第1章 RHEL Web コンソールの使用

Red Hat Enterprise Linux 8 に Web コンソールをインストールし、RHEL 8 Web コンソールで リモートホストを追加し、監視する方法を確認します。

前提条件

1.1. RHEL Web コンソールの概要

RHEL Web コンソールは、ローカルシステムやネットワーク環境にある Linux サーバーを管理および監視するために設計された Red Hat Enterprise Linux 8 の Web ベースのインターフェースです。

cockpit overview page PF4

RHEL Web コンソールは、以下を含むさまざまな管理タスクを可能にします。

  • サービスの管理
  • ユーザーアカウントの管理
  • システムサービスの管理および監視
  • ネットワークインターフェースおよびファイアウォールの設定
  • システムログの確認
  • 仮想マシンの管理
  • 診断レポートの作成
  • カーネルダンプ構成の設定
  • SELinux の構成
  • ソフトウェアの更新
  • システムサブスクリプションの管理

RHEL Web コンソールは、ターミナルと同じシステム API を使用します。ターミナルで実行した操作は、即座に RHEL Web コンソールに反映されます。

ネットワーク環境のシステムのログや、パフォーマンスをグラフで監視できます。さらに、Web コンソールで設定を直接変更したり、ターミナルから設定を変更できます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。