Private Automation Hub のインストールおよびアップグレード

Red Hat Ansible Automation Platform 1.2

Private Automation Hub のインスタンスをインストールするか、オンラインまたはオフラインの Red Hat Enterprise Linux 7 および 8 の物理マシンまたは仮想マシンで新規バージョンへアップグレードします。

Red Hat Customer Content Services

概要

フィードバックの提供:
本書を改善するための提案がある場合、またはエラーを見つけた場合は、http://issues.redhat.com で案件を作成してください。Automation Hub (AAH) プロジェクトを選択し、Documentation コンポーネントを使用します。

序文

Private Automation Hub をインストールするか、または有効な Red Hat Ansible Automation Platform サブスクリプションを使用して、Red Hat Enterprise Linux 7 または 8 の仮想マシンまたは物理マシンで新規バージョンにアップグレードすることができます。

第1章 システム要件

Private Automation Hub インスタンスをインストールするには、以下が必要です。

表1.1 システム要件

 必須

サブスクリプション

有効な Red Hat Ansible Automation Platform

OS

Red Hat Enterprise Linux 7.7 以降 64 ビット (x86) または 8.2 以降 64 ビット (x86)

Ansible

バージョン 2.9 が必要です。

RAM

最小 4 GB

CPU

最小 2 つ

Disk

20 GB の専用ハードディスク領域

保存されるコレクションのサイズによって異なります。

Browser

Mozilla Firefox または Google Chrome の現行のサポートバージョン

Database

PostgreSQL version 10

注記

Ansible Tower と Private Automation Hub インスタンスを同じノードにインストールすることはできません。inventory ファイルは、Ansible Tower と Automation Hub の両方のインストールを処理できます。これらの手順は、Automation Hub のインストールにのみ使用されます。

第2章 オンラインまたはオフラインインストール

Red Hat Enterprise Linux 環境のインターネット接続に基づいて、Private Automation Hub をインストールするために必要な Ansible Automation Platform インストーラーを選択します。以下のシナリオを確認し、ニーズを満たす Ansible Automation Platform インストーラーを決定してください。

注記

Red Hat カスタマーポータルで Ansible Automation Platform インストーラーのダウンロードにアクセスするには、有効な Red Hat カスタマーアカウントが必要です。

インターネットアクセスを使用したインストール

Red Hat Enterprise Linux 環境がインターネットに接続されている場合は、Ansible Automation Platform インストーラーを使用して Private Automation Hub をインストールします。インターネットアクセスを使用してインストールすると、必要な最新のリポジトリー、パッケージ、および依存関係が取得されます。

  1. https://access.redhat.com/downloads/content/480 に移動します。
  2. Ansible Automation Platform <latest-version> SetupDownload Now をクリックします。
  3. ファイルを展開します。

    $ tar xvzf ansible-automation-platform-setup-<latest-version>.tar.gz

インターネットアクセスなしでのインストール

インターネットにアクセスできない場合や、オンラインリポジトリーから個別のコンポーネントおよび依存関係をインストールしたくない場合は、Ansible Automation Platform Bundle インストーラーを使用して Private Automation Hub をインストールします。Red Hat Enterprise Linux リポジトリーへのアクセスは依然として必要です。その他の依存関係はすべて tar アーカイブに含まれます。

  1. https://access.redhat.com/downloads/content/480 に移動します。
  2. Ansible Automation Platform <latest-version> Setup BundleDownload Now をクリックします。
  3. ファイルを展開します。

    $ tar xvzf ansible-automation-platform-setup-bundle-<latest-version>.tar.gz

第3章 インベントリーファイルの編集

inventory ファイルを編集して Automation Hub のインストールを指定し、必要なパラメーターを更新します。

  1. インストーラーに移動します。

    1. [bundled installer]

      $ cd ansible-automation-platform-setup-bundle-<latest-version>
    2. [online installer]

      $ cd ansible-automation-platform-setup-<latest-version>
  2. テキストエディターで inventory ファイルを開きます。
  3. inventory ファイルパラメーターを編集して、Automaton Hub ホストのみのインストールを指定します。以下の例に従ってください。

    1. [tower] インベントリー情報を のままにします。
    2. [automationhub] グループホスト情報を追加します。

      注記

      [automationhub] ホストの到達可能な IP アドレスを指定して、ユーザーが別のノードから Private Automation Hub のコンテンツを同期できるようにします。

    3. インストール仕様に基づいて、automationhub_admin_passwordautomation_pg_password、および追加のパラメーターの値を更新します。

      例:

      [tower]
      
      
      [automationhub]
      <reachable-ip> ansible_connection=local
      
      [all:vars]
      automationhub_admin_password= <PASSWORD>
      
      automationhub_pg_host=''
      automationhub_pg_port=''
      
      automationhub_pg_database='automationhub'
      automationhub_pg_username='automationhub'
      automationhub_pg_password=<PASSWORD>
      automationhub_pg_sslmode='prefer'
      
      # The default install will deploy a TLS enabled Automation Hub.
      # If for some reason this is not the behavior wanted one can
      # disable TLS enabled deployment.
      #
      # automationhub_disable_https = False
      # The default install will generate self-signed certificates for the Automation
      # Hub service. If you are providing valid certificate via automationhub_ssl_cert
      # and automationhub_ssl_key, one should toggle that value to True.
      #
      # automationhub_ssl_validate_certs = False
      # SSL-related variables
      # If set, this will install a custom CA certificate to the system trust store.
      # custom_ca_cert=/path/to/ca.crt
      # Certificate and key to install in Automation Hub node
      # automationhub_ssl_cert=/path/to/automationhub.cert
      # automationhub_ssl_key=/path/to/automationhub.key

第4章 設定スクリプトの実行

Private Automation Hub のインストールに必要なパラメーターを使用して、inventory ファイルを更新したら、setup スクリプトを実行することができます。

  1. setup.sh スクリプトを実行します。

    $ ./setup.sh

インストールが開始されます。

第5章 インストールの検証

インストールが完了したら、inventory ファイルに挿入した管理者認証情報でログインして、Private Automation Hub が正常にインストールしたことを確認できます。

  1. Private Automation Hub に移動します。
  2. inventory ファイルに設定した管理者認証情報を使用してログインします。

これで、Private Automation Hub の初期設定の準備が整いました。詳細は、以下の管理ガイドを参照してください。

第6章 最新バージョンへのアップグレード

Private Automation Hub は、Ansible Automation Platform 設定バンドルインストーラーを使用して最新バージョンにアップグレードできます。Private Automation Hub のインストール時に設定された inventory を使用して、このアップグレードを実行します。

  1. https://access.redhat.com/downloads/content/480 に移動します。
  2. Ansible Automation Platform <latest-version> Setup BundleDownload Now をクリックします。
  3. ファイルを展開します。

    $ tar xvzf ansible-automation-platform-setup-bundle-<latest-version>.tar.gz
  4. 初期インストールから inventory ファイルに設定情報をコピーします。
  5. setup.sh スクリプトを実行します。

    $ ./setup.sh

アップグレードの確認

Server version 情報を確認して、Private Automation Hub へのアップグレードが成功したことを確認できます。

  1. Private Automation Hub にログインします。
  2. 上部のナビゲーションバーの ? アイコンをクリックします。
  3. About をクリックします。
  4. server version がアップグレードしたバージョンと一致していることを確認します。

法律上の通知

Copyright © 2021 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.