 信頼コントローラーに向けた、IdM から AD への信頼の作成時に実行される操作およびリクエストを示します。

表6.3 AD ドメインコントローラーから IdM 信頼コントローラーへの操作

操作使用プロトコル目的

AD ドメインコントローラーに設定された IdM の DNS リゾルバーに対する DNS 解決

DNS

IdM 信頼コントローラーの IP アドレスを検出する

IdM 信頼コントローラーにおける UDP/UDP6 ポート 389 へのリクエスト

CLDAP

IdM 信頼コントローラー検出を実行する

IdM 信頼コントローラーにおける TCP/TCP6 ポート 135、139、445 へのリクエスト

DCE RPC および SMB

AD へのフォレスト間の信頼を確認する

IdM 信頼コントローラーの指示に従い、IdM 信頼コントローラー上で動的に開いたポートへのリクエスト (範囲はおそらく 49152 ~ 65535 (TCP/TCP6))

DCE RPC および SMB

DCE RPC エンドポイントマッパー (ポート 135 TCP/TCP6) によるリクエストに応答する

IdM 信頼コントローラーにおけるポート 88 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6)、464 (TCP/TCP6 および UDP/UDP6)、および 749 (TCP/TCP6) へのリクエスト

Kerberos

Kerberos チケットの取得。Kerberos パスワードの変更。Kerberos をリモートで管理。

法律上の通知

Copyright © 2019 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.