Menu Close
Settings Close

Language and Page Formatting Options

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for RHEL 8

第8章 IdM のバックアップおよび復元

Red Hat Enterprise Linux Identity Management は、IdM システムを手動でバックアップして復元するソリューションを提供します。これは、データを損失したときに必要になる場合があります。

バックアップ時に、システムは IdM セットアップに関する情報を含むディレクトリーを作成して保存します。復元時に、このバックアップディレクトリーを使用して、元の IdM セットアップを復元できます。

注記

IdM のバックアップ機能および復元機能は、データ損失を防止するように設計されています。サーバーの喪失による影響を緩和し、代替サーバーをクライアントに提供することで継続的な運用を保証するには、レプリケーションによるサーバー損失の緩和 に記載されるようにレプリカトポロジーがあることを確認してください。

8.1. IdM バックアップタイプ

ipa-backup ユーティリティーを使用すると、2 種類のバックアップを作成できます。

サーバーのフルバックアップ
  • IdM に関連するすべてのサーバー設定ファイルと、LDAP データ交換形式 (LDIF) ファイルにある LDAP データがすべて 含ま れます。
  • IdM サービスは オフライン である必要があります。
  • IdM デプロイメントをゼロから再構築するのに 適し ています。
データのみのバックアップ
  • LDIF ファイルの LDAP データとレプリケーション変更ログが 含まれ ます。
  • IdM サービスは、オンラインまたはオフライン にできます。
  • IdM データを以前の状態に復元するのに 適し ています。